2017年10月27日

第24回川和地区連合体育祭

平成29年10月8日(日)都田公園で第24回川和地区連合体育祭が行われました。
毎年多くの方が参加している川和地区連合体育祭ですが、今回も約500人の参加がありました。

この川和地区連合体育祭は川和地区連合町内会が主催し、第3期地域福祉保健計画の“であいが広まり、お互いにささえあい、地域の持つ力をわかちあえる地域づくり”の趣旨に沿って、『個々に活動している地域団体がお互いに交流を持ち、安全・安心なまちづくりのために活動の輪が広がること』を目的に、スポーツ推進委員、青少年指導員、さわやか普及委員が実行委員として、川和地区社会福祉協議会、民生児童委員、都筑消防団第一分団第二班、川和連合子ども会、川和中学校PTA、川和小学校PTA、川和東小学校PTA等の協力の下に毎年開催しています。

ここ2ヵ年は雨天のため体育館内開催。
今年は3年ぶりに青空のもとでの開催となり、子どもたちちのレクリエーションと異世代交流も兼ねていろいろな競技が行われました。川和地区社協も民生児童委員を中心とした役員は賞品の授与の係りとして参加しました。

▼プログラム
29kawawa_undou1.jpg

各町内会・自治会ごとに集合した後、総勢30名強の川和小学校鼓笛隊によるドリル演奏で会が幕開けされ、川和地区連合町内会会長・大会会長の挨拶の後、都筑区職員等の来賓の紹介がありました。

▼各町内会・自治会ごとの集合
29kawawa_undou2.jpg

▼川和地区連合町内会長・大会会長及び来賓の方々
29kawawa_undou3.jpg

前回優勝の川和台自治会の宣誓の後、競技が始まりました。

▼鈴割り
小学3年以下の参加で、鈴割りをしました。
29kawawa_undou4.jpg

▼みんなで駆けよう
未就学児を保護者の親子で駆けました。(写真はありません)

▼ベアでG30 競争
29kawawa_undou5.jpg

▼メディシンボール+じゃんけん
同じものを出しているのですが・・・
なかなか勝てないようです
29kawawa_undou6.jpg

▼みんなで踊ろうと川和中学校吹奏楽部の演奏
昼休みに、都筑音頭、ドラえもん音頭等4曲を皆で踊りました。総勢500名の大きな輪でした。また川和中学校吹奏楽部の演奏がありました。
29kawawa_undou7.jpg

▼消火リレー
さすが消防団の模範演技
でもみんなは慌てて旨く行きません。災害の時は落ち着いて・・・
29kawawa_undou8.jpg

▼綱取り
第1回戦は小学3年生以下、第2回戦は未就学児と60歳以上が参加しました。大きい力がある子供が勝つわけでなく1本負けても他に集中して勝てば総合で勝つ頭を使った競技です。応援に一生懸命で一番盛り上がっていましたので、写真はありません。

▼赤白玉入れ
未就学児、小学3年生以下と、60歳以上が参加しました。複数の玉を投げ入れていた方が勝ったようです。
29kawawa_undou9.jpg

▼綱引き
団体戦で町内会自治会から小学生5名、男性5名、女性5名の合計15名で勝負しました。
29kawawa_undou10.jpg

▼風船割り+パン釣り競走
個人参加の競技で、今年は来賓者も競技に参加して会場からは大きな声援が上がっていました。途中の風船割りとパン釣りの技量で勝敗が決まったようです。
29kawawa_undou11.jpg 29kawawa_undou12.jpg

▼地区対抗リレー
最高に盛り上がりを見せた競技です。最後は川和台が完勝でした。
29kawawa_undou13.jpg 29kawawa_undou14.jpg

▼閉会式
29kawawa_undou15.jpg

連合町内会体育部長・実行委員長の閉会の辞の後、優勝自治会・川和台に優勝旗・優勝杯が授与されました。おたのしみの抽選会を行い、解散となりました。今年は久しぶりの晴天で大空に向けて風船を飛ばしました。
29kawawa_undou16.jpg

来年も是非、晴天になりますように!!
posted by 都筑区社協 at 11:03 | 10 川和地区

2017年10月27日

第9回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成29年10月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第9回
【日 時】 平成29年10月17日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 23名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。

