2018年10月21日

第53回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(10/2)

◆第53回荏田南地区認知症&予防カフェ 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。(10/2)

 ほほえみ交流カフェ代表 小泉 雅二

スタッフ挨拶に続き、紹介です。
江田憲司事務所秘書の田倉さんと、立憲民主党の首藤さんがお見えになりました。
田倉さんは「認知症カフェ」は初体験とのこと。
首藤さんは、以前にも数回いらしてます。

◆ミニ講座は葛が谷ケアプラザの、中野さん・今福さん・明間さんによる
「ケアプラザの役割」についてです。
ケアプラザは横浜市に約140箇所(都筑区5か所)あります。おおよそ中学校区に1箇所の割合で、横浜市独自の施設です。
他の市町村では、高齢者を対象とした「地域包括支援センター」がありますが、
横浜市では、子どもや障害者を含めて相談できるケアプラザがあり、その機能の一つとして「地域包括支援センター」が位置付けられています。
ケアプラザの役割として、
@子育て中の方の応援 子育てサロンなど
A障害児・者の居場所提供 葛が谷ゆめひろばなど
Bボランティア活動やサークル活動の紹介
C健康づくり活動 健康サロンなど
D高齢者に対する相談 介護保険申請や介護・認知症などの講座など
  (この部分が「地域包括支援センター」)
説明の後、わかりやすい寸劇。
寸劇1)
男性高齢者が、ケアプラザに来てデイサービスの受け方の相談。
デイサービスは介護申請が必要で1ケ月ほど時間が必要。
デイサービス以外にも、認知症カフェやサロンなどを紹介。
寸劇2)
骨折したご主人の奥さんが介護認定する様子。
主治医や入院中の病院の先生に診断書を書いてもらう必要があるとのこと。
いずれの寸劇も、笑いあり、涙?ありで分かりやすく説明頂きました。
質疑応答ももりだくさん。

◆その後ワイガヤお茶お菓子タイム。
◆お楽しみコーナーは「えだみなみの歌声」の皆さん。
「えだみなみの歌声」はほほえみ交流カフェ出席者の歌好きが集まって出来たグループ。毎月第三火曜日の10:00〜12:00まで、荏田南1丁目自治会館で歌っています。
キーボードの響子さんとギターのマーちゃんの伴奏で歌っています。
今回は、「学生時代」を歌った後、いつものストレッチ。乗りの良い「てんとう虫のサンバ」を歌いながら、体を動かします。体操の後は、声も良く出ます。
その後、「二人でお酒を」「きよしのズンドコ節」「北の宿から」を歌い、
「銀座の恋の物語」を男性陣と女性陣に別れて歌い、盛り上がりました。
最後に季節の歌、「赤とんぼ」を歌いました。

◆その後、いつもの「ふれあい丘の街」を合唱。
以下、当日の様子です。

20181002_152317.jpg

IMG_2585.JPG

IMG_2587.JPG

IMG_2588.JPG

IMG_2592.JPG

IMG_2599.jpeg

IMG_2605.JPG

IMG_2607.JPG

IMG_2608.JPG

IMG_2612.JPG

IMG_2617.JPG

IMG_2621.JPG

IMG_2629.JPG

IMG_2639.jpg

IMG_2640.jpg


posted by 都筑区社協 at 15:38 | 11 荏田南地区

2018年10月12日

第25回川和地区連合体育祭

平成30年10月7日(日)都田公園で第25回川和地区連合体育祭が行われました。
毎年多くの方が参加している川和地区連合体育祭ですが、今回も約600人の参加がありました。

この川和地区連合体育祭は、第3期地域福祉保健計画の“であいが広まり、お互いにささえあい、地域の持つ力をわかちあえる地域づくり”の趣旨に沿って、『個々に活動している地域団体がお互いに交流を持ち、安全・安心なまちづくりのために活動の輪が広がること』を目的として、川和地区連合町内会の主催で行われます。

