2018年03月27日

第14回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成30年3月の実施報告


【件 名】 『どんぐりカフェ』第14回
【日 時】 平成30年3月20日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 33名(体操をするには会場がたいへん狭く感じました)
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。
 今月は初めての「認知症専門医」の登場です。
【今月のプログラム】
1)講義/「認知症になる前に準備しておくこと」
 IMSグループ江田記念病院 精神科 安嶋京南(あじま きょんなん)医師。女性
2)健康体操/ストレッチ 荒堀さん
3)お楽しみ/「春の歌」シリーズ 広井 顕真さん


【今月の進行】
1)「医師を派遣します」との連絡が、病院地域連携室からあったのは1週間前の3月14日。諦めてDVDの準備に入っていただけに、ちょっとだけ大慌て。急遽、チラシ100枚を作成して会場近隣の高齢者宅に手配りしました。
安嶋医師は、精神科のしかも認知症専門医。物忘れ外来を担当しています。物忘れ外来は混んでいて予約がとれるのは2カ月先とのこと。スライドを使って認知症の説明をして下さいました。・認知症を予防しましょう、・現状を把握しましょう、・環境調整・準備をしましょう、の3項目に分けて話してくださいました。今話題の運転免許も、認知症が始まってからでは本人がやめることはできないので、自分の意思がはっきりしているうちに返納することが大切だというお話でした。「認知症は認知症であるという意識がない」というまとめは、当たり前といえば当たり前ですが、たいへん強烈でした。
 たいへんわかりやすいお話でした。
 レジュメが足りなくなって、慌ててコピーしました。
2)荒堀さんは、葛が谷地域ケアプラザで養成された運動指導者です。80歳代90歳代の参加者もできるよう、着席を中心として、身体各部のストレッチを30分間にわたって指導してくださいました。これから毎月、指導していただきます。楽しみです。
3)今回も2時間タップリギチギチのプログラムです。前回同様、ここで机を出してお茶とお菓子を提供しました。語り合いの時間がなくなってしまいました。
 最後のお楽しみコーナーは広井顕真さんのギターで「春の歌」特集です。参加者のみなさんは、いつの間にか小声で合唱していました。いい選曲でした。曲名は、ふるさと/おぼろ月夜/隅田川/襟裳の春/北国の春、など約9曲。せっかくの機会でしたが、時間が押していて30分きっちりしかとれなかったのが残念でした。
次回の6月は「夏の歌」。45分取るという約束をしました。そして数曲はみんなで歌います。

 次回は4月17日(第三火曜日)13時半〜。ミニ講義は昭和大学横浜北部病院の、認知症看護専門看護師の佐藤さんのお話です。お楽しみコーナーはコカリナの演奏です。間には荒堀さんのストレッチ体操を挟みます。
 4月から新年度入りですが、今後とも認知症予防と参加者の体力維持に努めてまいります。                                  (佐藤)

20180320_3156補.jpg

20180320_3157JPG補.jpg

20180320_3158.JPG

20180320_3159.JPG

20180320_3163.JPG

20180320_3166.JPG

20180320_3170.JPG

20180320_3171.JPG

20180320_3174補.jpg

20180320_3177.JPG
posted by 都筑区社協 at 12:09 | 11 荏田南地区

2018年03月27日

第46回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(3/6)

◆第46回荏田南地区認知症&予防カフェ 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。(3/6)
代表 小泉雅二

今回のお客様です。
都筑区役所から畑澤区長・副区長・高齢支援課長・係長・担当者の
5名が参加くださいました。区長は就任直後の2015年5月の
カフェにも来ていただいており、2回目です。
また葛が谷CPから、中野さん・明間さん。
ヒュッテ荏田南の岡田さんも来てくださいました。
(岡田さんは世田谷の方に転勤になるとのこと。次回後任者と来ていただける予定です。)

