2018年05月11日

川和地区で、「赤ちゃん会」が開催される!

4月9日(月)、都筑ヶ丘住宅自治会館で、都筑区福祉保健センターこども家庭支援課主催の「赤ちゃん会」が開催されました。
赤ちゃん訪問から赤ちゃん会への流れを大切に、お母さんと赤ちゃんが安全に、楽しく過ごせるサロン開催を目的としています。

 川和ふれあいの丘地区保健活動推進員やラッコの会(子育て支援ボランティアグループ)を中心としたスタッフが、季節の行事を織り交ぜて、お母さんと赤ちゃんの憩いの場を提供しています。
 お母さんは保健士さんに悩みを相談したり、ゆっくりとスタッフの話を聞いたり、ママ友と楽しくおしゃべりしたりと有意義な時間を過ごしています。ふんわりとした雰囲気の中、みんなが楽しめる会です。

kawawa_akachan1.jpg
▲自家用車です

kawawa_akachan2.jpg
▲約8組の赤ちゃんとお母さんが参加してくれました!!

kawawa_akachan3.jpg
▲区・小宮山看護師による歯の手入れについての講義と歯磨き講習です。

kawawa_akachan4.jpg
▲歌に合わせて保健活動推進員、ラッコの会等のスタッフによる寸劇も披露されました。

kawawa_akachan5.jpg
▲5月の単語の節句に向けスタッフの方々が用意した手作りの兜

kawawa_akachan6.jpg
▲端午の節句の唄を歌いました。

「赤ちゃん会」は毎月第2月曜日10時〜11時15分に都筑ヶ丘住宅自治会館にて年12回開催しています。
kawawa_akachan7.jpg

posted by 都筑区社協 at 13:52 | 10 川和地区

2018年05月11日

「川和地区リハビリ教室」が開催される!!

平成30年4月5日(木)、川和地区福祉会館で川和地区福祉協議会及び川地区民生・児童委員協議会主催の「川和地区リハビリ教室」が開催され、対象者14名、民生児童委員10名、若葉が丘(つづき病院)2名、加賀原ケアプラザ1名、そまやまの里ケアマネ1名の28名が出席しました。

今月はテーマ”お花見”です。
お茶、お弁当、柏餅等の準備し、つづき病院・三島看護師が血圧測定・健康診断を行いました。

そまやまの里の中山さんのピアノ伴奏で声を出して歌い、鮫島民生委員の指導で「春が来た」を歌いながら体操をし、腹ごなしをしました。

その後、お弁当を頂きデザートの柏餅を堪能しながら、歓談しました。
お開きの前に加賀原ケアプラの竹内さんの指導でお口体操しました。(お口体操は食事の前にし、唾液を出す働きだそうですが今月は声を出して歌ったので食後としました)

▼川和福祉会館の桜は昨年大きな枝切りで花は少なく、また満開を過ぎて葉桜でしたが、テーブルは折り紙の桜で満開でした。

kawawa_reha1.jpg kawawa_reha2.jpg

▼お弁当と、折り紙の桜(生花も)との記念写真
kawawa_reha3.jpg

▼中山さんの伴奏
kawawa_reha5.jpg  kawawa_reha4.jpg

▼鮫島民生児童委員の指導で「春が来た」を歌いながら体操
kawawa_reha6.jpg  kawawa_reha7.jpg

▼スナップ写真です。みなさん、楽しく笑っています。
kawawa_reha8.jpg  kawawa_reha9.jpg 

kawawa_reha10.jpg  kawawa_reha13.jpg

kawawa_reha14.jpg  kawawa_reha15.jpg

川和地区リハビリ教室は平成2年9月に始まり、身体機能の回復・維持が必要な高齢者の方々を対象に、つづき病院、加賀原地域ケアプラザの指導・協力を得て実施しています。
月1回(第1木曜日13時〜15時が原則)川和地区福祉会館にて、季節の行事や楽しみながらできるリハビリを組み合わせ、できるだけ身体を動かしてもらい、また生活方法の改善の助言や介助を、28年間308回続けています。近年は、リハビリ中心の身体を動かすだけでなく地域の中での交流を含めた活動は心のケアにも役立っています。
川和地区社協の助成を受け、つづき病院、加賀原地域ケアプラザ、民生委員、地域の婦人会の方々が関わり一緒に楽しみながら運営しています今年の行事予定は下記のとおりです。興味がある方は川和地区社会福祉協議会、地区の民生・児童委員等へご連絡下さい。

kawawa_reha16.png



posted by 都筑区社協 at 13:35 | 10 川和地区

2018年05月11日

第48回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(5/1)