【今月のプログラム】
1)ミニ講義/「MCIは元に戻れるのか」佐藤 寛(認知症キャラバンメイト)
2)お楽しみコーナー「大正琴演奏」アンサンブルすみれの皆さん


 今月は、区役所から保健師さんと実習生がお見えです。
1)ミニ講義は、まずMCIの定義から入りました。日常生活に支障があるのかないのかという点では、困ったことに医師によっても定義は異なります。要するに「認知症者と健常者の間」ということ、で締めくくりました。
2)生活習慣を改善すれば効果はある、という前提で、
 A.生活習慣を改善する
 B.食生活を改善する
 C.運動で予防する
 D.回想法で予防する
 E.ゲームで予防する
 の5項目に分けて、コピーを配付しながら説明しました。
3)また日経新聞記事「英国ランセット誌」が聴力障害が最も大きな原因と書いたことを挙げて、注意を促しました。
4)お楽しみコーナーは「アンサンブルすみれ」の皆さんによる大正琴の演奏です。
 東京ラプソディ、丘を越えて、旅愁、里の秋、バラが咲いた、高原列車は行く、ラ・クンパルシータ、椰子の実、ローレライ、ダニューブ川の漣、花は咲く、の11曲でした。 このうち10曲は歌詞カードを配って、皆で楽しく歌いながらの演奏でした。
5)終わって机を並べてのワイガヤタイムです。お近くの方々と自由におしゃべりを楽しんでいただきました。お茶のポリフェノールは認知機能低下防止に役立つと「中島町研究」にもありました。
6)今月も、看護師・坂本さんとグループホーム夢観のスタッフに臨席いただきました。


次回は11月21日。ミニ講義は「老化を食い止め、認知症に遠ざかるために」。お楽しみコーナーは「オカリナ」演奏の予定です。

20171017_2902.JPG

20171017_2903.JPG

20171017_2904.JPG

20171017_2906.JPG

20171017_2907.JPG

20171017_2909.JPG

20171017_2910.JPG

20171017_2912.JPG

20171017_2913.JPG

20171017_2914.JPG
posted by 都筑区社協 at 10:10 | 11 荏田南地区

2017年10月25日

川和地区で夏祭り☆

川和地区では7/29日(土)の都筑ヶ丘住宅自治会と都筑が丘第二自治会、8/5(土)の川和町内会、8/12日(土)の川和団地自治会、8/19(土)の川和台自治会、8/27日(日)の二の丸自治会と毎週連続で盆踊り大会が開催されました。

しかし、本年度は雨・雨・雨・・・ 二の丸は室内のため天候の影響がないものの、唯一晴れたのが川和町の夏祭りでした。

町内会・自治会では、日中の晴れ間に子ども中心となって山車とお神輿を巡行しました。盆踊り会場での入魂式の後、地域防災隊の警備のもと暑いなか坂を上がったり・下がったり。思う存分汗を流し休息場でお茶の差し入れを受け、盆踊り会場に戻りました。

●川和町内会夏祭りは天候に恵まれ、盆踊りが実施されました。
29kawawa_matsuri1.jpg
▲川和町の盆踊り▲

●川和団地自治会夏祭りでは昼間の雨にもかかわれず、花火の際には晴れ間が訪れました。
29kawawa_matsuri2.jpg

▲晴れの合間の川和団地の花火▲

●川和台自治会では昼間の御輿や屋台販売では晴れていたのに、盆踊りが始まる頃から大雨で停電も発生しました。
29kawawa_matsuri3.jpg
▲土砂降りの中の川和団地のテント軍▲

●残念ながら余興の後の雨で都筑ヶ丘住宅自治会の夏祭り及び盆踊りの最中の雨で都筑が丘第二自治会夏祭りの写真はありません。
しかしながら、各受付では川和地区社会福祉協議会の会長・副会長・事務局、川和地区連合町内会の会長・副会長及び川和地区各町内会・自治会の役員が訪れ、お神酒を頂きながら懇談に華が咲いていました。

●「川和連合ふれあいたい」は活動内容の理解を深め、利用希望者・登録会員の輪を拡げるPR活動のために、各夏祭り会場で、「川和連合ふれあいたい」旗を掲げました。パンフレットの配布もしましたが、皆さんは盆踊りや出店に目を奪われて今一の人気でした。川和台自治会ではさらなる親睦のために、登録会員や事務局が中心となり“和牛焼き肉”、“かき氷”等を出店し大好評を得ました。