◆今日のミニ講座は山根越夫さんによる「若年性認知症の家族として経験したこと」です。
大阪で生まれ、京都で育ち(京都府立医科大学卒業)、神戸で仕事。まさに三都物語だそうです。学生時代は東大紛争直後で、授業ではなくデモに参加。神戸で就職直後は、山一抗争 (1984年(昭和59年)8月5日から1989年(平成元年)3月30日にかけて山口組と一和会の間に起こった暴力団抗争事件。)に巻き込まれ病院全体が血の海に染まったとのこと。
その後、1995年(平成7年)1月17日の阪神淡路大震災に遭遇。病院は無事であったが、大勢の救護者の世話を行ったようです。そののち、奥様の様子の変化に気が付き始めました。そのため、福島猪苗代のホテルの病院に移動。奥様は認知症の症状がはっきりしてきました。
2011年(平成23年)3月11日の東日本大震災の際には、ホテルが福島県双葉町の避難所となり、800名の被災者の世話をなさったそうです。
奥様の看護で、息子さんが近くにいるため平成25年12月に葛が谷に移転。
移転後も奥様の徘徊などご苦労があったようです。現在奥様は区内のグループホームにいらっしゃいます。
上記自己紹介の後、認知症の基礎知識をお話いただき、家族としてのまとめとして、
・症状が多彩である。正常な時がある。
・家族としては、症状の発現頻度が少ない時は認知症とは考えたくない。
・初めは記憶障害がはっきりしないことがある。
・うつ病?更年期障害?アルコール依存症?などと診断されることがある。
・同居人以外の人には正常に見せようとするので、第三者には理解されにくい(取り繕い反応)
・自覚がないので受診を拒否する。もし、幸運にも本人が受診する気になったら即、受診すべし!
・症状の記録(いつ頃、どんな変化?)を持参する。

やっておくべきこと
・情報を1本化(銀行・保険・不動産などの財産他)
・各自エンディングノートを作成
・家事をマスター
・情報の共有(親族・友人・近所など)
等の有意義なお話をして頂きました。

◆区長が公務の為、退席されました。
区長は3月で定年とのことで、ほほえみ交流カフェスタッフから
寄せ書きの色紙をお渡しさせて頂きました。

◆山根先生のお話が終わって、ワイガヤタイム。
お茶とお菓子を頂きました。

◆お楽しみコーナーは大丸在住の岡村さんによる「脳トレ&運動」です。
足を動かしながら手も動かしたり、頭(脳)も動かしたり。
体を動かした後は、鉛筆を使って脳トレ。
半分隠れた数字を順番に消していく。
重なったひらがなをみて単語を読んでいく。
6つの間違い探し。など一部宿題になりましたが、体と脳を活性化。

◆最後はいつもの「ふれあい丘の街」の合唱。
当日の様子です。

IMG_0172.JPG

IMG_0183.JPG

IMG_0191.JPG

IMG_0205.JPG

IMG_0212.JPG

IMG_0216.jpeg

IMG_0220.JPG

IMG_0226.JPG

IMG_0236.jpg

IMG_0238.jpg

IMG_0241.jpg

IMG_0244.jpeg

IMG_0247.jpg

IMG_0249.jpg

IMG_0252.jpg

IMG_0260.jpg

IMG_0264.jpg

IMG_0265.jpg

IMG_0266.jpg

IMG_0267.jpg
posted by 都筑区社協 at 11:55 | 11 荏田南地区

2018年03月15日

第13回“えだみなみの歌声”が開催されました

2月20日(火)今日はいいお天気です。
参加者は16名。初めての方もいらっしゃいました。

今月のプログラム
♪冬の星座

ここで体操です。
まずはお口の体操。
その後、あちこち伸ばして、「高原列車は行く」に合わせて自由にステップ!

♪雪山賛歌
♪かなりや
 「唄を忘れたかなりやは〜」4番だけメロディが違うんですね。
♪高原列車は行く
♪村の鍛冶屋
♪どこかで春が
♪こきりこ節
 富山の民謡です。
♪アルプス一万尺
 お隣さんと手遊びしながら歌います。地方によって、微妙に手遊びが違うようです。

20180220_104917.jpg

♪線路は続くよどこまでも

ここでお茶タイム。
今日はロールケーキと紅茶です。

♪老後は続くよいつまでも
 「線路は続くよどこまでも」の替え歌です。
♪津軽海峡冬景色
 みなさん、熱唱。伴奏の響子さん、間奏入れることができませんでした(^^;