スポーツ推進委員、青少年指導員、さわやかスポーツ普及委員が川和地区社会福祉協議会、民生児童委員、都筑消防団第一分団第二班、川和連合子ども会、川和中学校PTA、川和小学校PTA、川和東小学校PTA等、多くの方々の協力のもと毎年開催しています。

昨年につづき、今年も快晴に恵まれた青空のもとでの開催となりましたが、午後は30℃超えで暑く、夏が戻ったような天候で体調管理が大変な川和連合体育祭となりました。

本年度は年齢に厳しい制限を設けることなく幅広く参加ができるようになり、より一層の異世代交流も兼ねて、昨年に比べ参加しやすい競技が行われました。
川和地区社協も民生児童委員を中心として賞品の授与係として参加しました。

▼プログラム
30kawawa_undou1.jpg

朝9時に各町内会・自治会が集合し、総勢30名強の川和小学校鼓笛隊によるドリル演奏で川和連合体育祭が幕開けされました。
川和地区連合町内会会長(大会会長)の挨拶の後、都筑区職員、川和中学校職員、川和小学校、川和東小学校、川和地区社協、加賀原ケアプラザ等の来賓の紹介があり、代表として都筑区長及び川和中学校校長の挨拶がありました。

▼各町内会・自治会ごとの集合
30kawawa_undou2.jpg

▼川和地区連合町内会長(大会会長)及び来賓の方々
30kawawa_undou3.jpg

開会に花を添える川和小学校鼓笛隊の演奏に引き続き、競技が始まりました。

▼鈴割り
プログラム1番は、小学生以下による鈴割りです。
30kawawa_undou4.jpg

地区対抗綱引き競技の予選の後、
▼「みんなで駆けよう」 未就学児と保護者の親子で駆けました。
30kawawa_undou5.jpg

▼ベアでG30 競争
ラムネを飲み乾し、分別ゴミに分別しペアでゴール(ラムネを飲み乾すのに苦労が・・・)
30kawawa_undou6.jpg

▼メディシンボール+じゃんけん
同じものを出しているのですが・・・なかなか勝てないようです 
30kawawa_undou7.jpg  30kawawa_undou8.jpg

▼目指せ!ホールインワン
今年初めての全員参加のプログラム
30kawawa_undou9.jpg

昼休みには、みんなで踊ろうと川和中学校吹奏楽部の演奏です。
都筑音頭、ドラえもん音頭等3曲を皆で踊りました。総勢500名の大きな輪でした。また川和中学校吹奏楽部の演奏を堪能しました。

▼消火リレー
さすが消防団の模範演技
でもみんなは慌てて旨くいきません。災害の時は落ち着いて・・・
30kawawa_undou10.jpg

▼宝探し
宝を拾ったら、抽選券を抽選箱に入れ、競技終了後に抽選で賞品がもらえます。
今回初めての競技です。
30kawawa_undou11.jpg  30kawawa_undou12.jpg

▼赤白玉入れ
未就学児、小学3年生以下と、60歳以上が参加しました。複数の玉を投げ入れていた方が勝ったようです。
30kawawa_undou13.jpg  30kawawa_undou14.jpg

▼綱引き(決勝)
団体戦競技で、町内会自治会から小学生5名、男性5名、女性5名の合計15名で勝負しました。
決勝は川和町Aと川和台が争い、川和町Aが勝者となりました。
30kawawa_undou15.jpg

▼風船割り+パン釣り競走
個人参加の競技で、今年は来賓者も競技に参加して会場からは大きな声援が上がっていました。
途中の風船割りとパン釣りの技量で勝敗が決まったようです。
30kawawa_undou16.jpg  30kawawa_undou17.jpg

▼地区対抗リレー
最高に盛り上がりを見せた競技です。最後は川和台が綱引きのリベンジをしました。
優勝チームには全員にメダルが授与されました。
30kawawa_undou18.jpg  30kawawa_undou19.jpg

