2019年02月06日

第24回“えだみなみの歌声”が開催されました

 1月15日(火)今年もよろしくお願いいたします。参加者は24名。

今月のプログラム
♪一月一日
 新年一曲目はやはりこれで。

ここで体操。体をのばした後は口も動かします。その後、スキーの曲に合わせて自由にダンス!

20190115_101436.jpg

♪スキー
 口ずさみながら、楽しく体を動かします。

♪ペチカ
♪雪の降る街を
♪雪山賛歌
 この季節なので雪の歌を。

♪トロイカ
♪冬の星座
♪早春賦

20190115_111016.jpg

ここでお茶タイム。
みんなで、今月のお誕生日の人に歌を歌ってお祝いしました。
1月生まれは西田さんとスタッフのたかのぶさんの2人でした。

その後、西田さんに「惜別の歌」を歌っていただきました。
いきなりお願いしたのに快く歌ってくださってありがとうございました。
たかのぶさんは「黒田節」を。(写真がなくてごめんなさい)

♪冬のリビエラ
 まあちゃんのリクエスト。

♪悲しくてやりきれない
 たかのぶさんのリクエスト。

♪お座敷小唄
 男性と女性に分かれて。手拍子を叩きながら歌うと脳にいいらしいです。

♪ふれあい
♪氷雨
 こういう演歌系な曲は感情がこもりますね。
 全員で歌った後、手島さんご夫妻の十八番ということで、みなさんの前で歌っていただきました。

20190115_114358.jpg

♪ふれあい丘の街

20190115_100944.jpg

次回は2月19日(火)。場所は荏田南1丁目自治会館です。
リクエストのあった「手のひらを太陽に」「寒い朝」「別れても好きな人」も歌う予定です。お楽しみに!


posted by 都筑区社協 at 09:14 | 11 荏田南地区

2019年02月01日

第24回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成31年1月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第24回
【日 時】 平成31年1月15日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 22名。当事者と介護の方も含めています。
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


 当カフェは荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。
今回は二人の女性による漫才仕立ての話です。

【今月のプログラム】
1)ミニ講義/漫才仕立て『相続と整理の話』伴行恵さん&弘瀬美加さん
       『食事と認知症予防』認知症キャラバン・メイト
2)健康体操/ストレッチ 荒堀ひろ子さん
3)お楽しみ/お茶を飲みながら、みんなで語り合い


【今月の進行】
 今月のミニ講義は、2本立てとなりました。1本目は相続アドバイザーである伴 行恵さんと、不動産や整理のサポートウーマン弘瀬美加さんによる漫才仕立ての説明でした。笑いを取りながらのわかりやすい解説に、みなさん頷いていました。たいへんわかりやすい趣向でした。やはり頭脳明晰な時期にきちんと整理しておかないと、家族は後日たいへん苦労するようです。特に不動産は3代4代後になると、相続人が数十人にも広がってしまい、全員の承諾をそろえるのが非常に難しくなる事例が増えていると言います。個々の相談に与かりながら最適の解を求めるのはなかなか骨の折れる仕事だそうです。
 『食事と認知症予防』は認知症キャラバン・メイトによる説明です。認知症の予防には食事も大切であると知らされました。
1)10種の食品を満遍なく摂取する
2)過食を避ける
3)塩分の摂取量を減らす(1日6グラム以下)
4)緑茶も予防に有効(中島町研究)
5)地中海食が有効というのは観察に基づく推論
6)野菜、果物、魚介中心の食事がいいと言われている
7)糖質の採りすぎに注意
8)過度の飲酒を避ける
 まず生活習慣病がある人はこれを直すのが先決とのことでした。
 認知症の進行を食い止めるためには、バランスのよい食事/音楽・運動・学習・芸術がお勧め/地域活動の場に参加する/快い環境を整える、ことが大切です。
続いてのストレッチ体操は荒堀ひろ子さんです。
 椅子に座ったままでできる30分弱のストレッチ系の体操です。足が上がらなくなることは認知症にも近づくことになります。
 お楽しみコーナーは、机でロの字を形作って全員の顔が見えるようにしてワイワイガヤガヤ語り合いです。楽しく話しているとすぐに終了時間になってしまいました。
 ちなみに、地元の老人クラブ『どんぐり会』の企画は楽しみながらも、すべて認知症予防、寝たきり防止につながっています。