20180220_100948.jpg

♪ステンカ・ラージン
♪早春賦
♪北酒場
♪春一番
 キャンディーズの名曲です。まあちゃんのリクエストでした。
♪うれしいひなまつり

♪ふれあい丘の街
20180220_100915.jpg

次回は3月20日(火)10時から荏田南1丁目自治会館で行います。参加費は200円です。
posted by 都筑区社協 at 08:57 | 11 荏田南地区

2018年03月09日

第13回“どんぐりカフェ”が開催されました

どんぐりカフェ』平成30年2月の実施報告


【件 名】 『どんぐりカフェ』第13回
【日 時】 平成30年2月20日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 26名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。
 今月は開設1年目にあたる記念すべき会です。
【今月のプログラム】
1)講義/「医師の妻が若年性認知症になった・・・」山根越夫さん(医師)
2)健康体操/笹川さゆりさん(理学療法士、健康運動指導士)
3)ハーモニカとギターのひととき/城所辰男さん、小泉雅二さん


【今月の進行】
 当カフェも設置してちょうど1年目。1回目が、城所さんの奥さんが認知症になったその介護の話からスタートしたので、ちょうど1年目にやはり配偶者の介護の話に戻ってきました。
1)山根さんはもともと京大卒の外科医。阪神淡路大震災のころは社会保険神戸中央病院の外科部長・副院長でした。奥様はこのころ発症なさいました。その介護のために病院を辞めて福島の診療所へ異動なさったら、今度は東日本大震災に遭遇。そしてご子息の居住する都筑へ転居なさいました。奥様は現在も会話がきちんと可能な状態です。適切な看護と介護の重要性を示しています。スライドを使って認知症の説明をして下さいました。
たいへんわかりやすいお話でした。
2)笹川さゆりさんは、理学療法士・健康運動指導士として広いエリアで活躍中です。1昨年の体力測定の際に同行して来てくださっていました。健康増進・体力保持は重要です。今回はヤワヤワに膨らませた中くらいの大きさのゴムボールと座っているイスを使っての体操です。巧みな説明で、多くの方が魅了されました。特に膝の痛み防止を重点にしていただきました。さすが第一線で活躍中のプロですねという感想でした。
3)今回は2時間タップリギチギチのプログラムです。ここで机を出してお茶とお菓子を提供しました。
 最後のお楽しみコーナーは城所辰男さんのハーモニカ、そして『ほほえみ交流カフェ』代表の小泉雅二さんがギター伴奏をつけてくださいました。曲名は、ふるさと/四季のうた/星影のワルツ/青い山脈/憧れのハワイ航路/荒城の月/赤い靴/夕焼け小焼け/男は辛いよ、の9曲でした。
今月もケアプラザとグループホーム夢観からスタッフが揃いました。当事者の方もお見えでした。また、この際、ケアプラザに相談したいという案件もありました。
 そしていつもの町内のスタッフの皆さん、ありがとうございました。

 次回は3月20日(第三火曜日)13時半〜。DVD(アニメ)による当事者への接し方学習と、広井顕真さんの「春の歌」特集です。間には荒堀さんのストレッチ体操を挟みます。本年も会員の寝たきり防止/健康寿命増進のため、認知症予防と体力維持に努めてまいります。                             (佐藤)
20180220_3111.JPG

20180220_3124.JPG

20180220_3126.JPG

20180220_3132.JPG

20180220_3136.JPG

20180220_3134.JPG

20180220_3137.JPG

201802201_3113.JPG

20180220_3138.JPG

posted by 都筑区社協 at 09:26 | 11 荏田南地区

2018年03月05日

川和地区連合町内会の家庭へIKEA港北からLED電球寄贈

平成27年9月、横浜市とイケア・ジャパン鰍ヘ、環境と調和した持続可能な社会をめざしていくことを目的に連携協定を締結し、連携して省エネルギー対策を推進しています。IKEA港北は都筑区に立地しており、これまでに都筑区役所と連携し、いろいろな事業を展開していますが、家庭へのLED電球寄贈は平成27年度の都筑区の勝田団地から始まり、これまで、約5,200個を寄贈いただいています。