▼閉会式
健闘をたたえて、大会会長より本年度優勝の川和町内会Aに優勝旗・優勝杯、準優勝の川和台自治会、第3位の二の丸自治会に盾が授与されました。
その後大会会長挨拶・大会実行委員長の講評後閉会となりました。
その後はおたのしみの抽選会を行いました。今年は10月には珍しい暑いなか大空に向けて風船を飛ばし、解散となりました。
30kawawa_undou20.jpg 30kawawa_undou21.jpg

30kawawa_undou22.jpg

来年も是非、晴天になりますように!!
posted by 都筑区社協 at 11:10 | 10 川和地区

2018年10月10日

第313回『川和地区リハビリ教室』開催しました&『川和地区リハビリ教室』及び『リスの会』会員募集中☆

10月4日(木)の第313回『川和地区リハビリ教室』、今月はテーマ”野外訓練(屋外バスツアー)”です。
過去には野外訓練に50名以上の参加があったものの、介護保険によるデイサービス等で参加人数が減少したり、貸し切バス料金が事故対策で高騰したりで平成23年よりしばらく野外訓練は休止していましたが、民生・児童委員のOBの会『リスの会』の協力、また都筑区ふれあい助成金により、一昨年につづき開催したものです。

過去の野外訓練の行先から、主たる担い手である民生児童委員の投票により今回はソレイユの丘となりました。

担い手のつづき病院、加賀原地域ケアプラザ、民生児童委員を含め29名の参加がありました。
「ソレイユの丘」は横須賀の三浦半島の海のすぐ近くにある丘の上の公園で、ソレイユとは太陽(英語でソーラ)の意味で南フランスをモチーフにしているとのことです。
この入口の建物内には、ご当地のとれたての魚や野菜などが販売されています。参加者は帰りに買って帰りました。
今回は曇天(時々パラリ)の天候の上、期待していたコスモスは台風の塩害によりほぼ全滅してしまいましたので、コスモス観賞は出来ませんでした。また収穫体験は土・日・祝日に開催されており今回は平日のため開催されておらず、イベント的には広い園内を散策し、体力強化をすることとなりました。

期待していた昼食は“魚屋さんの浜焼きバイキング(70分・食べ放題)”でした。サザエ・ホンビノスなどの貝類やイカ、海老、鯵、鯖の干物などもりだくさんな海鮮メニューに加えて、豚、鳥、ウインナ等お肉、カボチャ、ピーマン、玉ねぎ等の野菜及びご飯・デザートまでついたバイキングスタイル浜焼きです。
その上、今回はドリンクバーもたのしみ皆さん大満足でひたすら食べる・飲み続けていました。
おしゃべりも尽きません。全員が、ゆったり・のんびり・食べる小旅行を楽しみました。次回の旅行が待ちどおしいですね。

kawawa_reha2.jpg
▲「ソレイユの丘」入り口で記念撮影

kawawa_reha3.jpg
▲日伸交通バスを貸し切りました(運転手さんも親切でした)

kawawa_reha4.jpg  kawawa_reha5.jpg
▲昼食の魚屋さんの浜焼きバイキング

kawawa_reha6.jpg
▲園内の散策
チューチュートレインで園内一周

kawawa_reha7.jpg
▲園内の散策
芝そりゲレンデを横目に星見の丘へ登れば、公園の最南端(最深部)に相模湾の水平線と幸せのパノラマが・・・・

kawawa_reha8.jpg kawawa_reha9.jpg
▲園内の散策
ホタル館ではホタルの生態や自然環境について学ぶことができます。屋上の展望台からは三浦半島で一番高い大楠山や、湘南海岸に江ノ島、伊豆半島、大島が一望・・・・・

kawawa_reha10.jpg kawawa_reha11.jpg kawawa_reha12.jpg kawawa_reha13.jpg
▲昼食をとりながら歓談


