2017年07月25日

荏田南地区社協広報紙をアップしました

荏田南地区社協・広報紙

「ほほえみ〜今、悲しくて、淋しいあなたへ〜」を

アップしました!

ぜひ、ご覧ください!

2017年夏号(vol.16)
 こちらをクリック
posted by 都筑区社協 at 19:49 | 11 荏田南地区

2017年07月25日

第6回“どんぐりカフェ”が開催されました

●どんぐりカフェ第6回
 第6回『認知症とその周辺を学ぶ どんぐりカフェ』は予定通り7月18日13時半〜15時半、荏田南三丁目自治会館において開催されました。
 本来、「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南二、三丁目の住民を対象に設けられたもので、参加を呼びかける範囲も狭いのです。こじんまりが特徴のカフェです。参加者は18名。
 当事者の参加に備えて近隣のグループホームから介護職員も参加しました。
 当日は大気不安定とのことで豪雨の予報が出ており、ちょうど開会頃は降り始めであり散会時にはもう上がっていた時間帯でした。参加者は傘をささずに済みましたが、開会中の2時間は猛烈な雷と雨に見舞われました。
 今回は依頼していた講師がぎっくり腰との連絡。急遽、代理の講師を探すハプニングがありました。困って「都筑区認知症カフェ連絡会(カフェ連)」のメンバーに連絡したところ、中塚ひとみさんが、引き受けてくださいました。仕事の次の予約が15時からとのことで1時半〜2時半はOKとのこと。連絡会が機能した、ありがたい瞬間でした。

 中塚さんは、北山田ケアセンターの管理者です。題して『ベテランケアマネの見た認知症介護現場からの報告』。座談会方式で、中塚さんも着席して会場から質問をもらいながらの進行です。ご主人を老老介護中の主婦もいて、切実な質問も出ました。
・都筑区は最近、介護認定の審査スピードが改善されて早くなった。大病院だと「主治医の意見書」が遅れがち。急いでもらうこと。
・当事者は、身近に居る介護者を悪くいう傾向が強い。“物盗られ妄想”も傍に居る人ほど犠牲者になりやすい。
・介護認定に不満のある場合は、やり直し申請ができる。
・嘘を言ってもベテランの前ではすぐばれる。嘘はいけない。「歩けません」「徘徊で悩んでいます」 ン? 言うことが矛盾しているじゃないか。
・いかに介護者が困っているのか具体的にしっかり説明してほしい。遠慮しないこと。
・28年4月から指針が変わって、子育てしながら介護とか仕事しながら介護とかダブルケアの場合、ハイスコアになった。
・一口にケアマネと言っても、その経験や人柄、相性は一人一人違うので、十分な介護を受けられるよう、遠慮なく交代を申し出ていい。
 等々、盛り沢山のお話を、予定時間を延長して十分に伺うことができました。

20170718_2784.JPG

 中盤の茶話会の折りに、区社協の神山さんから「ボランティアセンター」の話がありました。送迎ボランティアを始めとして、各種ボランティアが求められているとのこと。地域の住民もこれから利用が増えることが予想されており、元気なうちは奉仕する側に回ることも考えなければいけないと自省の声も聞かれました。こうやって折りを見てお話していただくことが大切だと感じました。

 お楽しみコーナーは荏田南三丁目にお住まいの山田澄江さんと板橋哲夫さんの詩吟。お二人は流派が違います。経験5年目で地元で同好グループを指導している山田さんは、明るく楽しい解説を交えて「富士山、神州、静御前」など。経験40年のベテラン板橋さんは荘重な雰囲気で「母を背負いて・・・」と和歌1首。流儀による吟じ方の違いに、参加者は感心しきりの楽しい一時を過ごしました。

20170718_2803補.jpg

 次回は8月15日「成年後見人の話」。行政書士・横尾佳子さん。帰省中のお子さん同道でお出掛け下さい、との案内です。横尾さんは区カフェ連の会長です。たっぷりのお話のためお楽しみコーナーはなし。
 8月27日には、近隣のしいの木台ハイツの集会所で地区社協主催の「あんしんセンター」説明会も開かれる予定です。
 9月からはいよいよ認知症の勉強となります。

20170718_2780.JPG
posted by 都筑区社協 at 12:45 | 11 荏田南地区

2017年07月13日

川和地区にある「カプカプ川和」をご紹介します!