*イケアグループは、「よりサステナブルな暮らしの提案」、「資源とエネルギーに依存しない事業運営」、「人々とコミュニティーに、より快適な毎日を届ける」の3つのテーマに焦点をあて、より持続可能な環境と社会の実現に取り組んでいます。
今回、提供を受けたのは川和地区連合町内会で、第三期川和地区福祉保健計画に沿った民生委員・児童委員の活動を補完する「川和連合ふれあいたい」の活動をついて評価を受けたもの考えております。

*「川和連合ふれあいたい」は平成26年に発足し、連合町内会や地区社協等と連携しながら、高齢者、障害者、子ども(子育て)など支援が必要な人を見守り声かけ・登録会員(約50名のボランティア)が見守り・声かけしています。


LED電球の配布先は6町内会・自治会の高齢者の人口按分で振り分けますが、「川和連合ふれあいたい」及び民生・児童委員が行っている要援護者には優先的に配布します。なお、民生・児童委員は、川和地区民生児童委員協議会の所属しており、ふれあいの丘地区も含まれております。
2月23日に川和連合集会所で畑澤都筑区長、小幡IKEA港北人事部長、久保川和地区連合町内会会長、立元川和連合ふれあいたい運営委員長、及び都筑区・IKEA港北・川和連合町内会関係者の臨席で横浜市・山形温暖化対策統括本部担当課長の司会で贈呈式が開催されました。

kawawa_LED1.jpg

小幡IKEA港北人事部長から久保川和地区連合町内会会長へLED電球500個が贈呈されました。

kawawa_LED2.jpg

久保川和地区連合町内会会長から「川和地区は都筑区内で2番目に高齢化比率が高く、LED電球の配布が「川和連合ふれあいたい」の各戸訪問に手助けに成り、見守り・声かけで発生した課題・問題点を討議する「つながり♡ねっと」にも寄与できることを期待しています。」との挨拶がありました。

畑澤都筑区長から「IKEA港北とはいろいろな事業で協力いただいております。また川和連合町内会では見守り声かけ活動で「川和連合ふれあいたい」が活発に活動されております。今回LED電球が省エネの見地のみならず、見守り・声かけの一助になる上に、交換頻度が少ないことから高齢者の安全に寄与し、非常に有用だと考えています。」との挨拶がありました。

kawawa_LED3.jpg

引き続き、小幡IKEA港北人事部長からは「持続可能な環境と社会の実現に向け、イケアグループはサステナビリティをビジネスの重要な戦略と捉えています。横浜市とのLED寄贈の取り組みはその一環であり、ぜひ地域の皆さまには寄贈のLED電球を有効に利用して頂きたいです。」との挨拶がありました。
贈呈式の参加者での記念撮影にて中締めとなりました。

kawawa_LED4.jpg

この後、対象家庭を訪問し、LED交換作業を行いました。

kawawa_LED5.jpg

kawawa_LED6.jpg
posted by 都筑区社協 at 20:55 | 10 川和地区

2018年03月05日

川和連合ふれあいたい・川和地区社会福祉協議会の研修会開催!!

2月7日(水)、川和地区社会福祉協議会役員(含む川和地区民生児童委員)の研修会が開催され、センター北のショッピングタウンあいたい5Fにある『Popola(ポポラ)』及び仲町台のビュロー仲町台204号室にある『特定非営利活動法人 都筑むつみ会』を訪問しました。

今回の研修会には30名の方が参加し、それぞれの施設でその概要の説明を受けた後、内部の見学をしました。


○『都筑区子育て支援センターPopola(ポポラ)』

▼岡澄子センター長からの説明の様子
kawawa_29kenshu1.jpg kawawa_29kenshu2.jpg

Popola(ポポラ)は…


kawawa_29kenshu3.jpg

妊娠中の方とその家族、そして就学前の子どもとその保護者が気軽に立ち寄り、自由に過ごせる子育ての休憩所のようなところで、常駐の職員さんが運営しています。
なお、川和地区には同様の自主活動として、『赤ちゃん会』、『遊びの広場』や『かわわ☆わ〜い』があります。