次回は2月19日(火)13時半からです。プログラムの順番が変わっています。
 前半は京都の美しいスライドをみんなで鑑賞します。話し手は京都検定合格の町内の民生委員・野本さんです。そして、ストレッチ体操。
 後半が認知症キャラバン・メイトによる「認知症サポーター養成講座」です。
 お待ちしています。

 なお、4月以降はこれまで2年間続けてきた健常者のための「予防」重視を離れて、当事者のためのカフェを追求してまいります(第一段階としてきた地域のみなさまへの知識普及活動から第二段階へと移行します)。

20190115_3642.JPG

20190115_3644.JPG

20190115_3645.JPG

20190115_3646.JPG

20190115_3647.JPG

20190115_3648.JPG
posted by 都筑区社協 at 18:26 | 11 荏田南地区

2019年02月01日

荏田南地区社協広報紙をアップしました!

荏田南地区社協・広報紙

「ほほえみ〜今、悲しくて、淋しいあなたへ〜」を

アップしました!

ぜひ、ご覧ください!

2019年冬号(vol.22)
こちらをクリック

posted by 都筑区社協 at 18:23 | 11 荏田南地区

2019年01月30日

第56回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(1/8)

第56回荏田南地区認知症&予防カフェ 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。(1/8)
代表の小泉です。
新年明けましておめでとうございます。
ほほえみ交流カフェもはじめてから6年目の新春を迎えました。
また、会場が変わってから2年が経過しました。これからもよろしくお願いいたします。
さて、今回は準備の時から頼もしい助っ人が来てくれました。大丸に住んでいるR君、小学校6年生です。参加者を案内したり、資料を配布したり、大忙しで手伝ってくれました。
スタッフ挨拶の時にも新スタッフとして挨拶。葛が谷ケアプラザからは、中野さん。市議会議員の望月さん。
◆ミニ講座は、行政書士で都筑区認知症カフェ連絡会の代表でもある横尾佳子さんによる「エンディングノート」の書き方です。出席者全員には、「○○さんのノート(プチ エンディングノート)〜最後まで自分らしく生きるために〜」が配布されました。
エンディングノートは何のために書くのでしょうか?
@相続(遺された人)のため  A自分が最後までどのように生きるかを確認するため、に書くことをお勧めしますとのこと。
しかし、書く事が最終目的ではなく、周りの人と話すこと(共有)が重要です。
これまでにエンディングノートを書こうと考えた人は60%ですが、実際に書いた人は3%しかいないそうです。
また、周りの人と話したことがない人は55%で、そのうち56%はきっかけが無い、27%が必要を感じ無いとの事です。
必要を感じ無い人は、自分の思い込みに過ぎません。
配布されたノートにはさまざまな項目があります。
自分の事、家族の事、遺言書、資産、お墓、自分の体、支援者、介護が必要の時、終末期医療・延命治療、葬儀など。
この中から特に重要なものとして、本籍地(今は免許証に記入されていない)、大切にしている事・物、好きなもの・嫌いなもの、自分の父母、借金などを上げて頂きました。また、終末期の延命治療の有無(アドバンスケアプランニング)については、家族が一番悩むことなので、家族会議で話し合っておきましょうとの事でした。
今年の3月には都筑区でエンディングノートが発行されるとのことです。
◆講座の後は、わいがやお茶・お菓子タイムです。今回から、誕生月の人に「ハッピーバースデー」を合唱することにしました。今月の対象者は2人でした。
小学生R君が歌のプレゼントで、「世界に一つだけの花」を歌ってくれました。
◆お楽しみコーナーは、荏田南3丁目の荒堀さんによる体操です。日頃動かしていない筋肉を動かすのはきついですね。
◆最後に、「ふれあい丘の街」の合唱です。今回ビデオを作り変えました。歌詞が見やすいと好評でした。ユーチューブなどにアップしますので見てください。
以下当日の様子です。(写真)

IMG_3450.JPG

IMG_3456.jpg

IMG_3460.JPG

IMG_3464.JPG

IMG_3467.jpg

IMG_3470.JPG

IMG_3472.JPG

IMG_3474.JPG

IMG_3475.JPG

IMG_3476.JPG

IMG_3478.JPG

IMG_3480.JPG

IMG_3482.JPG

IMG_3483.JPG

IMG_3484.jpg

IMG_3486.JPG

IMG_3487.JPG

IMG_3491.JPG

IMG_3494.JPG

IMG_3496.JPG

IMG_3499.JPG
posted by 都筑区社協 at 18:50 | 11 荏田南地区

2018年12月27日

社会福祉協議会 川和だより37号アップします☆

川和地区社会福祉協議会の広報誌、「川和地区だより」第37号をアップします!

