2019年08月28日

第31回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』令和元年8月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第31回
【日 時】 令和元年8月20日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 27名(2人掛けにすると机も足りず定員オーバー状態でした)
【幹 事】 佐藤 寛(代表)

 当カフェは「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。

【今月のプログラム】
1)特別会「気持ちがしっかりしているうちに終活ノートを書いてみよう!」
                  田中真喜子さん(一社終活カウンセラー協会)
2)お茶とワイガヤの時間
 今月は特別会という設定ですので、体操もお楽しみ企画もなし、です。

【今月の進行】
●今月は猛暑の8月、しかも特別会ということで「筆記用具持参」。またまた参加者は少ないだろうと、テキストを20人分しか用意しませんでした。どちらかと言えば、めんどくさい内容だし、せいぜい数人かな? でもフタを開けてみたら、参加者は講師をいれて27名。テキストは当然足りなくなってびっくり! スタッフの分をあわてて回収しました。やはり皆さんの関心が高いテーマだったのです。
●都筑区役所からも『わたしのみちしるべ』が出ていますが、今回の内容を企画したのは約半年前。その話を聞く前でした。これから同種の企画をするのでしたら区役所の『わたしのみちしるべ』でもいいかなと思います。世間には何十種類というエンディングノートがあふれています。しかし、その多くは「自分の人生を整理してこれからに向かう」というには、いささか物足りないものが多いのです。
 そして買っただけでは、記入しようというモチベーションにはならず、記入していない方が案外多いようです。インストラクターの巧みな説明を聞いて、しっかり自分自身を見つめて、ようやく書き込む価値が出てくるのだと思います。
●今日使う『終活ノート マイ・ウェイ』は頒価1000円。えっ!びっくりしましたが本日の講師が「今回だけ特別価格でいいですよ」と温かい声を掛けてくださいました。 テキストは「過去・現在・未来」という流れになっています。過去を振り返って将来への希望をつなぎ、そのために現在を整理してみることが「前向き」に出来るように一つの哲学に基づいて構成されています。他のエンディングノートが、単に整理するノートという印象が強いのに反して、一つの哲学と前向きの姿勢を感じさせる点が大きく異なっています。
 もし、私(報告者)がこのテキストを使って講座を担当したら、丸一日(9時〜5時)はゆうに掛かってしまいそうです。
【内 容】
 第一章 私について
 第二章 身体について
 第三章 財産について
 第四章 葬儀やお墓について
 第五章 大切なあなたへ
 第六章 マイ・ウェイ
●第一章 私について
 「基本情報」と「人生の棚卸し」の2節4頁の構成です。他のエンディングノートにはない特徴は「今までの人生を漢字一文字で表すと」という設問が用意されていることです。 これはじっくり考えると、その人の育ち方や生きざま、イベントを思い起こさせて、生育暦や人生の脚本にも気づかせようという優れ物です。
 中には幼少のころの辛い話を思い出したくないという方がいるかもしれません。その方は無理に思い出さなくていいのです。
 このノートは、さまざまな障碍があっても、文字を書く能力があればまとめることができる幅の広さをもっています。
●第二章 身体について
 医療・介護に関するページです。希望をしっかり書き留められるようになっています。尊厳死公正証書を作成してもそれが実行されるとは限らないとしています。
●第三章 財産について
 詳細な記入を求め、成年後見制度についても触れています。
年金が豊富にある方、また無年金の方などさまざまだと思います。それでもお金についての整理は大切です。
●第四章 葬儀やお墓について
 どう処置するかは継承者次第。子どもを始めとする継承者としっかり話し合っておくことを勧めています。
 葬儀や納骨のあり方が多様化する今日、没後どうされてしまうかは継承者しだいですが、最後の治療や葬儀についても希望をはっきり伝えておくことは本人の責務です。
●第五章 大切なあなたへ
 最大の6頁を割いています。両親、兄弟、配偶者、子供への思いを作文形式で書けるようになっています。思いを残さないように整理できます。
 本人の「未完の思い」を残させないように、という配慮を強く感じさせます。
●第六章 マイ・ウェイ
 これからの生きかたはどの終活ノートでも通常1頁で済まされていますが、このノートは裏表紙までの5頁を割いています。残りの人生にしっかりと力を入れて向き合うことが大切だという姿勢を強く示しています。最近の発達心理学は、人は寝たきりになっても最後の最後まで発達を続けるとしています。最後の日までの生きざまが大切なのです。

