2017年06月29日

学習支援 “学ぼう会” 勉強したい小学4年生〜高校生の子どもたち募集中


学習の支援を必要としている子どもの学習指導を行っています。
勉強の意欲がわかない、勉強の習慣がつかない
学校に行かれない、勉強をみてくれる人がほしいなど
子どもの勉強が気になる・・・
学習に興味や意欲を持ち、学習が楽しくなれるように
みんなで一緒に勉強をする場です。
自信や希望を持てるようになれば、と思いながら
活動しているボランティア団体です。

開 催 日:日曜日16時〜18時(原則月4回)
募集対象:小学4年生〜高校生
指 導 者:子どもを支援したいおとな
      (元教職員・塾講師経験者・教師希望の学生等)
費  用:500円/月(教材費・保険・おやつ等)
場  所:つづきの丘小学校コミュニティハウス


チラシはこちら

毎週日曜日、つづきの丘小学校コミュニティハウスの和室で
活動しています。

現在、学習ボランティアが7名。
ボランティアの先生たちと個別指導で学んでいます。

170514_163527.jpg

CIMG9787 - コピー.JPG

CIMG9789.JPG

CIMG9853.JPG

CIMG9857.JPG

CIMG9795.JPG

学習の後には、季節の行事を取り入れ、
おやつを作ったり食べたりしながら楽しんでいます。

170625_175038.jpg

コミュニケーション能力を育てる場にもなっています。

お子さんの学習等で心配なことがある方は
ぜひ、お問い合わせください。
お待ちしております。

*申込み・お問合せ*
つづきの丘小学校コミュニティハウス
TEL/FAX 045−945−2949
(休館日:火曜・木曜)
posted by 都筑区社協 at 12:02 | 12 渋沢地区

2017年06月28日

第6回“えだみなみの歌声”が開催されました

えだみなみの歌声

 6月20日(火)、少し汗ばむくらいのお天気。風が心地よいです。
今日の出席者は19名。男性の参加者もいらっしゃいました。

6月のプログラムは

♪花嫁人形
♪金魚の昼寝
♪かえるの合唱
 はじめはみんなで一緒に。次に2つに分かれて、最後に3つに分かれての輪唱。
 とてもきれいな歌声でした。
♪おとうさんのうた
 6月は父の日があるので、お父さんの歌を探しましたが、なかなかありません。
 ようやく探し出したこの曲は「サッちゃん」で有名な阪田寛夫の作詞。
♪雨の中の二人
♪雨に咲く花
♪有楽町で逢いましょう
♪お富さん
♪星影のワルツ
♪栄冠は君に輝く

ちょっと休憩。今日は冷たい麦茶です。
歌に戻る前に、恒例のヨガ。

20170620_110904.jpg

♪北上夜曲

♪この広い野原いっぱい
♪バラが咲いた
 この2曲はまあちゃんのギターのみの伴奏です。

♪ローレライ
♪上を向いて歩こう
♪青い山脈
♪ふれあい丘の街

20170620_114722.jpg

こんな曲を歌いたいというリクエストがあれば、お聞かせください。

来月は7月18日(火)10時から荏田南一丁目自治会館で行います。
次回から参加費は200円です。
みなさん、お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

20170620_101216.jpg

posted by 都筑区社協 at 17:55 | 11 荏田南地区

2017年06月27日

第5回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』6月の記録

 『認知症とその周辺領域を学ぶ どんぐりカフェ』は“ほほえみ交流カフェ”のサテライトとして「都筑区内でもっともちいさい認知症カフェ」を自称しています。そのぶん、参加者みんなが発言できます。
 4月は有料老人ホーム、5月はグループホームについて勉強してきました。6月は小規模多機能型居宅介護施設についての勉強です。
 今回の話し手は近隣の“かもいけ”のケアマネジャー笠松さん。
テーマの「小規模多機能型居宅介護施設」は現在、都筑区内に9ヵ所あるそうです。“かもいけ”が幹事になって連絡会も作られているとか。
 実は“小規模・・”ってナニ? というのが参加者の疑問でした。笠松さんはわかりやすく話してくださいました。
1)今まで通りの生活環境に合わせて「通い」「宿泊」「訪問」のあらゆる機能を取り入れながら“自宅での生活”を支援する。
2)かもいけでは、「通い」で顔馴染みになった職員が「訪問」や「宿泊」の対応をしている。よって、環境の変化に敏感なお年寄りの不安を和らげることができる。
3)「通い」の時間に制限がない〜本人のリズムや家族の都合に細かく対応している。
場合によっては1日に3回も4回も行ったり来たりした利用者もいる。
4)「通い」「宿泊」「訪問」を月に何度利用しても、介護保険費用の1割負担分は変わりない。
というように、とにかく自宅で生活を継続するための、広範囲な必要な支援を行って