29kawawa_matsuri4.jpg 29kawawa_matsuri5.jpg

posted by 都筑区社協 at 11:39 | 10 川和地区

2017年10月25日

川和地区で、年末たすけあい募金(見守り活動)事業助成 助成団体への交付式が行われました。

 平成29年10月9日(祝)川和町内会集会所にて、平成29年度年末たすけあい募金(見守り活動)事業助成に基づき、川和地区での福祉関連の円滑なボランティア活動、見守り活動、また高齢者の孤立を防ぐための見守り活動など、川和地区内の団体に川和和地区社会福祉協議会より助成金を交付しました。

川和地区社会福祉協議会会長からは、各種イベント等の取組に関してはその助成金の有効活用をお願いしますとの話がありました。
 引き続き「本年度の活動計画」等について、交付された各団体と地区社会福祉協議会で意見交換がされました。

kawawa_nenmatsu1.jpg

29年度の見守り活動事業交付団体はコチラ

川和地区での見守り訪問活動の現状について

統計資料から、川和地区の人口はここ15年ほど約1万2千人と微増で推移しています。人口の増加地域は港北ニュータウン開発が行われた川和台及び二の丸が中心です。一方、世帯数が増加しているため、1世帯当たりの人口は地域全体で2.4人と年々少数化しています。
働き盛りの15〜65歳が63%を占めています。これは都筑区全体の70%より低い結果となっています。川和町の人口構成は高齢化が進行し、 65歳以上の人口割合は23%を占めています。これは都筑区全体の15%に比べ非常に高い結果です。平成22年に実施した“そなえ”に関するアンケート回収率67%の結果から、一人暮らしの高齢者の人口割合は全世帯の10%となっています。
今後、高齢者、特に一人暮らし世帯への対応が課題となることは明らかです。

kawawa_nenmatsu3.jpg

基本、見守り声かけは隣・近所で行うと考えられていました。しかしながら、昨今隣・近所の関係が希薄になってきています。このような中で、民生児童委員が訪問・相談、お楽しみ会等のサロン活動を行っております。また川和地区内にある5つの高齢者クラブの友愛活動員が見守り活動やサロン活動を行っています。更に、平成26年発足したボランティア組織・川和連合ふれあいたいが見守り・声かけ活動を行っています。
kawawa_nenmatsu4.jpg

川和地区社会福祉協議会は、民生児童委員、高齢者クラブ友愛活動及び川和連合ふれあいたいの見守り・声かけ活動及びサロン活動に金銭面を中心に支援しています。

kawawa_nenmatsu5.jpg

見守り声かけ活動の課題・問題の解決は、関係者団体や行政に繋ぐことも含め民生児童委員が担っています。単に民生児童委員に任せるだけでなく住民一人一人が民生・児童委員に連絡できる仕組み作りが大切です。具体的な仕組みとして、まずふれあいシートの必要事項を纏め、民生児童委員に伝えます。そして、地区で課題解決の会議である地域ケア会議を開催します。
kawawa_nenmatsu6.jpg




posted by 都筑区社協 at 11:07 | 10 川和地区

2017年10月20日

第8回“えだみなみの歌声”が開催されました

 9月19日(火)、先月お休みしたので、2ヶ月ぶりの「歌声」です。
今月の出席者は15名。若い方も来てくださいました。

9月のプログラム。今月は旅をイメージする曲が多いです。

♪赤い靴
♪汽車
♪汽車ぽっぽ
♪待ちぼうけ
♪サンタルチア
♪エーデルワイス
♪ブルーライトヨコハマ
♪遠くへ行きたい
  この曲を歌ったジェリー藤尾さん、以前、近くのお医者さんによく来ていたそうで、目撃者多数。
♪鉄道唱歌
  全部歌ったら66番まであるので、10番の横須賀まで。
♪椰子の実

ここで休憩。冷たいお茶とお菓子をいただきながらおしゃべり。

20170919_110310.jpg

20170919_111210.jpg

ストレッチの後「真っ赤な太陽」を歌いながら、前後左右に踊ってみました。楽しい(^^)

♪四季のうた
♪見上げてごらん夜の星を

♪若い広場
ここでまあちゃんの弾き語り。NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌です。

20170919_102544.jpg

♪いつでも夢を
♪365歩のマーチ

9月23日(土・祝)の荏田南文化祭で歌う曲の練習。
「四季のうた」「遠くへ行きたい」「見上げてごらん夜の星を」をもう一度。

20170919_102531.jpg

♪ふれあい丘の街


次回は10月17日(火)10時から荏田南一丁目自治会館で行います。
posted by 都筑区社協 at 09:17 | 11 荏田南地区

2017年10月20日

第41回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(10/3)