皆さん「地域作業所カプカプ川和」をご存じですか?
川和町駅近く川和公会堂前バス停留所前にある食事ができる喫茶店です。

「地域作業所カプカプ川和」は、NPO法人カプカプが運営しており、横浜市からの助成金で事業を行っています。障害の有無にかかわらず、地域でその人らしい当たり前の生活を支援する場所です。

「地域作業所カプカプ川和」の概略やメニューをご紹介します。皆さまの憩いの場所として、お気軽にお立ち寄り下さい!

kawawa_kapukapu1.jpg

kawawa_kapukapu5.jpg

kawawa_kapukapu3.jpg

kawawa_kapukapu4.jpg



posted by 都筑区社協 at 11:09 | 10 川和地区

2017年07月13日

第38回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(7/4)

ほほえみ交流カフェ運営グループ代表小泉雅二です。
7月4日(火)
台風3号が午前中九州に上陸、夜には関東を駆け抜けると言う予報の元、
38回目のほほえみ交流カフェを開きました。
天気は曇りですが、湿気が多い日です。台風の為か、いつもより参加者は少な目。
スタッフでもある葛が谷薬局さんの手配により、初めての健康チェックを行いました。
神奈川県薬剤師協会からお借りした、血管年齢測定器が2台、
葛が谷薬局さんから6名のスタッフが健康チェックにあたります。
開始時間前に、受付した人から血管年齢の測定を行いました。
開始時間になり、一旦測定は中止し、挨拶・スタッフ紹介の後、
来客紹介です。
区社協・神山さん、葛が谷ケアプラザ・明間さん、市議会議員・木原さん、
とんとん・鈴木さん、長谷工シニアホールディングス・牧野さんが今日のお客様です。

◆本日のミニ講座「健康チェック」の説明を葛が谷薬局の佐伯さんからお話し頂き、
再度、測定開始。ワイワイガヤガヤの中、測定結果に一喜一憂。
参加者代表スタッフ田辺さんの血管年齢はなんと「18才」???  
うそ・・・「81」じゃないのと思ったのですが、ほんとでした!
血管年齢を若くする秘訣は
「適度な運動・食生活・ストレスのない楽しい生活」との事。
私の場合、平均的な数字で一安心。
高血圧予防のための塩分摂取表や熱中症対策などの資料も配られました。
また、リンゴ味のゼリーの試食も。(なかなかおいしい)
◆続いて、ワイワイガヤガヤお茶タイム。
お隣の方が認知症の様だという「T」さん。ケアプラザの明間さんと相談頂きました。
初めて参加された、ライブタウンの男性「I」さん。参加理由を尋ねると、今日のお楽しみの詩吟とチラシを見て参加との事。2年前まで詩吟をやってたと・・・・。
男性の参加者が増えるのは嬉しいです。
◆今日のお楽しみコーナーは3丁目担当。
3丁目在住山田さんをリーダーとする詩吟グループ「あやめ会」の詩吟。
女性6人で「さくらの歌」「名鎗日本号」を。
都筑地区センターで月2回練習していると言うことです。
続いて、スタッフで3丁目在住板橋さんが「たらちね」「武田節」の2曲を披露。
最後に「あやめ会」で「静御前」「このごろ出雲崎にて」を。
詩吟は、健康とストレス解消に良いそうです。
◆最後に「ふれあい丘の街」を全員で合唱。
・6月24日(土)荏田南幼稚園で行った「まちの音楽会U」の報告。
1曲だけビデオで聞いていただきました。
・初めて出席の男性「I」さんに感想を尋ねたところ
何と詩吟を1曲披露して頂きました。
今日は3流派の詩吟が聞けて勉強になりました。
以下、当日の様子です。

IMG_0838 (640x480).jpg

IMG_0839 (640x480).jpg

IMG_0840 (640x480).jpg

IMG_0843 (640x480).jpg

IMG_0844 (640x480).jpg

IMG_0845 (640x480).jpg

IMG_0847 (640x480).jpg

IMG_0851 (640x480).jpg

IMG_0858 (640x480).jpg

IMG_0857 (640x480).jpg

IMG_0860 (640x480).jpg

IMG_0851 (640x480).jpg

IMG_0862 (640x480).jpg

IMG_0863 (640x480).jpg

IMG_0865 (640x480).jpg

IMG_0866 (640x480).jpg

IMG_0870 (640x480).jpg

IMG_0872 (640x480).jpg

IMG_0873 (640x480).jpg

IMG_0875 (640x480).jpg

IMG_0876 (640x480).jpg

IMG_0879 (640x480).jpg





posted by 都筑区社協 at 09:41 | 11 荏田南地区

2017年07月08日

社会福祉協議会 川和地区だより34号アップします

川和地区社会福祉協議会の広報誌、「川和地区だより」第34号をアップします!