いるのだそうです。だから、昼食も夕食も入浴も歯磨きも“かもいけ”で済ませて帰宅するのでそのまま就寝できるとか、週に1回だけお泊まりするとか、昼から“かもいけ”に行って家族が帰宅する午後7時ごろ送ってもらうとか、本当に利用方法はさまざまだそうです。
 本日も、朝になって「いい天気だから公園に行こう」ということになって、あわててお弁当を作ってピクニックに行ったのだとか。食事はすべて所内のオープンキッチンで手作りしているので、「おいしい」とお昼だけ食べにくる人もいるそうです。
 利用料は決まった単価の積み上げ方式で明快です。今日の参加者からは「いいなぁ。さっそく利用したい」という声も洩れました。
 笠松さんは「ほっとする自由な施設でありたい。利用者のみなさんを最後までご自宅で看取りたい。自分の母親も“かもいけ”のスタッフが長期間介護してくれた。自分自身もこの町で一生を過ごしたい」と締めくくりました。

 お楽しみコーナーはその“かもいけ”の音楽セラピストである中川ともゆきさんの「懐かしのメロディー」による回想療法の一端を見せていただきました。中川さんは介護福祉士、認知症ケア専門士であると同時に、スエーデン音楽療法ブンネ法インストラクターです。
 今回は、ちょっと早いピッチで展開する30分強のステージ構成です。東京行進曲に始まり、“見上げてごらん夜の星を〜”に至る全26曲でした。プロもびっくりの、いつもながら惚れ惚れする美声です。

20170620_2679.JPG

 今回は、都筑区が開催しているシルバースター養成講座の関係者の方が4人、見学に来てくださいました。市民セクターよこはま、東山田ケアプラザ、そして管轄の葛が谷ケアプラザからもお越しくださいました。ありがとうございました。
 荏田南三丁目自治会館で平成29年6月20日に開催。19名の参加でした。

20170620_2676.JPG

20170620_2675.JPG

20170620_2672.JPG




posted by 都筑区社協 at 17:31 | 11 荏田南地区

2017年06月20日

ふれあいたい会報#10アップします!

川和地区で見守り声かけ活動をしている「川和連合ふれあいたい」。

会報第10号をアップします。

この6月で発足から丸3年が経過した「川和連合ふれあいたい」ですが、誰でもが安心して暮らしていくことのできる地域を目指して、ますます熱心な活動が繰り広げられています☆

ぜひご一読ください!

ふれあいたい会報#10

posted by 都筑区社協 at 19:56 | 10 川和地区

2017年06月10日

川和地区で「歩け歩け大会」開催されました。

歩け歩け大会

平成29年5月28日(日)、川和東小学校校庭から月出松公園を経て川和富士公園まて、歩け歩け大会が行われました。

毎年多くの方が参加している川和地区の歩け歩け大会ですが、今年は約400人の参加がありました。

この歩け歩け大会は川和連合町内会が主催し、目的の一つが児童福祉月間として子どものレクレーションと、異世代交流(コミュニケーションつくり)、健康増進と団体のつながりづくり、つながりを実感できる地域づくり及び緊急避難統率訓練(婦女子・高齢者を主とする)となっています。
川和富士公園では川和消防団による消防訓練や川和連合町内会、青少年指導委員、スポーツ推進委員が指導してゲーム等のレクレーションも行われました。

kawawa_arukearuke1.jpg

各町内会・自治会ごとに一時避難場所に集合し人員を確認した後、一時避難場所からは30分位で川和東小学校に集合しました。
川和東小学校校庭で、川和連合会長の挨拶の後、都筑区長をはじめ都筑区幹部、中学校長・川和小学校長・川和東小学校校長とスタッフである青少年指導員、スポーツ推進員・消防団員・家庭防災員等の紹介があり、川和富士公園へ出発しました。

▼川和東小学校に集合。天気予報では、今日は暑い!!
kawawa_arukearuke2.jpg

▼川和連合町内会川上体育部長の司会で久保川和連合町内会長挨拶および、畑澤都筑区長と幹部の紹介
kawawa_arukearuke3.jpg kawawa_arukearuke4.jpg