川和地区リハビリ教室

川和地区リハビリ教室は平成2年7月に始まり、身体機能の回復・維持が必要な高齢者の方々につづき病院、加賀原地域ケアプラザ等の指導・協力を得て指導やアドバイスをしています。
毎月1回(第1木曜日13時30分〜15時が原則)川和地区福祉会館にて季節の行事や楽しみながらできるリハビリを組み合わせ、できるだけ身体を動かしてもらい生活方法の改善の助言や介助を28年間 (平成30年10月現在)続けています。
また、近年は身体を動かすだけでなく地域の中での交流を含めた活動は心のケアにも役立つように、対象者の範囲を拡げ活動しています。
費用は川和地区社協及びふれあいの丘地区社協が担い、つづき病院、加賀原地域ケアプラザ、民生児童委員、地域の婦人会の方々が関わり一緒に楽しみながら運営しています。
参加希望者は川和地区民生児童委員に連絡下さい。

リスの会

リスの会は川和地区民生児童委員協議会区域における民生児童委員、民生児童委員経験者や社会福祉に関心を持つ地区居住者が協力して、地域の社会福祉の増進をはかることを目的とする会です。
具体的な活動は、川和地区民生・児童委員が運営している「お楽しみ会」、「リハビリ教室」等サロンの運営に協力して、地域の社会福祉の増進をはかっています。
会員は、民生児童委員関係者の他に、社会福祉に関心を持つ川和地域及びふれあいの丘地域の居住者で、リスの会の目的に賛同する方が登録できますので、奮って加入下さい。
登録希望する方は川和地区民生児童委員に連絡下さい。



posted by 都筑区社協 at 12:00 | 10 川和地区

2018年10月10日

赤い羽根共同募金 街頭募金運動を実施しました!

赤い羽根共同募金の活動は、戦後間もない昭和22(1947)年に、市民が主体の民間運動として始まりました。

当初、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。
社会の変化のなか、共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ」として、取り組まれています。

今年度も10月1日(月)、川和地区民生児童委員協議会の有志で、ふれあいの丘駅前にて赤い羽根共同募金の街頭募金のお願いをしました。

▼街頭募金運動の様子。途中、共同募金会都筑区支会会長、都筑区社会福祉協議会会長、都筑区長等が激励に来られました。
kawawa_bokin.png
posted by 都筑区社協 at 11:22 | 10 川和地区

2018年10月05日

ふれあいたい会報#12をアップします☆

川和地区で見守り声かけ活動をしている「川和連合ふれあいたい」。

会報第12号をアップします。

誰でもが安心して暮らしていくことのできる地域を目指して、通常の見守り活動のほか、ボランティアの研修・交流のためのサロンやPRのための夏祭りへの出店など、さまざまに行っている活動の様子をご紹介しています。

ぜひご一読ください!

ふれあいたい会報#12
posted by 都筑区社協 at 13:32 | 10 川和地区

2018年10月03日

第20回“えだみなみの歌声”が開催されました

9月18日(火)少しずつ秋めいてきました。参加者は21名。初めての方が4名も!
いつも盛り上げてくださる常連さん、今回は体調不良でお休み。早くよくなりますように。

今月のプログラム
♪赤とんぼ

ここで体操。体と口をほぐします。

20180918_101451.jpg

♪銀色の道
♪月の砂漠
♪明日があるさ
 この3曲は、9月22日(土)の荏田南文化祭のステージで歌うので、何回も練習します。

♪砂山
♪ローレライ

ここでお茶タイム。アイスティーが好評でした。
初めての方の自己紹介も。

20180918_104251.jpg

♪銀座の恋の物語
 男性が4人いたので、男性と女性で分けて歌いました。素敵♪

♪誰もいない海

♪アルプス一万尺
 手遊びをしながら。なかなか難しいです。でも楽しいです。

♪遠き山に日は落ちて
 キャンプファイアの最後に歌うような「今日はここまで〜」な感じで。

♪ふれあい丘の街
 今日はここまでと言いながら、この曲は最後に必ず歌うんですけどね。

20180918_104254.jpg

次回は10月16日(火)10時から荏田南1丁目自治会館で行います。参加費は200円です。
荏田南文化祭だけでなく、10月2日(火)のほほえみ交流カフェでも「えだみなみの歌声」で歌います。
楽しく歌いたい方はどなたでも!参加をお待ちしています。
posted by 都筑区社協 at 11:46 | 11 荏田南地区

