2016年11月08日

◆第30回荏田南地区認知症&予防カフェ(11/1) 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

◆第30回荏田南地区認知症&予防カフェ(11/1)

「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

認知症カフェ10月〜12月.JPG


  ⇒ チラシはここをクリック

◆11月1日(火)荏田南地区認知症&予防カフェ

「ほほえみ交流カフェ」が開催されました。

冷たい雨の朝でした。

しかし、カフェが始まる頃は、雨も上がり、日差しが出てきて、

準備をしていると暑くなってきました。

ミニ講座は、認知症サポート連絡会のお話を、区役所高齢障害支援課

・高齢担当保健師 佐藤ますみさんにお話しいただきました。

「平成20年5月に都筑区福祉保健センターの声掛けで発足した

認知症サポート連絡会。構成メンバーは、認知症キャラバンメイト

(認知症サポーター養成講座の講師役)・民生委員・グループホーム・

区社協・地域ケアプラザ・区福祉保健センターなどです。

月1回の会合で、恒例の認知症フォーラムの企画、出前講座の調整

などを行っています。認知症の出前講座は、お声をかけていただければ、

どこにでも出かけます。これまで、小中学校や大学、商店会、

企業・銀行などで開催しました。講座を受けて認知症サポーターに

なった人は、約19,000人で、横浜市18区中、ナンバーワンです。

また、認知症の事をわかってもらえるツールも、連絡会メンバーが

作成し普及に努めています。それらの成果の発表の場として、今年は、

9月11日に歴史博物館で認知症フォーラムを開催しました。

今年のテーマは「みんなで支える認知症」でした。

1部は、都筑区内の認知&予防カフェが内容を報告。

都筑区では、既に6件オープンしています。

2部は、認知症サポート医4名によるディスカッションを行いました。

サポート連絡会は、「認知症の人やその家族も安心してこの町で

暮らしていけるように皆で支えあう町作りを目指して行きましょう」

の掛け声のもと頑張っています。」

以上の佐藤さんによるお話しに続き、サポート連絡会のメンバーでもある

都筑区認知症カフェ連絡会の横尾代表が、カフェ連絡会の説明。

横尾代表は認知症とのかかわりとカフェ連絡会の話を

熱く述べてくださいました。 その後ワイガヤタイムで、

おしゃべりしながらお茶とお菓子を頂きました。

お楽しみコーナーは大丸の岡村さん。

「介護予防 認知症予防のために! 今から出来ること

のお話しと脳トレをゲーム感覚で!」をテーマに、

「音楽を聴いたり、PLAYしたりすることがよいのか

泣いたり、笑ったりの感情がなぜよいのか

普段の生活で使わなくなった脳の働き、

なぜ、使わないといけないのか、

適度な運動は、なぜ必要なのか」

等の説明の後、みんなで体と、脳を動かしながら、

楽しく脳トレを行いました。

最後にテーマソング「ふれあい丘の街」をみんなで

合唱いたしました。

本日の出席者は、48名。

当日の様子です。

 1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG

20.JPG

21.JPG

22.JPG



都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 18:31 | 11 荏田南地区