運営委員代表の小泉です。
気温は少し高めですが爽やかな秋晴れでした。
今日のお客様は、
葛が谷ケアプラザの中野さん・区役所高齢障害支援課の中澤さん・横浜創英大学看護学科の学生さん2名・とんとん鈴木さん、近くの認知症対応型通所介護「デイサービス絆縁(きずなえん)」の介護スタッフ南さんでした。
◆ミニ講座の講師は、長谷工シニアホールディングスの牧野さん・ヒュッテ荏田南の岡田さんで、
お二人のよる「高齢者向けの住まいと特徴」などお話しいただきました。
有料老人ホーム、グループホーム等の説明の後、
長谷工シニアホールディングスとヒュッテ荏田南の説明をしていただきました。
質問も多く、予定時間をオーバーしましたが、理解しやすい内容でした。
ワイガヤタイムは看護学科の学生さんもお手伝いいただき、お茶とお菓子をいただきました。
◆お楽しみコーナーは、東山田で認知症カフェ「さわやかハーモニー」を運営している本庄さんのウクレレと吉川さんの歌でみんなで合唱です。
初恋の朗読から始まり・リンゴの歌・知床旅情・あざみの歌・湖畔の宿・有楽町で逢いましょう・ふるさと・四季の歌を合唱しました。
本庄さんから、弦楽器の説明があり、最小弦楽器は二胡で最大弦楽器は47弦のハープだそうです。
◆最後に、いつもの「ふれあい丘の街」を合唱し、和やかな雰囲気の中、解散しました。
※「ふれあい丘の街」の歌で参加した荏田南文化祭の様子はこちらで見られます。
http://edaminami.webyoko.com/2017/10/post-645/

IMG_0996 (640x480).jpg

IMG_0997 (640x480).jpg

IMG_0998 (640x480).jpg

IMG_0999 (640x480).jpg

IMG_1001 (640x480).jpg

IMG_1002 (640x480).jpg

IMG_1004 (640x480).jpg

IMG_1012 (640x480).jpg

IMG_1015 (640x480).jpg

IMG_1017 (640x480).jpg

IMG_1020 (640x480).jpg

IMG_1022 (640x480).jpg

IMG_1023 (640x480).jpg





posted by 都筑区社協 at 09:09 | 11 荏田南地区

2017年10月11日

赤い羽根共同募金の街頭募金のお願いを行いました!

赤い羽根共同募金の活動は、町の人のやさしい気持ちを集める活動です。あなたのやさしさが、あなたの声かけが、あなたの行動が、きっと、町を変えていくはじめの一歩となるはずです。もっと、もっと、良い町になりますようにとの理念のもとに募金を行っております。赤い羽根共同募金は募金ボランティア等全国で多くの方々の協力によって成り立っています。

10月1日(月)、川和地区民生児童委員協議会の有志でふれあいの丘駅前で赤い羽根共同募金の街頭募金運動を行いました。
途中都筑区長および福祉保健センター担当部長、都筑区社会福祉協議会会長および事務局長が激励に来られました
29kawawa_bokin1.jpg

▼ふれあいの丘駅前での街頭募金のお願い
29kawawa_bokin2.jpg

29kawawa_bokin3.jpg

29kawawa_bokin4.jpg






posted by 都筑区社協 at 10:24 | 10 川和地区

2017年10月11日

川和連合町内会の各町内会・自治会で敬老のお祝いイベントが開催されました。

         29kawawa_keirou1.jpg

川和地区では9月10(日)に川和台自治会で、また9月18日(祝)に川和町内会で敬老のお祝い会が開催されました。
また川和団地自治会、都筑ヶ丘住宅自治会、都筑が丘第二自治会及びで二の丸自治会で敬老のお祝いの品が対象者にお届けされました。
川和地区社会福祉協議会ではお健やかにお過ごしをと祈願してお祝いをしました。

川和小学校では川和町会長挨拶に引き続き、来賓として川和小学校長が祝辞を述べた後、講演、踊り等の日ごろの芸の披露が行われました。
川和町内会の敬老会の様子をご覧ください。