4月の総会で承認された今年度の取組計画や、関係団体のご紹介、協力金のご依頼、地域懇談会の様子などが掲載されています。

ぜひご覧ください!

社会福祉協議会 川和地区だより34号

posted by 都筑区社協 at 10:37 | 10 川和地区

2017年07月07日

川和地区で、「地域懇談会」が開催されました。

2017年5月27日
川和連合集会場にて、地域でつくりあげる「地域ケア会議」をテーマとした「平成29年度川和地区地域懇談会」が、川和地区連合町内会および川和地区社会福祉協議会役員40余名、さらに加賀原ケアプラザ、都筑区役所の方々を加えた60余名の出席のもと開催されました。
討議内容の概略は下記のとおりです。

1 あいさつ(川和地区連合町内会久保会長)
 川和連合地域では見守り・声かけ活動について、川和連合ふれあいたいが発足し、必要な人に支援が届くよう活動を進めてきています。「地域ケア会議」は個別の課題について繋ぐべき部署を決め、その解決策を討議する会議で、また潜在的な問題・課題を見つける体制を積み上げていくことにより、本当に必要な人にまで支援が届くことを目的としたシステムです。今回の懇談会では、「地域ケア会議」を推進するため、誰が、いつまでに、何をするか、を考えることをテーマに選びました。

kawawa_kondan1.jpg

2 説明・意見交換

@地域包括ケアシステムの構築に向けた「地域ケア会議」について(菅野係長:区高齢・障害支援課地域包括ケア推進担当)
「地域ケア会議」とは、高齢者でも住み慣れた地域でずっと暮らし続けるための仕組みです。川和地区連合町内会地域、加賀原ケアプラザ、都筑区、横浜市へと問題・課題を上げていく仕組みであるとともに、横浜市で決めた施策を都筑区、加賀原ケアプラザ、川和地区連合町内会地域へと繋げる会議です。
市内18区、すべて同じ体制をとっており、中でも個別の「地域ケア会議」はとても大切な会議です。

A川和地区における地域ケア会議の体制と事例紹介(川和地区社会福祉協議会山口事務局長)
 地域の福祉に関連する問題・課題とは、例えば認知症、孤独、虐待、要支援、生活上のりごとなどが重複している事例、もしくはそれを抱えた対象者です。潜在的な問題・課題を把握しても支援が届く仕組みができていない事例、または問題・課題の情報は把握しているが対応ができていない事例を解決するシステムが「地域ケア会議」です。
 前者の例としては都筑が丘II自治会で実施している福祉連絡会、また後者の例としては川和台自治会、川和町内会等で川和連合ふれあいたいが関係者と問題・課題の解決策を討議した事例があります。

Bグループ討議の様子(6グループに分かれて討議)

kawawa_kondan2.jpg

kawawa_kondan3.jpg

kawawa_kondan4.jpg

kawawa_kondan5.jpg

C各グループの討議結果の発表
<1グループ>
・「地域ケア会議」を分からない人ばかりで、色々な話はできなかった。
・自治会に入らないと情報が入ってこなくなる。
・短い時間でもよいので、話し合う機会を多く作ることが重要で、こうした仕組みを地域で広げられると良い。
・地域で初めて選出された役員等のための研修があるとよい。

kawawa_kondan6.jpg

<2グループ>
・困っている人をどうやって支えていくか。
 施設入所が解決策か、プライバシーの問題もありどこまで踏み込めるかが難しい。実は本人はさほど困っていない場合もあり、困っているのは本人若しくは家族なのか、支援に介入するきっかけが難しい、町内会・自治会がどこまでの活動をするのかが良く分からない。
・どこに相談をするのか
 そもそも誰に相談すればよいのかわからない。民生児童委員に繋いで良いのか、民生児童委員が誰なのか知らない、民生児童委員の仕事内容を知らない、加賀原ケアプラザに相談をして良いのか、相談に関して無料なのか良く分からない。
・具体的に何をするのか
 気になっている人の情報を共有し、民生児童委員と自治会・町内会の関係性を深める、全体をまとめる連絡会を設置する、単に見守ることが大切、川和連合ふれあいたいに繋ぐ、普段の近所づきあいが大事、顔を合わせる場があれば繋げることができる。