第48回 荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」を開催いたしました。(5/1)
代表 小泉雅二
今回で第48回目・4年間やってました。
本日のお客様は、長谷工シニアホールディングスの松尾様。
◆ミニ講座は、都筑区高齢障害支援課中澤さんによる「認知症になっても安心して暮らせる地域づくりに向けて」として認知症に対する都筑区の取り組みをお話しいただきました。
大きく分けて以下の4項目です。
@認知症の正しい知識の普及啓発
A認知症予防の早期診断・対応
B介護者支援
C関係機関との連携

@では認知症サポーター養成講座開催・都筑区認知症サポート連絡会の開催
 認知症パネル展への出展(今年度は8月31日から9月5日)
 認知症フォーラムの開催(今年度は9月5日)など
Aでは「認知症高齢者保健福祉相談」として毎月第二金曜日の午前中に
 嘱託医が区役所に来て問診が受けられます。ご本人だけでなく家族の方も
 相談できます。(予約が必要)これにより、今年から発足した、横浜市
 認知症初期集中支援チーム(都筑区では「横浜新都市脳神経外科病院」)
 などにも橋渡しもできます。
 また、健康づくりや介護予防の普及啓発も行っています。
B介護者支援として「介護者のつどい」や北部4区(都筑・港北・青葉・緑)
 持ち回りで「若年性認知症家族のつどい」も行っています。若年性・・・は
 5月25日に中山で行われます。
Cについては「認知症高齢者等SOSネットワーク」により、区・ケアプラザ・
 警察・郵便局・交通局などとも連絡を取り合って、徘徊する恐れがある高齢者
 等について、事前に登録することにより、速やかに身元の確認や家族と連絡を
 取ることができます。登録は高齢支援課または、地域包括支援センターで行っ
 ています。(2年で更新なので、更新手続きをお忘れなく。)

何かあたら、区役所高齢障害支援課または、地域包括支援センターに相談いたしましょう。

◆ミニ講座の後はワイガヤお茶タイム。
各テーブルで話が盛り上がちゃっています。
お茶タイムの最後に荏田南文化サロンの紹介。いずれも荏田南幼稚園で開催。
5月26日 田上さんのコンサート 
6月2日 港北ニュータウンの歴史を知ろう。川手先生
7月28日「人生フルーツ」映画上映会
また、えだみなみの歌声の紹介を行いました。

◆お楽しみコーナーはしいの木台ハイツの泉さんによるストレッチです。
ストレッチを行う前に水を飲んでから行うと効率的との事。
みんなで少量の水を飲みながら行いました。
ほとんどが椅子に座った状態で、全身の主な筋肉のストレッチを行いました。
高齢になっても筋肉作りは出来るとの事。
筋肉を強化して、転倒・骨折防止を!!!

◆ふれあい丘の街を合唱
次回は6月5日森永健康セミナーとかしの木台ハイツギター教室の皆様です。
尚、6月6日午前中に、葛が谷薬局で骨密度測定会があります。
当日の様子です。

IMG_1317 (640x480).jpg

IMG_1319 (640x480).jpg

IMG_1320 (640x480).jpg

IMG_1321 (640x480).jpg

IMG_1328 (640x480).jpg

IMG_1329 (640x480).jpg

IMG_1330 (640x480).jpg

IMG_1331 (640x480).jpg

IMG_1332 (640x480).jpg

IMG_1334 (640x480).jpg

IMG_1336 (640x480).jpg

IMG_1337 (640x480).jpg

IMG_1339 (640x480).jpg

IMG_1340 (640x480).jpg

IMG_1341 (640x480).jpg

IMG_1342 (640x480).jpg

IMG_1343 (640x480).jpg

IMG_1344 (640x480).jpg
posted by 都筑区社協 at 09:37 | 11 荏田南地区

2018年05月11日

第15回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成30年4月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第15回
【日 時】 平成30年4月17日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 28名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)

「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。
 担当の葛が谷ケアプラザから、コーディネーターの明間さん、看護師の池田さんが来てくださいました。また次回演者の法花さん、荒川さんも下見にきてくださいました。
【今月のプログラム】
1)ミニ講義/「認知症が怖くない社会になるために/北部病院の経験から」
 昭和大学横浜市北部病院・認知症看護認定看護師 佐藤 啓 さん。男性。
2)健康体操/ストレッチ 荒堀ひろ子さん
3)お楽しみ/「コカリナ吹奏」吉川千恵子さん