29kawawa_keirou3.jpg 29kawawa_keirou4.jpg
▲会場川和小体育館入口でのお迎え▲    ▲来賓の方々▲

29kawawa_keirou5.jpg  
▲1部司会の高橋川和町内会福祉部長▲   

29kawawa_keirou6.jpg
▲ステージ前で柳下則久川和町内会副会長の開会の言葉▲

29kawawa_keirou7.jpg  
▲主催者の前田和廣川和町内会会長の挨拶▲  

29kawawa_keirou8.jpg
▲来賓代表の田中公明川和小学校長の挨拶▲

29kawawa_keirou9.jpg  
▲「認知症」について講演する小野昌代加賀原地域ケアプラザ地域包括センター主任介護専門員▲ 

29kawawa_keirou10.jpg
▲岩澤清川和壽会会長の乾杯の発声▲

29kawawa_keirou11.jpg
▲2部司会の倉田/鮫嶋川和地区民生児童委員/川和町婦人会▲

29kawawa_keirou12.jpg
▲宿囃子連(代表城所照雄)によるお囃子▲






posted by 都筑区社協 at 10:11 | 10 川和地区

2017年10月04日

川和地区社会福祉協議会主催の出前講座が開催される!!

2017年9月23日

9月23日(土)、川和地区社会福祉協議会主催の加賀原ケアプラザによる『認知症について』の出前講座が開催されました。
物忘れと認知症の違いは?
認知症の予防を知っている?
認知症の方のケアは?
みんなで認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守り、対応するための講座でした。
今回の合同研修会には39名の方が参加され認知症に関する関心度が高いことが伺えます。

kawawa_kenshu1.jpg
▲川和地区社会福祉協議会会長の挨拶

kawawa_kenshu2.jpg
▲加賀原地域ケアプラザの方々

kawawa_kenshu3.jpg
▲会場の様子

研修の後に、質疑応答、認知症カフェ情報等があり終了しました。

出前講座の概要
kawawa_kenshu4.jpg
kawawa_kenshu5.jpg
kawawa_kenshu6.jpg
kawawa_kenshu7.jpg
kawawa_kenshu8.jpg
kawawa_kenshu9.jpg
kawawa_kenshu10.jpg
kawawa_kenshu11.jpg
kawawa_kenshu12.jpg

川和町、川和台、二の丸に近い認知症カフェの案内

川和町、川和台、二の丸に近い認知症カフェはコチラ

認知症カフェとは、認知症の人と家族が出向き、お互いの介護生活をオープンに話すことで地域での助け合いが生まれる場です。お気軽にお出かけ下さい。



posted by 都筑区社協 at 19:36 | 10 川和地区

2017年10月04日

介護老人保健施設若葉が丘で夏祭り

介護老人保健施設若葉が丘で8月27日(日)に夏祭りが開催され、川和地区民生児童委員及び川和連合ふれあいたいの有志でお手伝いをしました。

これは、今年の5月に川和地区民生児童委員及び川和連合ふれあいたいの有志で施設内の見学をした際の意見交換の場で、夏祭りお手伝いの依頼があり、お受けし、実現したものです。

介護老人保健施設若葉が丘は川和地区民生委員が運営しているリハビリ教室の設立に大きく関わり、毎月のリハビリ教室では看護師さん等が手伝って頂いています。
さらに今年度より、介護老人保健施設若葉が丘の運営団体である医療法人社団・若葉会が川和地区社会福祉協議会の評議員に選任されたことで、より一層関係を深めていきたいと考えています。

▼介護老人保健施設若葉が丘で夏祭りの案内です。▼
kawawa_masturi1.jpg

阿波踊りやスイカ割りなど、趣向を凝らしたイベントで施設に通っておられる方やご家族が楽しそうにしておられました。また我々がお手伝いをした演芸や模擬店などでもとても喜んでいただきました。
模擬店のテントは都筑が丘第二自治会からお借りしたもので、地域と介護老人保健施設若葉が丘が密着していることが伺えます。

kawawa_masturi2.jpg kawawa_masturi3.jpg

kawawa_masturi4.jpg kawawa_masturi5.jpg

kawawa_masturi6.jpg kawawa_masturi7.jpg

ほっと一息!!
お疲れさまでした。
お手伝いして頂いた方々ありがとうございました。
▼お開きの後の集合写真
kawawa_masturi8.jpg







posted by 都筑区社協 at 19:05 | 10 川和地区