2017年05月01日

第4回”えだみなみの歌声”が開催されました。

4月18日(火)10時から12時まで
荏田南一丁目自治会館で
第4回「えだみなみの歌声」が
開催されました。

朝方は雨と強風でどうなることかと
心配しましたが
開始時間には雨がやみ
21名の方が、元気に参加されました。


4月のプログラムは

♪めだかの学校

♪見わたせば(むすんでひらいて)

この「見わたせば」は
哲学者ジャンジャック・ルソーの作曲。

はじめは賛美歌として日本に入ってきましたが
この「見わたせば」の歌詞がついて唱歌となり
その後、軍国色が強くなってきた時代には軍歌となり
戦後、「むすんでひらいて」の歌詞がついて
今に歌い継がれているそうです。

伴奏のふたりは、伴奏だけではなく
こういう歌の裏側の話も調べてきてくださるので
大変、勉強になります。


♪よろこびの歌
♪惜別の歌(中央大学学生歌)、
♪琵琶湖就航の歌(京大ボート部の歌)
♪瀬戸の花嫁
♪ここに幸あり


歌川さんのヨガとお茶で
リフレッシュして後半へ。


♪夜来香(イエライシャン)
♪この広い野原いっぱい

この曲の伴奏はギターがいいだろうということで
まあちゃんひとりで弾きました。
会場に来てから急に決まったそうですが
まあちゃん、がんばりました。

♪ほたるの光

先月「仰げば尊し」を歌ったので
だったら「ほたるの光」も…というリクエストで。

♪君の名は
♪七里ガ浜哀歌(真白き富士の嶺)

♪ふれあい丘の街


これからもみなさんのリクエストに応えて
いろいろな歌を楽しく歌っていきたいと思います。
少しでも笑顔の輪が広がりますように。


次回は5月16日(火)です。


utagoe01.jpg

utagoe02.jpg

utagoe03.jpg

utagoe04.jpg





都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 15:15 | 11 荏田南地区