【今月の進行】
1)ミニ講義は認知症看護認定看護師 佐藤 啓 さんです。「認知症が怖くない社会になるために/北部病院の経験から」と題して、「北部病院の紹介」「認知症の人について」「認知症の人との接し方」「専門外来の受診のしかた」について、丁寧にわかりやすく話してくださいました。「認知症の人について」では@思い出せない、覚えられない(中核症状/記憶障害)A認知症の人達の気持ち、B家族が作った早期発見の目安、など。「認知症の人との接し方」では、@驚かせない、A急がせない、B自尊心を傷つけない、C否定しない、など。「専門外来の受診のしかた」については、近隣の神経内科、精神科の病院の紹介をしてくださいました。「まとめ」としては@認知症の人は地域で支える、A認知症になってもならなくても住みよい町、Bそのためには認知症の知識を持つことが大切、C地域やプロの手を借りる、などでした。
2)ストレッチ体操は先月に引き続いて荒堀さんです。着席を中心として、身体各部のストレッチを約30分間にわたって指導してくださいました。参加者は一人一人、年齢・体力などの状態が違います。丁寧にやさしく、わかりやすく体の動かし方を教えてくださいました。毎月お願いしてよかったな、と思います。楽しみです。
3)お楽しみコーナーは「コカリナ吹奏」の吉川さんです。みんなで「アイウベ体操の歌」を練習しました。そして、富士の山・朧月夜・バラが咲いた、などを合唱。最後は独奏でアメージング・グレイス。みんなで音色にうっとり。楽しいひとときでした。コカリナは音程が全部そろっているわけではないので、吹ける曲が限られるとのことでした。
前回同様、ここで机を出してお茶とお菓子を提供しました。
4)今回は演者みなさんのご協力の賜物で、オシャベリタイムをつくり出すことができました。みなさん、ご近所に座った方とワイワイガヤガヤ。佐藤さんにも吉川さんにも加わっていただきました。あっという間の2時間でした。オシャベリも認知症予防に有効だと信じています。自宅に引きこもらずに出てきていただくことが大切です。

 次回は5月15日(第三火曜日)13時半〜15時半。ミニ講義は都筑区医師会訪問看護師の佐藤さんのお話です。お楽しみコーナーは荒川さんの三線と琉歌。そして荒堀さんのストレッチ体操です。                        (佐藤)

 追伸 熊本地震からちょうど2年です。地震で亡くなられた方50人、震災関連死の方211人。謹んでご冥福をお祈りします。
 翻って横浜は県庁所在地では最も危険とされています。当カフェ母体の老人会は近隣老人会と組んで、6〜7月にかけて「感震ブレーカー」の斡旋を行うとか。
 当カフェも連動して7月は「高齢者の避難所生活のポイント」を語っていただきます。認知症は大震災に際して亢進することがあるようです。

20180417_3184補.jpg

20180417_3185.JPG

20180417_3187補.jpg

20180417_3192.JPG

20180417_3194.JPG

20180417_3196.JPG

20180417_3197.JPG

20180417_3199補.jpg

20180417_3204.JPG

posted by 都筑区社協 at 09:25 | 11 荏田南地区

2018年05月11日

第15回“えだみなみの歌声”が開催されました

4月17日(火)少々肌寒いので少し暖房を入れました。参加者は12名。
先月から椅子を丸くして歌っています。

今月のプログラム
♪緑のそよ風

ここで体操。

20180417_101032.jpg

♪東京ブギウギ
 好きなように踊りながら歌いました。楽し〜い。

♪カチューシャ
♪叱られて
♪浦島太郎
 みんな知っていて、でもあまり歌う機会が少ないこの曲。響子さん、絶妙な選曲。

20180417_102356.jpg

♪忘れな草をあなたに
♪山小舎の灯
♪みかんの花咲く丘

ここでお茶タイム。駄菓子風なソースカツが意外と人気。

20180417_111947.jpg

♪牧場の朝
♪春の日の花と輝く
♪峠の我が家

♪北国の春
 おなじみ千昌夫さんの名曲。

♪ああ人生に涙あり
 これもよくご存知「水戸黄門」の曲。

♪高校三年生

♪こいのぼり
♪背くらべ
 もうすぐ子どもの日なので。

♪ふれあい丘の街

20180417_102403.jpg


次回は5月15日(火)10時から荏田南1丁目自治会館で行います。参加費は200円です。
posted by 都筑区社協 at 09:11 | 11 荏田南地区