川和地区で進められている、「川和連合ふれあいたい」や「つながり♡ネット」の進捗状況のほか、
地区内で活動する様々な団体への補助金交付のご報告、表彰をうけたみなさまのご紹介もしています。

ぜひご一読ください!

社会福祉協議会 川和地区だより 37号
posted by 都筑区社協 at 18:20 | 10 川和地区

2018年12月27日

第23回“えだみなみの歌声”が開催されました

12月18日(火)ひさしぶりに気持ちいいお天気。参加者は23名。

今月のプログラム
♪冬景色

ここで体操。

♪東京ブギウギ
 口ずさみながら、楽しく体を動かします。

20181218_101907.jpg

♪惜別の歌
 参加者さんからのリクエスト。
 会社員時代、転勤になるとみなさんで歌った思い出の歌だそうです。
♪あざみの歌
 こちらもリクエスト曲です。

20181218_103201.jpg

♪諸人こぞりて
♪星の界
♪ジングルベル
 12月なのでクリスマスの歌を。

♪灯台守

ここでお茶タイム。
今回からこの時間を使って、今月のお誕生日の人に歌のプレゼントを。
12月生まれは清子さん・節子さん・文子さんの3人でした。

♪詩吟
 参加者の竹松さんと中村さんが詩吟で「いろは歌」を。お見事です。

20181218_112529.jpg

♪あの素晴らしい愛をもう一度
 まあちゃんのギターで。

20181218_112917.jpg

♪冬の夜
♪母さんの歌
♪バラが咲いた

♪ともしび
 ロシア民謡。
 その昔、新宿に「ともしび」という歌声喫茶があったそうで、当時そちらに通っていたという方も。

♪北の宿から
 ロシア民謡の次は都はるみの演歌。素敵な選曲。

♪津軽海峡冬景色
 都はるみからの石川さゆり。
 みなさん、感情こもってます。

♪ふれあい丘の街

次回は1月15日(火)。場所は荏田南1丁目自治会館です。
リクエストのあった「早春賦」と「氷雨」も歌う予定です。お楽しみに!
「えだみなみの歌声」は3年目に入ります。これからも楽しく歌っていきましょう。


posted by 都筑区社協 at 17:54 | 11 荏田南地区

2018年12月27日

第23回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成30年12月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第23回
【日 時】 平成30年12月18日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 21名。当事者と介護の方も含めています。
      葛が谷ケアプラザからも来会でした。
【幹 事】 佐藤 寛(代表)

 日中は暖かさを感じる日でした。当カフェは「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。
 今回は葬儀の変化を紹介しながらの終活の話です。案内チラシを「葬儀の・・・」としたせいか出足が少し低調でした。「終活」とすべきだったかなと反省しています。訴求するポイントによって出足がずいぶん異なります。

【今月のプログラム】
1)ミニ講義/『知っておきたい葬儀の費用』葬儀研究家・福島洋介さん
2)健康体操/ストレッチ 荒堀ひろ子さん
3)お楽しみ/お茶を飲みながら、みんなで語り合い