 講義と記入はあっと言う間の90分でした。あとの30分間は質問しながらワイガヤ。顔見知り同士近くに座って感想を言い合いました。
 実際に記入しようという覚悟をもたせてくれました。

【次回予告】
 9月17日(火)13時半〜15時半。荏田南三丁目自治会館。参加費200円。
 防ごうサルコペニア(葛が谷地域ケアプラザ看護師・池田さん)
 認知症予防体操(荒堀さん)
 落語速記本を朗読する(手島弓子さん。83歳)

 多くのお越しをお待ちしています。

20190820_3863.JPG

20190820_3866.JPG

20190820_3867補.jpg

20190820_3868.JPG

20190820_3871.JPG

20190820_3872.JPG

posted by 都筑区社協 at 13:16 | 11 荏田南地区

2019年08月22日

第63回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(8/6)

第63回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(8/6)
代表 小泉雅二

今回は夏休みのため平均年齢がぐっと低くなりました。
「はぁとdeボランティア」で来ていただいたY君(高2)、Oさん(中1)
いつものR君(中1)、Hちゃん(小5)が準備から来て頂きました。

スタッフ挨拶に続き、
「はぁとdeボランティア」のY君、Oさんが自己紹介。
区社協から神山さん、葛が谷CPの實野さん・吉田さん。
市議会議員の望月さん・江田憲司事務所の田倉さん、保険屋さんの藤間さんにもお越しいただきました。
◆ミニ講座は趣向を変えて映画鑑賞。
「認知症と向き合う」です。約30分の映画の中に、認知症の症状・本人の気持ち・認知症カフェの役割などがコンパクトにまとめられた作品です。
(あらすじ)
 認知症の文乃は夫と死別後、娘夫婦(春樹−翔子〕や孫娘(樹里)と同居することになる。しかし、ひどい物忘れや徘徊、家族への暴言・暴力といった症状を現す文乃に家族は振り回され、ばらばらになってしまう。
 そんなとき、春樹は立ち寄った喫茶店で格別においしいコ−ヒ−を飲み、感動する。しかもマスタ−(茂)の妻(節子)から、夫は3年前から認知症ですと言われてびっくりする。
 節子は春樹に次のような話をする。「認知症って、確かに色んな事を忘れちゃうし、大変な事もいっぱいある。でもその人であることに何も変わりがないのよ。大切な事はちゃーんとここ(胸)で覚えてる。悲しかったり嬉しかったり、他の人と同じように一生懸命、生きてるの」
 春樹が帰宅すると、翔子と樹里が打ち沈んだ表情をしていた。春樹は樹里から一冊のノ−トを渡される。その中には、家族の誰もが気づかなかった文乃の思いが散りばめられていた………「コワイ」「シニタイ」・・・。
 後日、節子に誘われ参加した「認知症カフェ」で、春樹と翔子は、認知症の事門の杉山孝博医師の講演を聞く。「まず正しい知識を持つことです。認知症の人の世界や気持ちを理解すれば、介護者の苦労は減り、患者さんの症状も改善され、互いに良い関係を築けるようになります」
 杉山医師は、基礎知識として次の3つを提示する。
〇記憶になければ本人にとって事実ではない
〇本人が思ったことは本人にとって絶対的な事実
〇認知症が進行してもプライドを持ち続けます
 講演を聞きながら、春樹と翔子の頭の中では、文乃の以前の言動がフラッシュバックする。「あの時の行動は、そういうことだったのか」と、思わず納得する二人。
 ある日の夕食。献立はやはり、カレー。しかし今度はうまく受け入れるようになった。認知症を理解しようとし、文乃の気持ちに寄り添っていく春樹と翔子と樹里。文乃の表情にも笑顔が戻る。その笑顔は春樹たちの心をも温めるのであった。
 映画が終わると、参加者から拍手もして頂きました。

◆ワイガヤお茶タイム
みんなでわいわいがやがやお茶とお菓子を頂きました。

・NPO法人ロクマル事務局 長沼増子さんから小学生食堂のPR
8月24日(土)に、空手教室に通う小学生とパパが1日だけの食堂を開きます。
地場野菜を使ったランチで地域のシニアをおもてなしする食堂です。
・8月24日は荏田南夏祭り
・マンスリーバースデイ 今回は2名の方が該当。R君の先導でハッピーバースデーを合唱。
・NHKみんなの体操で体をほぐします。
・参加者代表の田辺さんが、精神科医の香山リカさんの新聞コラムを朗読。
いまの若い人達は優しい・・・コンビニでのセルフレジは高齢者には難しい。これまでのレジを残すべきだと若者が考えている。自分よりも先にほかの誰かを考えられる若者が作る未来には期待が持てる。という内容でした。