2018年09月28日

第20回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成30年9月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第20回
【日 時】 平成30年9月18日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 30名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


 まずはじめに、9月6日の北海道胆振東部地震に遭遇なさった方々にお見舞いを申し上げます。自宅を失い、或いは生業が継続困難となった方々の不安とご苦労は並大抵のものではないとお察し申し上げます。
 また地震を恐れるあまりの、北海道全体への観光客減少は残念です。二次被害三次被害として、道経済が損なわれることがないようお祈りしています。
 地崩れや豪雨の様相が大きく変化してきた今日、住民もどのようなロケーションのところに住むかの再検討が必要です。戦後、開発を継続してきた住宅地に対する見方を一変させる必要があります。

 さて、当カフェは「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。

 ようやく秋めいてきた今日この頃です。今日は当カフェの第二年目の参加目標の30名になりました。会場が少し狭く感じる人数でした。やはりミニ講義のテーマとお楽しみコーナーの内容は重要なようです。今後とも認知症の知識の普及と予防に少しでも役立っていきたいと考えています。

【今月のプログラム】
1)ミニ講義/「認知症になる前に知っておきたいこと」第2回目です。
       『家事代行サービスの頼み方(自費)』家事研究家 鬼頭 麻記子さん
2)健康体操/ストレッチ 荒堀ひろ子さん
3)お楽しみ/落語『幾代(いくよ)餅』湊家波馬師匠
4)ワイガヤ会/お茶の時間です


【今月の進行】
 今月のミニ講義は、「認知症になる前に知っておきたいこと」第2回目です(初回は葛が谷ケアプラザの看護師・池田さんでした)。
 今月は、近くのたまプラーザ(地名)で活動する家事研究家 鬼頭 麻記子さんのお話です。
 私たちは加齢とともに徐々に心身の衰えを感じています。ゴミ出しもたいへんになってきます。介護保険の適用以外にも、自費で生活支援を仰ぐ必要が出てきます。電球交換や草刈りなどのスポット的な簡便な仕事は、最寄りの葛が谷ケアプラザに相談すればボランティアを派遣してくれますが、本格的あるいは継続的な炊事・洗濯・掃除・付き添い・買い物はやはりプロに頼む必要が出てきます。昔流にいえば「家政婦さん」「家事代行員」の派遣・訪問です。
 そういうときはどうすればいいのか、どういう条件でいくらかかるのか、予め勉強しておこうというのが今日の趣旨です。
〔事例1〕70歳代御夫婦。清掃と食事作り、買い物代行で週5回2時間半ずつの契約で月21回約20万円。
〔事例2〕80歳代老女と同居の娘さんとの契約。認知症が進んでいる母親のために、冷蔵庫の賞味期限の確認や料理を作ってという週1回の契約。月4回で約3万円。
 料金は最大手D社は少し高め。その他中堅どころになると少し安くなるとか。
 家事が苦手になってきたら時々、こういう家事代行専門の会社に依頼するのがいいのかもしれません。その時は、じっくりと話し合って条件をしっかり決めておくことが必要です。担当者は固定したほうがいい場合と、2〜3人でチームを組んで来てもらったほうがいい場合とがあるようです。

 続いてのストレッチ体操は荒堀ひろ子さんです。
 椅子に座ったままでできる30分弱の体操です。健康寿命延伸と認知症予防は、お楽しみに並んで「カフェの3本柱」です。足が上がらなくなることは認知症にも近づくことになります。一人一人に気を配りながら関西弁で声をかけてくださいます。今日やった体操の幾つかは、自宅でも繰り返してほしいものです。