▼災害時緊急避難引率訓練
kawawa_arukearuke5.jpg kawawa_arukearuke6.jpg

▼途中の月出松公園の休憩
今の緑は最高!!
kawawa_arukearuke7.jpg kawawa_arukearuke8.jpg 

途中の月出松公園の休憩を経て40分位で川和富士公園に到着しました。

緊急避難統率訓練の後は、川和富士公園で消防訓練です。今回は川和消防団の放水模範演技に引き続き、初めは躊躇していた子供達が2組に分かれて放水をしました。結構人気でしたが貯水量の制限により人数が限定されました。残念です。

▼川和消防団の放水操法の披露。素晴らしい演技でした
kawawa_arukearuke9.jpg kawawa_arukearuke10.jpg

更に子供達が2組に分かれて希望者が消火器の操作を実施しました。これも普段あまり操作したことがないために、もたもたとした消火作業になる等ハプニングもありました。

▼消火訓練 放水操法と消火器操作。なかなか上手くいかないね!!
kawawa_arukearuke11.jpg kawawa_arukearuke12.jpg

訓練の後は川和地区の青少年指導員とスポーツ推進委員が指導して輪投げ、ラケットBB、フルーツターゲット、ソフトバレー、お宝さがし、伝言ゲーム等を行うとともに、配られたパン、お菓子、飲み物を戴きながら地域ごとに老若・男女の異世代交流が行われました。

昼前に整列して各町内会・自治会に向いそれぞれに解散となりました。

▼休憩時のゲーム
kawawa_arukearuke13.jpg kawawa_arukearuke14.jpgkawawa_arukearuke15.jpg kawawa_arukearuke16.jpg

▼川和富士を見ながら解散
kawawa_arukearuke17.jpg






posted by 都筑区社協 at 10:34 | 10 川和地区

2017年06月10日

川和地区で、ボランティア団体への助成金交付会が行われました。

川和地地区社協では地域で行なっているボランテイア団体を調査して、円滑な活動の推進を支援するため、助成金を出しております。
5月14日(日)に川和地区福祉会館にて、川和和地区社会福祉協議会三役会役員より川和地区で活動しているボランティア団体を対象に助成金が交付されました。

kawawa_josei1.jpg

交付された各団体からは「活動をしていて感じること」、地区社会福祉協議会からは「各団体及び地区社協が繋がりを持つ活動を」など意見交換会がされました。

都筑区社協では、子育て支援、障がい者支援、高齢者見守り活動を加賀原ケアプラザ、川和地区社協、民生児童委員、保健活動推進員等の方々にお願いするだけでなく各ボランティア団体が有機的に繋がり、地域の方々がサロンや見守り活動への参加機会を増やして活動を活発にし、ひいては川和地区の要援護者の支援対応の拡がりに繋がれば、と考えています。

下記の活動団体の内容等をご覧頂き、できるだけ団体の活動に参加頂けたら幸いです。

助成金交付団体はこちら

posted by 都筑区社協 at 09:55 | 10 川和地区

2017年06月10日

川和団地にて「木曜会」が開催される!!

平成29年5月4日(木)、川和団地藤棚の下で木曜会が開催されました。

kawawa_mokuyoukai1.jpg

今回は川和団地自治会前会長・副会長、川和団地シニアクラブ会長、川和地区社協事務局を含め30名弱の出席でした。
木曜会は毎月第1木曜日に開催される川和団地の高齢者サロンです。300円の会費で料理を持ち寄り手作り料理の昼食会や茶飲み会を実施し、皆さんお互いの親睦を深めています。
通常の開催場所は川和団地集会場です。
毎回季節の話題(木曜会の代表の手塚さんが作成・配布している歳時記による)、合唱等をしています。

▼今年の藤棚は残念ながら写真のような状態でした。
kawawa_mokuyoukai2.jpg

▼周りには子ども達の手作りの鯉のぼりと手描きの鍾馗様の旗です。
kawawa_mokuyoukai3.jpg  kawawa_mokuyoukai4.jpg

▼それでは、頂きます。
kawawa_mokuyoukai5.jpg

▼今日の食事はタケノコご飯(帰省されている方が送って下さった筍が食材)、川和団地内で採れた蕗、サトイモコロッケなど美味しく頂きました。
kawawa_mokuyoukai6.jpg

▼食事の後は皆さん歓談です。
kawawa_mokuyoukai7.jpg  kawawa_mokuyoukai8.jpg

今月は「皐月」で、暮らしの歳時記では八十八夜、憲法記念日、みどりの日、子どもの日(端午の節句)、立夏の他に川和連合町内会主催の歩け歩け大会、川和小コミハで開催されるコミハフェスタ、社会福祉協力(社協賛助会員)など様々なイベントの説明・確認が行われ、回覧されている内容は熟読下さいとの注意もありました。

