2017年09月30日

第8回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成29年9月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第8回
【日 時】 平成29年9月19日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 24名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。

【今月のプログラム】
1)ミニ講義/「加齢による物忘れと認知症による物忘れの違い」「認知症とは?その見つけ方。どこで気がついたのか」佐藤 寛(認知症キャラバンメイト)
2)お楽しみコーナー「昭和20年代30年代のうた」広井顕真さん(歌の宅配便)
3)特別編「住民アンケート」東海大学工学部建築学科・加藤教授&李留学生


1)認知症は「周囲が気づくのが遅れる、気づいても本人が診察を受けたがらない」という特徴があります。気づいても受診するまでに9か月はかかってしまうようです。そしてこの遅れが、取り返しのつかない深刻な事態にまで進んでしまいます。本講ではA4判4頁の資料を駆使しながら七十数項目の「周囲が気づいた兆候」を列挙し、家族はじめ周囲の意識的な観察が発見につながっていることを説明し、注意を喚起しました。
2)広井顕真さんは、都筑区歌の作者として知られた地元プロ。各カフェの出演実績も多いギター弾き語りの歌手です。当カフェは初めての出演。昔懐かしい歌曲を約10曲熱唱し、音楽療法・回想療法の実践として参加者の感激を誘いました。
3)港北ニュータウン「センター南」周辺の住民の生活実態を調査している李留学生の卒業論文への調査協力です。A3両面にびっしりの質問項目に、読み上げ方式で記入しました。港北ニュータウンの小規模宅地最先行入居地域として高齢化が進む当町内の集計結果が期待されます。

次回は10月17日(火)。最近の研究では5割が可能という「軽度認知障害(MCI)はもとに戻れるのか」&大正琴の演奏、を予定しています。荏田南三丁目自治会館。

20170919_2887.JPG

20170919_2888.JPG

20170919_2889.JPG

20170919_2890.JPG

20170919_2890.JPG

20170919_2893.JPG

20170919_2894.JPG

20170919_2895.JPG

20170919_2898.JPG

20170919_2890.JPG

20170919_2890.JPG







都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 13:31 | 11 荏田南地区