kawawa_kondan7.jpg

<3グループ>
・「地域ケア会議」を推進するためには、自治会が主導するのが良い。
・水面下の見えにくい問題・課題を把握できるような情報を持っている班などの小単位での近所の人の意見を定期的に町内会・自治会の会合や情報交換会などで吸い上げると良い。
・見守りなどの活動を行うのは友愛や民生児童委員だけでなく、近所の複数の人で見守ることが必要である。
・一人の見守り対象者について、できる人ができることをやっていく。民生児童委員から川和連合ふれあいたいの活動の紹介(PR)をしてもらう。民生児童委員一人が抱えるのではなく手伝う人が増えれば人と人とが繋がる。

kawawa_kondan8.jpg

<4グループ>
誰が、何をすると、どうなるか、をベースにしたところ、4つの問題点が浮上した。
・一人暮らしの高齢者問題について
 どこにそのような人がいるのか、困っている人がいるのかいないのか、当事者としてどこに助けを求めれれば良いのかが分からない。親族だけでは面倒見切れない。
 →支援が必要となる状態にならないように、仲間づくりを進める。
 →友愛活動に勧誘していく。
・交通環境問題について
 バス停まで行けず、サロンに参加できない。歩道がない道路があり、危険である。   
 青信号で横断歩道を渡り切れず、危険である。
 →行政に実施すべくその方向性を探ってほしい。
・「地域ケア会議」や民生児童委員について
  そもそも情報が不足している。
 →情報発信として自治会・町内会や民生児童委員が地域活動をPRする。
・情報を受ける側の問題
 →近所同士でコミュニケーションをとる。
 →地区社協や関係機関が、必要な情報を適宜提供していく。

kawawa_kondan9.jpg

<5グループ>
何か地域で問題が起こった時、どうするかを考えてみた。
 地域で見守るのが良い。相談するとしても、隣近所だから知られたくないこともある。どこに繋げるのか分からない。民生児童委員が分からない、民生児童委員がいない地区もある。その場合は身近な町内会・自治会に相談するしかない。加賀原ケアプラザは相談の窓口だが、現状はまだ知られておらず、地域包括ケアシステムについても周知されていない。
 地域包括ケアシステムを知ってもらうことが必要である。意見はたくさん出たが、誰が、という部分で自治会や民生児童委員というのはあるが、身近な近所の方たちにまず相談、見守りをしてもらい、民生児童委員に繋げ、次へ繋げると結論付けた。

kawawa_kondan10.jpg

<6グループ>
・何が地域の福祉に関連する問題・課題(困りごと)なのか、対象者がどんな人か分からない。
 →小単位での話し合いをつなぎ合わせれば、「地域ケア会議」の推進となるのではないか。
 →PR方法の工夫が必要。架空の個別事例で流れを説明するなど。
 →どの順番で誰に伝えるかなどのマニュアルがあればよい。
 →若い世代を巻き込んで、色々な考え方を提案すると良い。
・「地域ケア会議」は誰が招集して開くのか分からない。
 →問題を知った人・聞いた人は参加者であり当事者である。自分のことと考える。
・「地域ケア会議」や民生児童委員の役割を知らない人がいる。
 →民生児童委員の役割を知る機会を設ける。
・問題を持つ当事者の思いを知りたい。
 →一人暮らしの方向けの相談窓口を設けるのもよい。
 →当事者の意見をくみ取り、それを踏まえて地域で支援するのが良い。

kawawa_kondan11.jpg

3 グループ発表に関するコメント(川和地区連合町内会川上副会長)
 「地域ケア会議」、みんなで地域の福祉に関する困りごと(個別の問題・課題)を共有して、解決していこうという根本的なシステムですが、一部の役員しか参加していない、実際に身の回りに困った方がいないので分かり辛い等から、PR面でまだまだ体制の理解浸透は難しいと認識できました。