【今月の進行】
 今月のミニ講義は、予告では『知っておきたい葬儀の費用』です。しかし実際には、エンディングノートの重要性と最近の葬儀の趨勢についてのお話となりました。
 演者の福島さんは葬儀研究25年間のベテランです(47歳)。明るく理性的な話ぶりはたいへんわかりやすい講義となりました。
 区内の各カフェや老人会にもお勧めしたい内容でした。
 世間では、故郷で墓地の管理をする人がいなくなっての墓じまいや両家の墓地を統合してしまう合葬も話題になっています。
 最近の葬儀の形式では1)家族や親しい友人たちだけで行う「家族葬」、2)一切の儀式をしない「直葬」、3)宗教にこだわらない「無宗教式」が増えているそうです。
 また墓地も、話題の樹木葬や納骨堂収納、散骨、宝石に加工するダイヤモンドメモリアル、果てはロケットやバルーンで高空に打ち上げる宇宙葬など多様化しているとのことでした。
 場所も自宅が増えているとか。また通夜を行わない告別式のみの1日葬も少なく無く、音楽で故人を送る音楽葬(コンサート セレモニー)もあるようです。
 聞いていて、喧伝される100歳時代も多くの友人知人に先立たれると会葬に来てくださる方も少なくなり、だんだん葬儀も小規模になるのかなと感想を抱きました。
 自分がどのような余生を希望するのか、遺族に何を言い残したいのかは、やはりノートに記入しておくことが欠かせないようです。
続いてのストレッチ体操は荒堀ひろ子さんです。
 椅子に座ったままでできる30分弱のストレッチ系の体操です。足が上がらなくなることは認知症にも近づくことになります。今回は葛が谷ケアプラザの備品であるゴムバンドをお借りして脚力を高める運動を行いました。
 お楽しみコーナーは、机でロの字を形作って全員の顔が見えるようにしてワイワイガヤガヤ語り合いです。一人2、3分ずつ話しているとすぐに終了時間になってしまいました。地元の老人クラブ『どんぐり会』の企画は楽しみながらも、すべて認知症予防、寝たきり防止につながっていることを参加者が気づいて述べてくださいました。

次回は1月15日(火)13時半からです。
 「食事と認知症予防」。話し手は認知症キャラバンメイト。後半は漫才(漫談)でお楽しみいただきます。

20181218_3620.JPG

20181218_3621.JPG

20181218_3623.JPG

20181218_3624.JPG

20181218_3625.JPG

20181218_3627.JPG

20181218_3629.JPG

20181218_3633.JPG

20181218_3635.JPG

20181222_3636.JPG


posted by 都筑区社協 at 09:13 | 11 荏田南地区

2018年12月22日

ふれあいたい会報#13アップします☆

川和地区で見守り声かけ活動をしている「川和連合ふれあいたい」。

会報第13号をアップします。

誰でもが安心して暮らしていくことのできる地域を目指して、通常の見守り活動のほか、地域の高齢者施設の行事への参加や研修会など様々な活動を行っています。

ぜひご一読ください!

ふれあいたい会報#13
posted by 都筑区社協 at 15:15 | 10 川和地区

2018年12月12日

第55回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(12/4)

◆第55回荏田南地区認知症&予防カフェ 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。(12/ 4)

ほほえみ交流カフェ代表の小泉です。
12月なのに20℃を超える温かい日です。
スタッフ挨拶に続き来賓紹介。本日は葛が谷ケアプラザから明間さん。

◆ミニ講座はふれあいの丘鍼灸整骨院 近藤先生のお話です。
始まる前から近藤先生に挨拶する参加者の皆様の多いこと。皆さん通院しているのが良く判りました。
まずは、本人から簡単な自己紹介。近藤「簾」と書いて「やすし」と呼びます。43歳。青山学院高校から、アスリートを目指して日本体育大学に入学するも、アスリートの夢破れ、ニュージーランドに留学。体作りの大切さに目覚め、帰国後再度日本体育大学にて学び、現在はふれあいの丘駅前で「ふれあいの丘鍼灸整骨院」を開業。

本日の内容は「今後の老後を支えるのは年金ではなく『筋肉』だあ」です。
歳をとると体の不調・疲れが起こり「昔はこんなんじゃなかった」と思うことが増えてきます。歳だから仕方ないと思っているとますます悪化します。
このような状態を「フレイル」「ロコモ」「サルコペニア」と言います。
「フレイル」とは、健常な状態から要介護状態になるまでの中間的な段階のことで、心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態の事です。
「ロコモ」は、運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態の事。
「サルコペニア」 は、サルコ(筋肉)ぺニア(減少)。文字どおり、栄養をためる筋肉が減少していくことです。
そうならないために筋力アップが必要。歳をとっても筋力アップは可能。
特に体の裏側の筋肉を鍛えることが重要。60〜80%の力で3分間3セット行えば筋力アップにつながる。4週間までは、特に筋力アップは感じられないが、脳が感じていて、慣れてきます。4〜6週間で筋力アップが感じられるとの事。
筋力アップを行いましょう。わからなかったら、「ふれあいの丘鍼灸整骨院」へ行ってください。先生が教えてくれます。
「そだね〜」