 お楽しみコーナーは、横浜出前落語会の湊家波馬(みなとやはーばー)師匠。横浜出前落語会からは本会に3人目の出演です。
 今回の演題は『幾代餅』。有名な古典ですので、聞いたことのある方も多いはず。『紺屋高尾』と極々類似した廓(くるわ)話です。
 日本橋馬喰町1丁目の搗き米屋六右衛門の奉公人清蔵が、人形町の玄冶店(げんやだな)跡の絵草子屋で見た吉原の姿海老屋の幾代太夫に一目惚れして恋わずらい。仕事も手に付かず・・・・というお馴染みの話ですが、どれだけ引き込むかは話し手の力量しだい。波馬師匠は落語芸術協会の養成コースで勉強なさったそうですが、豊かな話力でグイグイと話に引きずり込んでいきます。経験と工夫が忍ばれます。素晴らしい力量です。
 師匠に伺えば、昨日は隣の「荏田南自治会館」で口演していたとか。また逆隣の荏田南2丁目自治会館でも出演要請がある由。このところ急に都筑区内で出番が増えているようです。

 最後のコーナーは、みんなで楽しくお菓子をいただきながら、ゆっくりお話しつつ過ごしました。荏田南地区社協のシニアサロンや地域の文化祭の案内などがありました。

 次回は10月16日(火)13時半からです。
 次回は「認知症になる前に知っておきたいこと」の4回シリーズの3回目。
ミニ講義は『生前整理の勘どころ』。整理収納アドバイザーの古川(こがわ)めぐみさんです。永年、一戸建てに住んでいると荷物が増えています。どう減らしたらいいのでしょうか。思い出ある家財の整理の仕方を考えます。
 荒堀さんの体操に続くお楽しみコーナーは、認知症関連のDVDを予定しています(変更の可能性有り)。

〔お楽しみボランティア募集〕
 このページをごらんいただいている方で、30分間のお楽しみコーナーにボランティア出演してもいいよとお考えの方、ぜひご一報ください。ただし、会館利用規則に基づいて音楽と歌は不可です。会場は県立荏田高校から約400mです。参加はほぼ全員が高齢者ですので、体を動かすのもほどほどに、です。よろしければお声をかけてください。
 謝礼は申し訳ありませんが電車賃程度です(佐藤 045−948−4810)。

20180918_3323.JPG

20180918_3324.JPG

20180918_3327.JPG

20180918_3328.JPG

20180918_3332.JPG

20180918_3334補.jpg

20180918_3335.JPG

20180918_3336.JPG

20180919_3339.JPG

20180919_3340.JPG


posted by 都筑区社協 at 20:27 | 11 荏田南地区

2018年09月21日

荏田南地区社協広報紙をアップしました!

荏田南地区社協・広報紙

「ほほえみ〜今、悲しくて、淋しいあなたへ〜」を

アップしました!

ぜひ、ご覧ください!

2018年夏号(vol.20)
こちらをクリック
posted by 都筑区社協 at 18:36 | 11 荏田南地区

2018年09月21日

第52回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(9/4)

◆第52回荏田南地区認知症&予防 「ほほえみ交流カフェ」
  を開催しました。(9/4(火))
 ほほえみ交流カフェ代表 小泉 雅二

今回のほほえみ交流カフェは大型の台風21号か来る中で、
開催するか、中止にするか、非常に悩みましたが、
予報を参考に、早めに閉会する事も考えて、開催を決定しました。
スタッフの挨拶に続き来客紹介。
葛が谷CPからは、中野さんです。