4 講評・まとめ(川和地区連合町内会久保会長)
「地域ケア会議」を初めて聞いた人も多かったのか、まだまだ「地域ケア会議」が浸透していないことがわかりました。川和地区で「地域ケア会議」を構築するに当たって、川和連合地域全体で始めるのは難しいので、まずは各町内会・自治会で作り、次に川和連合という順番を踏むことが望ましいようです。「地域ケア会議」の事務局は加賀原ケアプラザ、運営は町内会・自治会、との体制づくりを進めてきていますが、まだ準備段階なので、速やかな構築を進めていきたいと思います。
 地域における見守り声かけ活動を進めるには、町内会・自治会が主体となることが重要です。地域の福祉に関する困りごと(個別の問題・課題)の情報を収集するのは民生児童委員だけではなく、高齢者クラブなど様々な団体が抱える情報を集約し、それを町内会・自治会が必要な部署に繋げる仕組みを作っていかなくてはいけません。また、情報を収集するに当たっては、町内会・自治会の役員が進んでいろいろな会に参加し、直接聞くことが重要となります。細かい話を何度でも聞いていくのも重要なことです。
 見守り声かけ活動を実施している川和連合ふれあいたいの活動などが取り組みを進めている中で、なかなか情報が収集できないこともあります。「地域ケア会議」は、何かあったときにどこに連絡すればよいかがわかるようになっているので、「地域ケア会議」を浸透していくためにも川和地区連合町内会で「地域ケア会議」を啓蒙していきたいものです。
                                              
【参考】
グループ討議に入る前の自己紹介の中で下記の設問に回答してもらいました。地域ケア会議や民生児童委員の認知度は36%(参加数60名)と低い結果でした。また誰に繋げるかは、ケアプラザや民生児童委員との回答が多いようです。
kawawa_kondan12.png

posted by 都筑区社協 at 18:17 | 10 川和地区

2017年07月03日

荏田南地区シニアバスツアーが開催されました

荏田南地区社協会長
藤巻孝司

シニアバスツアー報告
恒例の地区社協主催のシニアバスツアーが6月29日(木)、
総勢85名(一般73名、スタッフ12名)、2台のバスで実施されました。

今回のバスツアーは、「意外と知らない横浜の街」と題して
@ 市民防災センターでの地震・火事の体験学習 
A歴史的建造物の中にある日本郵船歴史博物館見学
B中華街ではゆっくりオーダーバイキング昼食と買い物を楽しみ、
そのあとは
C横浜港マリンクルーズで港気分を満喫1時間というコースでした。

心配された空模様も皆さんの願いがかない、晴れの良い天気となり絶好のツアー日和となりました。
皆さんの協力を頂きながら事故なく、楽しい一日を過ごすことができました。

当日の様子です。

1号車.jpg

2号車.jpg

NYK.jpg

中華街.jpg

防災センター.jpg


シニアバスツアーに参加して
メゾン桜が丘 矢野健爾


▽横浜市民防災センターでは、昨年4月リニューアルオープンした地震シミュレーター、火災シミュレーター、減災トレーニングルーム、災害シアター等で指導員の解説付で体験学習しました。M7クラスの首都直下地震が、今後30年以内に約70%の確率で発生が予想されており、同施設での体験学習は、地震発生時の「身を守るための行動や、自助・共助の行動」の修得に役立つと実感しました。

▽日本郵船歴史博物館では、常設展「近代日本海運の黎明期から今日に至るまでを、日本郵船の社史を通して紹介」や、企画展「日本が運んだニッポンー客船時代のメニューデザイン」を見学。展示資料により、常設展では「明治維新以降の日本の海運史」について、また、企画展では「メニューデザインによる日本文化の海外発信」について、知見を広めました。

▽昼食は、善隣門近くの中華街大飯店3階の宴会席。「出来立てアツアツをお席で注文、ゆっくり食べ放題」とのこと。一行の中には、「130品食べ放題メニュー」に、悪戦苦闘する人もいたようです。

▽山下公園乗り場で、マリーンシャトル(総トン数764トン)に乗船。船から見上げる迫力満点の横浜ベイブリッジを航過し、横浜港への出入船舶の管制と市民の憩いの場を兼ねた横浜港シンボルタワーを右舷に見て、横浜航路から鶴見航路へ。次いで、鶴見つばさ橋や大黒大橋の下を航過し、山下公園乗り場に帰着。約60分の船旅でした。国際物流拠点・横浜港の活気溢れる景観を満喫しながら、束の間のクルーズ気分に浸りました。

▽「シニアバスツアーのお知らせ」に「今年のシニアバスツアーは、意外と知らない横浜の街」とありましたが、ツアー終了後の感想は、「意外と知らなかった横浜の街」でした。横浜市民防災センターでは「直下地震発生時の身を守るための行動や、自助・共助の重要性」を体験学習し、日本郵船歴史博物館では常設展や企画展を見学し、横浜港ではクルーズを体験するなど、「見て・学んで・体験した今年のバスツアー」に充実感を覚えました。このような充実感は、荏田南社協スタッフの皆様の熱意と好企画によるものと考えます。改めて感謝申し上げます。









posted by 都筑区社協 at 17:32 | 11 荏田南地区