2018年06月22日

第49回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(6/)

第49回荏田南認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」を開催いたしました(6/5)

代表:小泉雅二
今回から5年目に突入です。
梅雨入り前の暑い一日でした。
スタッフ挨拶に続き来賓紹介。葛が谷ケアプラザ實野さん。元富士見茶屋の荒川さんです。

◆ミニ講座は森永乳業渇。浜支店の松野さんによる「森永健康セミナー」
題目は「ビフィズス菌と腸内フローラ」です。
腸は第二の脳とも言われ、腸の不調が脳に不調にすることもあれば、
脳が不調で腸に影響を及ぼすこともあります。(腸脳相関)
癌や便秘・認知症などを予防するには、腸内環境を健康に保つことが必要です。
腸内環境を健康に保つのには「善玉菌」を増やすことが大切です。
善玉菌とは、乳酸菌やビフィズス菌などの事を言います。
大腸内には乳酸菌が0.1%ビフィズス菌が99.9%存在します。
乳酸菌は、腸内で乳酸を作りますが、ビフィズス菌は乳酸と酢酸(お酢)を作ります。お酢の殺菌効果により腸内の悪玉菌をやっつけます。
乳酸菌やビフィズス菌を含むものととしてヨーグルトが有名ですが、
全てのヨーグルトにビフィズス菌が含まれるわけではありません。
「カラダを強くするヨーグルト」は100gで約100億のビフィズス菌が含まれます。一般的なビフィズス菌を含むヨーグルトの場合、400gで80億のビフィズス菌が含まれていますので、効果てきめんです。
さらに「カラダを強くするヨーグルト」にはラクトフェリンと言うたんぱく質が含まれています。このラクトフェリンは、母乳に多く含まれ、赤ちゃんの免疫力アップに役立っています。そのためノロウイルス対策にも効果があります。
「カラダを強くするヨーグルト」は市販されておりません。宅配にて、週2回配達となります。
都筑区では池辺の「森永都筑ミルクセンター」(代表 座間さん)にて
取り扱っているとのことです。

◆講義の後、このヨーグルトを全員で試飲させて頂きました。
試飲タイムがそのままワイガヤタイムとなり、お菓子・お茶も頂きました。

◆お楽しみコーナーはギターアンサンブル「ゆう」とサックス奏者「よっちゃん」のコラボ。
@シャルウィダンス(ギター)(王様と私から)
A世界の約束(ギター)(ジブリ「パウルの動く城」の主題歌)
B夜霧よ今夜もありがとう(サックス)(言わずと知れた裕次郎)
Cジョージアオンマイマインド(サックス)(レイチャールズ)
D夏の思い出(ギター+全員で合唱)
E月の砂漠(ギター+全員で合唱)
F千の風になって(ギター+全員で合唱)
アンコールG聖者の行進 (ギター+全員で合唱)
楽しい演奏会でした。

◆最後にいつもの「ふれあい丘の街」を合唱

IMG_1176.JPG

IMG_1177.JPG

IMG_1178.JPG

IMG_1179.JPG

IMG_1180.jpg

IMG_1181.jpg

IMG_1182.JPG

IMG_1184.jpg

IMG_1189.JPG

IMG_1191.jpg

IMG_1205.JPG

IMG_1208.jpg

IMG_1216.JPG

IMG_1221.jpg

IMG_1224.JPG

posted by 都筑区社協 at 19:49 | 11 荏田南地区

2018年06月14日

川和幼児クラブのご紹介

4月19日(金)川和小学校コミュニティハウスにて本年度初めての川和幼児クラブが開催されました。
川和幼児クラブは、子供を持つ親が子供と一緒に友達を作る場として、また異年齢同士の子供達が関わり合うことで社会性を身につける目的として創立されました。
今年で35年目を迎えます。