◆ミニ講座は、北部病院の認知症看護認定看護師の佐藤啓さんによる
「ご飯が食べられない!そうなった時に考えたいこと」です。
神経系の病気である認知症は、重度になってくると、嚥下障害を起こし食事が食べられなく(飲み込めない)なります。日本での死因には認知症の項目がありませんが、第3位の肺炎の中に誤嚥性肺炎が含まれていますので、認知症での死因も結構多いと思われます、世界的には、アルツハイマー病が死因の第7位です。
食べられなくなった時、最後をどうしていくのか考える必要があります。
食事を鼻からとったり、直接胃に送ったり(胃ろう)、静脈に栄養を送り込んだりできますが、これらは延命治療になります。食事をとるとすると誤嚥性肺炎につながります。そうなった場合、病院に相談するのですが、病院は基本的に命を長らえるようにする場所です。
本人はどれを望んでいるのか?認知症になった人の意思の確認は困難です。
そこで、あらかじめ、今後の治療について、患者・家族と医療従事者が話あう事が必要です。(アドバンス・ケア・プランニング=ACP)
本人の意思がはっきりくみ取れる場合は良いのですが、そうでない場合哲学的にも非常に難しい問題となります。
そこで結論「普段から話をしておきましょう」となります。
大変難しい話でしたが、大変重要な話をして頂いました。

◆講座の後は、ワイガヤお茶お菓子の時間。
5日公会堂で行われる認知症フォーラムと、荏田南文化祭、幼稚園で行われるかもいけ主催のコンサート等の案内をさせて頂きました。

◆お楽しみコーナーはJiJiBaBa隊の皆さんです。30名ほどのメンバーが区内各地で活動を行っています。本日は、江幡・鮫島・福富さんに来ていただきました。JiJi少BaBa多だそうで、男性隊員を募集中とか。福富さんは貴重なJiJiだそうです。
鮫島さんの紙芝居から始まりました。鮫島さんのアドリブをいっぱい交えた
かわいらしい語り手鮫島さんの演じた紙芝居は「まあまあおばあさん ありがとう」のお話です。
次にお手玉 「あんたがたどこさ、ひごさ、ひごどこさ」に合わせて皆でお手玉。3個のお手玉を操れる人も何人かいます。
その後、皆で合唱、リンゴの唄などを歌いました。

◆最後はいつもの「ふれあい丘の街」を合唱。
当日の様子です。

IMG_2250.JPG

IMG_2254.JPG

IMG_2258.JPG

IMG_2259.JPG

IMG_2261.JPG

IMG_2265.JPG

IMG_2266.JPG

IMG_2267.jpg

IMG_2268.JPG

IMG_2269.jpg

IMG_2270.jpg

IMG_2280.JPG

IMG_2285.jpg

IMG_2293.jpg

posted by 都筑区社協 at 18:31 | 11 荏田南地区

2018年09月05日

第19回“えだみなみの歌声”が開催されました

8月21日(火)少し涼しい日が続きましたが、また毎日暑くなりました。参加者は21名。スタッフの子どもの小学生もいて、ぐっと平均年齢が下がりました。

今月のプログラム
♪手のひらを太陽に

ここで体操です。今日は最初に足の指を動かしてみました。

♪東京ブギウギ
 伴奏に合わせて自由に体を動かします。

♪明日があるさ

20180821_101000.jpg

♪月の砂漠
 初め響子さんの伴奏で、次に堤さんの伴奏で歌いました。 

♪銀色の道
♪砂山

ここでお茶タイム。今日のお茶菓子はようかんとおせんべい。
先ほどの体操のときにし忘れた口の体操も。

♪荒城の月
 堤さんの演奏。

20180821_103747.jpg

♪横浜市歌
 「覚えたいので」と参加者さんからのリクエスト。小学生はばっちり歌えます。
 
♪山小舎の灯
♪高原列車は行く

♪二人でお酒を
♪港町十三番地

♪少年時代
 まあちゃんの演奏。これからの時期にぴったり。
20180821_101018.jpg

♪ふれあい丘の街


次回は9月18日(火)10時から荏田南1丁目自治会館で行います。参加費は200円です。
また、9月22日(土)に行われる「荏田南文化祭」に参加予定です。ステージで一緒に歌いましょう。
posted by 都筑区社協 at 20:23 | 11 荏田南地区