◆お楽しみコーナー(荏田南3丁目担当)
「美しい私の写真作品紹介」3丁目荒川さん
10年ほど前から趣味で始めた写真撮影。
スライドを使って、福島県三春の色々な桜の写真を紹介。
また、実際の大きな写真で、各地の花や風景を紹介頂きました。
10年でこのような立派な作品が撮影できるなんて、と感心しました。

◆ふれあい丘の街を合唱。
今日は広島原爆の日、江幡さんに原爆の絵本などを紹介して頂き、最後の挨拶で閉会。

IMG_6579.JPG

IMG_6582.JPG

IMG_6583.JPG

IMG_6587.JPG

IMG_6594.JPG

IMG_6595.JPG

IMG_6600.jpg

IMG_6601.JPG

IMG_6605.JPG

IMG_6606.JPG

IMG_6608.JPG

IMG_6609.JPG

IMG_6611.JPG

IMG_6612.JPG

IMG_6618.jpg

IMG_6620.jpg

IMG_6622.jpg

IMG_6624.jpg

IMG_6626.JPG

IMG_6631.jpg

IMG_6634.JPG

IMG_6638.JPG

IMG_6643.jpg

IMG_6644.jpg

IMG_6645.jpg

IMG_6647.JPG

IMG_6648.jpg

IMG_6649.JPG

IMG_6651.jpg

IMG_6653.jpg

IMG_6655.jpg

IMG_6657.jpg
posted by 都筑区社協 at 16:56 | 11 荏田南地区

2019年08月08日

第30回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』令和元年7月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第30回
【日 時】 令和元年7月16日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 24名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)

 当カフェは「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。

【今月のプログラム】
1)今月のお楽しみ/「私の撮った美しい写真の数々」荒川正祥さん
2)健康体操/ストレッチ 荒堀ひろ子さん
3)茶話コーナー(ミニ講義)/「小規模多機能型介護施設の認知症介護の実際」
                       中川ともゆきさん(かもいけ)
【今月の進行】
●ここ2カ月ほど参加者が少なく、企画者は相当悩んでいました。が、強い雨にもかかわらず今月は復活しました。やはり毎月の提供内容が大きく影響しています。
●冒頭で、葛が谷ケアプラザに新しく着任なさった社会福祉士の前田剛洋さんのご紹介、そしてケアプラザでのイベントのチラシを配りました。
 今月は、町内にお住まいの「ご近所カメラマン」写真クラブ代表である荒川さんが取り溜めた写真のなかからスライドを作っていただいての上映会です。カメラ紀行での数多くの桜の写真を始めとして、撮影の苦労話を交えながらの美しい写真の数々は会場のあちこちで「あっ、私も行った」などという共感の声を巻き起こしました。
 また別に、これまで区民ホールなどで展示してきた紙焼き写真も30点ほどもってきてくださいました。ご夫婦揃ってのカメラ紀行が羨ましいとの声もありました。
 このプログラムは8月6日の「ほほえみ交流カフェ」でも上映されます。
●続いてのストレッチ体操は、毎回お馴染みとなった荒堀ひろ子さんです。今月も葛が谷ケアプラザの看護師・池田さんのご指導をいただきながら、徐々にコグニサイズの要素を加えていっていただいています。参加者が18名を過ぎると会場が狭くて入りきれず、手足が十分に伸ばせない状況になってしまいます。今月も手狭で、玄関にまではみ出してしまいました。
●最後のコーナーは、ゆっくりとお茶の時間です。お茶をいただきながら今月は小規模多機能型介護施設「かもいけ」の音楽療法士・中川ともゆきさんに、ギターの弾き語りをしながら認知症介護の実際を伺いました。曲名あてクイズではみなさん一生懸命、考えて下さいました。昭和20年代30年代の歌、それぞれ盛り上がりました。
 この会場で音楽を演奏するのも本当に最後です。年に1〜2回、近隣の自動車販売会社のショールームが借りられないか、などという話も出ました。

 次回は8月20日(火)13時半からです。みなさんのお越しをお待ちしています。
内容は、特別会として「気持ちがしっかりしているうちに終活ノートを書いてみよう」です。お楽しみコーナーと体操はありません。参加費200円。






posted by 都筑区社協 at 18:05 | 11 荏田南地区