活動及び行事等は自主的な運営を行っています。メンバーの保護者全員が主体となって協力しながら活動しているサークルです。

親同士で語らいながら、子供達はおもちゃで遊んだり、親子で一緒にゲームや工作を行ったりして、親子のつながりや仲間とのつながりを深めています。

▼川和小コミュ二ティハウスの入口にある駐車場??
kawawa_youjiclub1.jpg

▼約10組の親子が参加しました!!
kawawa_youjiclub2.jpg 

 kawawa_youjiclub3.jpg

 kawawa_youjiclub5.jpg

川和幼児クラブは、川和小学校コミュニティハウスを主な活動場所として、毎週木曜日(第2木曜日、祝祭日を除く)10時〜12時に開催しております。
イベントによっては屋外活動もあります。

運営費は参加者の会費及び川和地区社会福祉協議会の助成金によってまかなわれ、室内遊び、ハロウィン等のイベント、遠足や工作、誕生会を行なっています。就園前の子供と保護者が仲間を作り、親子一緒にいろいろな体験を通して成長していく場として精力的に活動しております。
お弁当のお持ち込みも可能です。こちらのサークルにご興味がございましたら、下記の案内を参考に、どうぞお気軽にご見学依頼をください。

kawawa_youjiclub6.jpg



posted by 都筑区社協 at 19:43 | 10 川和地区

2018年06月14日

「健康踊りの和」のご紹介☆

今年度の1回目は、4月16日に開催されました。
 
「健康踊りの和」は、小さい頃に聞きなれた曲に合わせて、楽しく体を動かす踊りです。
椅子に座りながら、全身の筋力をつけられ、さらに脳トレも行っているため、認知症予防に効果があります、新規参加者募集しておりますので、皆様のご参加をお待ちしています
 
「健康踊りの和」は、横浜市で行う元気づくりステーション事業です。
元気づくりステーションとは、みんなが主体的に・継続的に介護予防に取り組む「グループ活動」です。活動を開始して3年になります。
身近な場所で健康づくり、介護予防に取り組んで「元気」になりましょう。

「楽しく」「仲間と」「続ける」ことで効果を実感!いつまでも健康・・・!

kawawa_waodori.jpg

「健康踊りの和」 内容

日 時:毎月第1・3月曜日 10時〜12時
場 所:川和連合集会所(下記地図参照)
参加費:1回500円
講 師:鮫島 早知子氏/青木 知恵氏
申込み:「申込書」に記入のうえ、直接会場までお越し下さい
健康踊りの和 申込書
持ち物:上履き・てぬぐい・飲み物

平成30年度予定表

4月  2日・16日     5月  7日・21日
6月  4日・18日     7月  2日
8月  6日・20日     9月  3日
10月 1日・15日    11月  5日・19日
12月 3日・17日     1月  7日・21日
2月  4日・18日     3月  4日・18日
★体力測定会、茶話会、イベント出演も随時行っております。

問合せ

加賀原地域ケアプラザ       電話045−944−4641
都筑区高齢障害支援課高齢支援担当 電話045−948−2306

会場案内

川和連合集会所(住所:都筑区川和町1276番地−1)
※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
<交通機関>
■市営地下鉄「川和町駅」より徒歩2分
 改札を右に曲がり、直進。階段を降り、駐輪場を進む。駅の高架下です。
■市営バス 73系統にて「川和公会堂前」下車
■市営バス 310系統にて「川和公会堂前」下車
■市営バス 311系統にて「川和町駅前」下車

kawawa_waodori2.jpg

posted by 都筑区社協 at 19:33 | 10 川和地区

2018年06月01日

荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」が開催されます!

ほほえみ交流カフェにお越しください!

cafe.JPG



posted by 都筑区社協 at 10:17 | 11 荏田南地区

2018年06月01日

第16回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成30年5月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第16回
【日 時】 平成30年5月15日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 24名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。
 担当の葛が谷ケアプラザから、コーディネーターの明間さんが来てくださいました。また次回演者の後藤さんも下見にきてくださいました。
【今月のプログラム】
1)ミニ講義/「認知症の訪問看護とは」
 都筑区医師会訪問看護ステーション  法花 七恵さん(看護師)
2)健康体操/ストレッチ 荒堀ひろ子さん
3)お楽しみ/「琉歌と三線」荒川さん