☆子育てひろぱ
・ 初めてでも一人でも入り易く、安心して自分らしく過ごせる空間です。
・ コミュニティルームでは「2〜3歳児の時間」「障がいのある子の遊び場」を毎月開催しています。

kawawa_29kenshu4.jpg

☆子育て情報の提供
・ 情報サロンを設置しています。
・ ホームページのリニューアル、ツイッター等を活用し、来所困難な方も情報を入手できるようにしています。
・ 妊娠期子育て情報提供のため、両親教室等でポポラ紹介をしています。
kawawa_29kenshu5.jpg

☆横浜子育てサポートシステム 都筑区支部事務局
・ 地域で、子どもを預けたり預かったりすることで、人と人とのつながりを広げ、地域ぐるみで子育て支援するための会員制システムです。
・ 安心して活動できるよう丁寧な対応をしています。

kawawa_29kenshu6.jpg

☆子育て支援のネットワークづくり
・「つづき子育てネットワーク会議」「ネットワーク交流会」を中心に、地域で子育てサロン、公園あそび、子育てカレンダー作りなどを行っています。
・転入者の仲間作りイベント「あつまれ〜都筑のニューフェイス!」を開催し、身近な地域デビューの場を作っています。
・青空フェスタ、こどもみらいフェスティバル、区民まつりへの参加等他機関との共催事業等を行っています。
・川和地区では「かわわ☆わ〜い」のサポートをしています。


➽岡澄子センター長からお願いがありました。
● 子育てひろぱの紹介と利用の推進
● 横浜子育てサポートシステムの提供会員(子ども預かりボランティア)の応募の推進


都筑区子育て支援センターPopola
横浜市都筑区中川中央1−1−3
ショッピングタウンあいたい5F
tel:045-912-5135(代表)
fax:045-912-5160
e-mail:hello@popola.org
URL: http://popola.org/


○『特定非営利活動法人 都筑むつみ会』
▼都筑むつみ会での有路由紀子所長から説明と見学の様子

kawawa_29kenshu8.jpg

▼手作業により創作された革製のグッズ
kawawa_29kenshu9.jpg

都筑むつみ会は…
脳血管疾患等の後遺症により麻痺・高次脳機能障害等の障がいをもった方の、機能維持・機能向上や、社会で生活できるために必要な健康管理・生活の自立・仲間作り・地域との交流などを支援します。定期的に通所して生活の自立をめざす方の中途障害者地域活動センターと、退院直後の方やリハビリに自信のない方のための、リハビリ教室があります。主体的に活動しようと思っている方、ちょっと気になる方、見学にいらしてください。
なお、川和地区には民生委員・児童委員が運営する同様の活動として『リハビリ教室』があります。加賀原ケアプラザや医療法人社団 若葉会にも運営に協力いただいています。

kawawa_29kenshu10.jpg

☆中途障害者地域活動センター 都筑むつみ会
※利用できる方
・脳血管疾患の後遺症などがある方
・おおむね40歳〜69歳の方
・主体的に活動しようとする気持ちのある方(通所に不安のある方はご相談ください)
※活動時間
・月曜〜金曜(週5日)10時〜15時30分
・休日 土・日・祝日・夏季・年末年始
※利用者負担金
・月額 2000円(活動内容により別途費用がかかることがあります)

kawawa_29kenshu11.jpg

☆都筑リハビリ教室
※利用できる方
・脳血管疾患の後遺症などがある方
・おおむね40歳〜69歳の方
※活動内容(無料)
・障害の受容・身体機能維持・言語機能改善等
※活動時間
・リハ教室 毎月第1 ・ 2・3・5火曜日
・言語教室 毎月第4火曜日

kawawa_29kenshu12.jpg

〒224−0041
横浜市都筑区仲町台1−7−18
ビュロー仲町台 204号室
TEL  045−944−4997
FAX  045−509−1444
ホームページhttp://mutsumi.life.coocan.jp/

➽有路由紀子所長からお願いがありました。
● 中途障害者地域活動センター/リハビリ教室の紹介と利用の推進
● 創作されたグッズの購入(今回は沢山の購入ありがとうございました)


▼見学終了後、昼食を取りながら参加者の意見交換の様子
kawawa_29kenshu13.jpg

▼川和地区社会福祉協議会会長の挨拶
kawawa_29kenshu14.jpg








posted by 都筑区社協 at 20:45 | 10 川和地区