次回の木曜会は6月1日です。

歳時記:話題の中で鯉のぼりについて、端午の節句(月と日が同じ5の日)には厄払いに菖蒲を用いることから、武家では菖蒲と「尚武」と結びつけて男児の立身出世・武運長久を祈る年中行事となりました。玄関に武士が戦場で目印として背中にさした小旗である旗指物(のぼり)を飾り、家長が子供達に訓示しました。一方、商人は、武士に対抗して、のぼりの代わりに五色の吹流しを美々しく飾るようになり、さらに、一部の家庭で「竜門」の故事にちなんで、吹流しに鯉の絵を描くようになりました。歌川広重「江戸名所百景」に当時はまだ錦鯉が普及しておらず、真鯉のみが飾られています。本来は真鯉(黒い鯉)のみで、明治時代から真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)の対で揚げるようになりましたが、昭和時代からは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を添えたものが主流となりました。(wikipediaから)
 kawawa_mokuyoukai9.jpg
posted by 都筑区社協 at 09:39 | 10 川和地区

2017年06月09日

第37回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(6/6)

6月6日(火)に第37回のほほえみ交流カフェを開催いたしました。
今日から4年目になります。
皆さまの協力おかげで、無事4年目がスタートできたことに感謝いたします。
今回来客の方々です。
区社協:神山さん
葛が谷地域ケアプラザ:桐所長・今福さん
とんとん鈴木さん
http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/photonews/kuchoutalk9.html
長谷工シニアホールディングス牧野さん、
ヒュッテ荏田南岡田さんです。

◆ミニ講座は、葛が谷つばさクリニックの長田先生による「骨粗鬆症」についてです。
介護を受ける原因で一番多いのが「転倒・骨折」との事です。
また1週間の入院生活を行った人の約半数の人が認知症になると言われています。
骨折する原因が「骨粗鬆症」です。認知症にならないためにも、骨太が大事ですね。
また衝撃的な話として、骨折を繰り返し3回した人の、10年後の生存率が50%だそうです。
「骨粗鬆症」になる原因として、食生活(カルシウム不足や偏食等)・嗜好(アルコールや喫煙など)
薬物(ステロイド剤の多量接種等)・運動不足・高年齢で女性方がなりやすい等です。
骨折した人は、骨をつなぐ治療を行っても、その原因である「骨粗鬆症」を治療する人はまだ少ないとの事。
それでは、「骨粗鬆症」を治療するには、カルシウムを接種することですが、サプリメントだけではだめ。
太陽にあたってビタミンDも一緒に取る事。青魚に多く含まれ、特にイワシのつみれ等が最適。牛乳も良いとの事。
紫外線に当たる事は決して悪くありません。
松崎しげるのようにガングロになりましょうと、面白おかしくお話し頂きました。

◆その後ワイワイガヤガヤタイム。3周年記念でお菓子も豪華。
◆参加者代表が決まりました。
当初から予防目的で参加している1丁目の田沼さんが参加者代表として、
スタッフメンバーに入ってくださることを了承いただきました。
参加者目線でご意見等を伺い、よりよいカフェ運営にしてゆきます。
◆お楽しみコーナーは、かしの木の佐藤さん親子による三味線と民謡。
佐藤さん親子は2回目の出演。
花笠音頭・武田節・ダンチョネ節・秋田節・秋田大黒舞・相馬二遍返し等
今回も元気に歌って頂きました。
◆最後にテーマソング「ふれあい丘の街」を全員で合唱しました。
以下、当日の様子です。
IMG_0769 (640x480).jpg

IMG_0771 (640x480).jpg

IMG_0777 (640x480).jpg

IMG_0778 (640x480).jpg

IMG_0774 (640x480).jpg

IMG_0773 (640x480).jpg

IMG_0785 (640x480).jpg

IMG_0768 (640x480).jpg

IMG_0786 (640x480).jpg

IMG_0789 (640x480).jpg

IMG_0793 (640x480).jpg

IMG_0795 (640x480).jpg

IMG_0796 (640x480).jpg

IMG_0797 (640x480).jpg

IMG_0798 (640x480).jpg

IMG_0799 (640x480).jpg

IMG_0802 (640x480).jpg




posted by 都筑区社協 at 15:44 | 11 荏田南地区