2018年02月28日

第45回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(2/6)

◆第45回荏田南地区認知症&予防カフェ 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。(2/6)
代表 小泉雅二

今年の冬は寒いですね、先月降った雪がまだ所々に残ってるし、北陸も30数年ぶりの豪雪。でも温暖化が一因だとか。
スタッフ挨拶に続き、来賓紹介です。
司法書士の山口さん、さわやかカフェハーモニーの本庄さん。

◆今日のミニ講座は斎藤早苗さんによる「喉トレーニングの話」。
斎藤さんは川和町が実家で、現在大田区にお住まい。
13年前からお母さまが認知症になり、現在川和のグループホームに入居。
その経緯の中で、喉のトレーニングが認知症に有効であることを実感され、
今はお母さまのグループホームをはじめ、各種施設で「喉トレーニング」の講演実演を行っているとか。トレーニングのおかげで、重症だったお母さまが、グループホームの中でリーダー的役割まで出来るようになっているそうです。
喉をトレーニングすることで、誤嚥性肺炎を予防できます。

喉トレーニングの方法
喉の筋トレ(ごっくんトレーニング)
  嚥下おでこ体操
  あご持ち上げ体操
  喉E体操  嫌いな子に対してE−とやる
  深呼吸(最後まで息を出し切る)   等が効果大
呼吸トレーニング
  やわらかいペットボトルを使って息を吸う
  風船を膨らませる ふきもどしも良い
  口すぼめ呼吸 アイウ・べ (べで舌を思いっきり下に出す)等
発声トレーニング
  ハイトーンボイスカラオケ(10曲歌うなら2〜3曲はキーを高くして歌う)
  高い声低い声を出す。(喉仏を上下させる)
  喉仏スクワット
   ア・エ・イ・ウ・エ・オ・オ・ア・オ のうち ア・イ・エは思いっきり
   高い声で、 ウ・オは思いっきり低い声で
  スポーツボイス
   音楽に合わせ「喉のエクササイズ」「体のエクササイズ」を合体
これらの「喉トレーニング」で10歳若返る・・・・・。

◆講義のお茶とおしゃべりタイム
 2月はバレンタインでもあり、皆さん1箱のチョコレートが配られました。
 箱の中のチョコレートをみんなで交換しながらコーヒーを飲みますと、話が
 はずみます。お菓子担当さんありがとうございます。

◆お楽しみコーナーは、引き続き斎藤さんによる喉トレーニングの実演。
歌を歌いながら喉を鍛えます。
 365歩のマーチ(座りながら足踏みして歌う  スポーツボイス)
 むすんでひらいて (「て」「で」で手をうつ)
 星影のワルツ (2回ある「冷たい心じゃないんだよ」を高い声と低い声で)
 南国土佐を後にして
 学生時代(最後の学生時代を高い声に上げていく)
 雪の降る街を
 津軽海峡冬景色 (実は最初の部分 雪の降る町をと一緒)
 舟歌(舟歌のメロディーでどんぐりころころを歌う。逆も可)
 蘇州夜曲
 高原列車は行く
 蛍の光
 上記の曲をみんなで合唱。トレーニングの効果絶大。皆良い声してる。
お楽しみコーナー最後に斎藤さんが沖縄民謡「童神」をCDの伴奏で「コカリナ」を使って演奏していただきました。

◆全員で「ふれあい丘の街」合唱
当日の様子です。

IMG_1283 (640x480).jpg

IMG_1284 (640x480).jpg

IMG_1287 (640x480).jpg

IMG_1290 (640x480).jpg

IMG_1292 (640x480).jpg

IMG_1294 (640x480).jpg

IMG_1295 (640x480).jpg

IMG_1296 (640x480).jpg

IMG_1303 (640x480).jpg

IMG_1304 (640x480).jpg

都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 10:31 | 11 荏田南地区