2017年02月21日

川和連合ふれあいたい・川和地区社会福祉協議会合同の研修会が開催される!!

2月8日(水)、川和地区福祉協議会の役員、高齢者クラブ友愛活動員及び川和連合ふれあいたい登録会員の研修会が開催され、加賀原ケアプラザを訪問しました。

今回の合同研修会には58名の方が参加され、川和連合地区での見守り声かけ活動の概略の説明並びに加賀原ケアプラザの業務の説明を受け、担当の紹介や設備の見学をしました。
また昨年12月に民生児童委員の改選があったので各町内会・自治会の民生委員の紹介、及び出席者の紹介がありました。

kawawa_kennshuu1.jpg
▲川和地区社会福祉協議会会長の挨拶

これらの研修の終了後に、川和地区社会福祉協議会役員、高齢者クラブ友愛活動員及び川和連合ふれあいたい登録会員の相互親睦をしました。

川和連合地区での見守り・声かけ活動の概要

●川和連合の概要
kawawa_kennshuu2.jpg

統計資料から、川和地区の人口はここ15年ほど1万人強の微増で推移し、現在約1万2千人です。これは都筑区全体の約6%に当ります。人口の増加は港北ニュータウンによる開発が行われた川和台及び二の丸が中心です。
世帯数は増加している一方、1世帯当たりの人口は地域全体で2.4人と年々少数化しています。これは都筑区全体平均の2.6人に対し、低い状況です。
働き盛りの15〜65歳が63%を占めています。これは都筑区全体の70%より低い結果と成っております。
川和町の人口構成は高齢化が進行して、65歳以上の人口割合は23%を占めております。都筑区全体の65歳以上人口が15%なのに比べ非常に高い結果と成っております。
平成22年に実施した“そなえ”に関するアンケート(回収率67%)の結果から、一人暮らしの高齢者の人口割合は全世帯の10%となっています。
今後、高齢者特に一人暮らし世帯への対応が課題となることは明らかです。

●川和連合地区の見守り声かけ活動
基本、見守り声かけは隣・近所で行うと考えられていました。しかしながら、昨今隣・近所の関係が希薄になってきております。
このような中で、民生児童委員が訪問・相談活動を主体にサロン活動を行っております。また川和地区内にある5つの高齢者クラブの友愛活動員が高齢者クラブ会員の見守り活動やサロン活動を行っております。更に、平成26年にボランティア組織・川和連合ふれあいたいが発足し見守り・声かけ活動を開始しました。
地区社協は民生児童委員、高齢者クラブ友愛活動及び川和連合ふれあいたいの、見守り・声かけ活動及びサロン活動に金銭面を含め支援しています。

kawawa_kennshuu3.jpg

見守り・声かけ及びサロン活動の対象者・時間等は、民生児童委員、高齢者クラブ、川和連合ふれあいたいで個々で決めており、重なることもあるが、活動の範囲が拡がりを持つことができます。
民生児童委員、高齢者クラブ、川和連合ふれあいたいから地区社協に役員が派遣されており、見守り・声かけ及びサロン活動情報が地区社協に集中しておりまた資金を含む支援がし易くなっています。

●地域ケア会議
見守り声かけ活動の課題・問題の解決は関係者団体や行政に繋ぐことも含め民生児童委員が担っていますが、単に民生児童委員に任せるだけでなく住民1人1人が民生・児童委員に連絡できるしくみを地区社協が中心となってつくりました。
具体的な仕組みとして
kawawa_kennshuu4.jpg

まず、課題解決シートの必要事項を纏め、民生児童委員に伝える。次に、町内会・自治会、民生児童委員、高齢者クラブ、川和連合ふれあいたい、加賀原ケアプラザ、都筑区役所が関連する課題解決のしくみである地域ケア会議を開催し、最良の解決案を構築しています。

地域ケアプラザの業務 
地域ケアプラザは、誰もが住み慣れたまちで、安心して暮らせる地域をつくっていくための拠点として、地域の福祉・保健活動を支援し、福祉・保健サービス等を身近な場所で総合的に提供する施設です。

kawawa_kennshuu5.jpg
▲地域ケアプラザの各機能の担当者の説明

地域ケアプラザの3つの機能は下記のとおりです。
1 福祉・保健に関する相談や支援(地域包括支援センター) 
地域の身近な相談窓口として、福祉・保健の専門の相談員が相談を無料でお受けし、情報提供や関係機関との連絡調整を行います。また、地域ケアプラザは地域包括支援センター機能を持ち、介護保険の認定申込の受付や、高齢者の生活全般にわたる幅広い相談を承ります。
•高齢者の介護などについて、何をしたらよいかわからない時、ご相談ください。
•虐待や権利擁護についてもご相談ください。
•介護保険や横浜市で行っている福祉・保健サービスなどの、公的な制度について利用案内をします。
•子育て支援に関することや、障害児・者に関する相談も受け付けています。(地域活動・交流部門が対応します)

2 地域活動・交流
 地域の皆さんの福祉・保健活動等の支援や交流の場として、多目的ホール等の各部屋をご利用いただけます。また、ケアプラザの主催による各種イベントや講座なども開催しています。
● 自主事業の開催
•健康体操教室
•ボランティア講座
•子育て教室
•介護者のつどい
 など、福祉保健のために様々な事業を企画、開催していきます。 

•各種広報紙、チラシの発行
 など、いろいろな情報を発信して地域活動を支えていきます。

 ● 福祉・保健活動の場の提供
•配食サービス、給食会の実施
•障害のある人の自主グループ活動
•各種ボランティアの打合せ・活動の場
•子育てフリースペースの開催
  など、地域の皆さんの様々な福祉・保健活動等にご利用ください。

3 福祉・保健サービス

●【居宅介護支援(ケアマネジャー)】
介護が必要となられた方が,ご家族と共に住み慣れたご自宅で日常生活を送っていただけるように,ご本人・ご家族とご相談をしながら、支援を行っております。
•介護予防ケアプラン(要支援者及び要支援になるおそれのある方向け)を作成します。
•ケアマネージャーへの支援などを行います。

●【通所介護(デイサービス)】
高齢者デイサービス、障害児を支援するサービスなど、地域のニーズにあった福祉保健サービスを提供します。
•通所介護:定員35名
•認知症対応型通所介護:10名

kawawa_kennshuu6.jpg kawawa_kennshuu7.jpg
所在地 〒224-0055 都筑区加賀原一丁目22-32
連絡先 電話:045-944-4640、045-944-4641(地域包括支援センター)





都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 19:10 | 10 川和地区