【今月の進行】
 本カフェも16回になりますと、・いつもの常連さんと・その時のテーマによってお見えになる方とに分かれてきました。2つの老人ホームと一つのグループホーム入居者を除いたエリアの高齢者は約200名と推測していますので、毎回1割の方がお見えいただいていることになります。だんだんとご近所にどういう方がお住まいかわかるようになってきました。認知症とその周辺の勉強を続けています。
1)ミニ講義/「認知症の訪問看護とは」
 今回は都筑区医師会訪問看護ステーションの法花七恵さん(看護師)のお話です。
スライドを使いながら、はっきりした口調でわかりやすくお話をしてくださいました。
訪問看護とは、病気や障害を抱えながらご自宅で療養中の方に、スタッフが訪問して療養生活の世話や診療の補助を行うサービスです。内容は、主治医とは連絡調整、生活上のアドバイス、身体清拭援助、リハビリ、終末期のケアなど多岐多様にわたります。
都筑区医師会の訪問看護ステーションの開設は1996年2月。現在、約20名の各種有資格者が24時間体制で“特別な医療処置等”を必要とする患者さんも含めた看護にあたっています。
事業内容や連絡方法のお話に続いて、認知症の患者さんの具体的な事例を挙げて提供したサービス、看護の様子や経過を話してくださいました。実際の症例が入ると、説明を聞く側も理解が進みます。電話による対応も24時間サービスです。
都筑区医師会の在宅部門は、訪問看護ステーションを初めとして、24時間在宅ケアステーション、ナーシングホーム、居宅支援センター、ヘルパーステーション、福祉用具センターが一丸となって「その人らしく、その家で」と利用者や家族をカバーしています。なるほど、と理解が進みました。
2)健康体操/ストレッチ 荒堀ひろ子さん
 認知症予防には・有酸素運動、・筋トレの双方が必要だと言われています。母体となっている「どんぐり会」はあらゆる機会に運動を取り入れはじめました。健康寿命延伸と認知症予防は、お楽しみに並んで「老人クラブの3本柱」です。足が上がらなくなることは認知症にも近づくことになります。30分弱の体操を楽しみました。
3)お楽しみ/「琉歌と三線」荒川さん
 新しいことにふれること、昔のことを思い出すことで脳の活性化を図ります。「安里屋ゆんた」「十九の春」「永良部百合の花」「島のブルース」など数曲を演奏してくださいました。いっしょに歌う方もいました。

 脳血管性の認知症につながるものとして、脳卒中や生活習慣病の知識も住民に備えていただきたいと願うこのごろです。

20180515_3206.JPG

20180515_3211.JPG

20180515_3213.JPG

20180515_3214.JPG

20180515_3221.JPG

20180515_3223.JPG

20180515_3228.JPG

20180515_3229.JPG

20180515_3231.JPG
posted by 都筑区社協 at 09:55 | 11 荏田南地区

2018年06月01日

第16回“えだみなみの歌声”が開催されました

5月15日(火)暑いくらいの陽気です。参加者は18名。男性もいらっしゃいました。

今月のプログラム
♪茶摘み
 ふたり一組で手遊びしながら。

20180515_101000.jpg

ここで体操。

20180515_101120.jpg

♪てんとう虫のサンバ
 伴奏に合わせて自由に踊りながら歌いました(^^)

♪静かな湖畔
 この曲は輪唱しなくっちゃ!2部に分けたら上手だったので、3部に分けてみてもやっぱり上手!

♪高原列車は行く
♪東京のバスガール
 行楽にいいシーズンなので。

♪しゃぼん玉
♪砂山
♪浜千鳥

ここでお茶タイム。自己紹介しながら楽しく談笑。

20180515_110434.jpg

♪水色のワルツ
♪港町十三番地

♪バラが咲いた
♪野ばら

♪庭の千草
♪ローレライ
♪一週間
 アイルランド・ドイツ・ロシア…と世界の歌。

♪夏は来ぬ

♪ふれあい丘の街


次回は6月19日(火)10時から荏田南1丁目自治会館で行います。参加費は200円です。
「えだみなみの歌声」ですが、荏田南地区に限らず、どなたでもご参加いただけます。
北は北海道から南は九州沖縄まで、どちらからでもお越しください(交通費は出せません)
お待ちしております。
posted by 都筑区社協 at 09:48 | 11 荏田南地区