◆その後ワイガヤお茶お菓子タイム。クリスマス月なので、テーブルにはクリスマスらしい飾り物、出席者には、クリスマスプレゼント。中には、それぞれ皆様に一言コメント。お茶お菓子担当の舟木さんの心遣いに感謝感激!

◆お楽しみコーナーは中川ともゆきさんのコンサート。毎年12月には中川さんにお願いしているのです。
ステージには譜面台??いつも譜面なんか見ないのにと思ったら、
明治から昭和までの歌謡メロディを年代別に紙芝居的に表現。
明治〜 冬景色 冬の夜  二宮金次郎など
大正〜 カチューシャの唄 赤い靴 船頭小唄など
昭和〜 波浮の港 東京行進曲など
昭10〜 大江戸出世小唄 愛染かつら 東京ラプソディー 人生の並木道
昭15〜 麦と兵隊 愛国行進曲 など(軍歌が主流)
    チャイナソングとして 蘇州夜曲 (中国歌だけは日本に伝わった)
昭20〜 りんごの歌 東京の花売り娘 東京ブギウギなど
昭25〜 東京キッド  君の名はなど
昭30〜 お富さん 哀愁列車 無法松の一生 チャンチキおけさなど
昭45〜 世界の国からこんにちは など
イントロあてクイズ 有楽町で逢いましょう 恋の季節
なんと30曲も歌ってくださいました。

◆最後にいつもの「ふれあいの丘の街」合唱。中川さんもギターで伴奏。
締めの挨拶は、利用者代表としてのスタッフの田辺さん。
逆にスタッフの我々に感謝頂きました。涙・涙
当日の様子です。

IMG_3180.jpg

IMG_3184.jpg

IMG_3187.JPG

IMG_3188.JPG

IMG_3189.JPG

IMG_3196.JPG

IMG_3198.JPG

IMG_3201.JPG

IMG_3274.JPG

IMG_3275.JPG

posted by 都筑区社協 at 10:17 | 11 荏田南地区

2018年12月05日

第22回“えだみなみの歌声”が開催されました

11月20日(火)めっきり寒くなってきました。参加者は今まででいちばん多い27名。

今月のプログラム
♪野菊

ここで体操。体を動かした後はお口も体操。

♪オー・シャンゼリゼ
 最初好きなように体を動かして。その後、歌詞を見ながら歌います。

20181120_114246.jpg

♪庭の千草
♪四季の歌
 春夏秋冬どれが好きかみなさんに聞いたところ、秋が多かったです。全部好き!という方も。

♪さそり座の女
 伴奏の響子さんはさそり座だそうです。

♪ブルーライトヨコハマ
♪君といつまでも
 「幸せだなァ…」のセリフはまあちゃんが。

ここでお茶タイム。今月は温かいお茶とおまんじゅうとおせんべい。
初参加の方の自己紹介も。

♪荒城の月
 常連の手島さん(奥様)が歌って

20181120_110412.jpg

♪瀬戸の花嫁
 次に手島さん(ご主人)が歌いました。

20181120_110744.jpg

 おふたりとも、とてもお上手。素敵〜。

♪北上夜曲
♪いつでも夢を
♪この広い野原いっぱい
♪旅の夜風

♪居酒屋
 男性の参加者さんが増えてきたので、男女のデュエット曲を。

♪あの素晴らしい愛をもう一度
 以前スタッフだった三村さんが好きだった歌。まあちゃんのギター伴奏でみんなで歌いました。

♪ブルーライトヨコハマ
 時間が余ったので、もう一度。

♪ふれあい丘の街

20181120_102940.jpg

次回は12月18日(火)。場所は荏田南1丁目自治会館です。リクエストをいただいた「あざみの歌」と「惜別の歌」も歌う予定です。歌いたい曲のリクエストもお待ちしています。


posted by 都筑区社協 at 09:22 | 11 荏田南地区