2018年03月05日

川和地区連合町内会の家庭へIKEA港北からLED電球寄贈

平成27年9月、横浜市とイケア・ジャパン鰍ヘ、環境と調和した持続可能な社会をめざしていくことを目的に連携協定を締結し、連携して省エネルギー対策を推進しています。IKEA港北は都筑区に立地しており、これまでに都筑区役所と連携し、いろいろな事業を展開していますが、家庭へのLED電球寄贈は平成27年度の都筑区の勝田団地から始まり、これまで、約5,200個を寄贈いただいています。

*イケアグループは、「よりサステナブルな暮らしの提案」、「資源とエネルギーに依存しない事業運営」、「人々とコミュニティーに、より快適な毎日を届ける」の3つのテーマに焦点をあて、より持続可能な環境と社会の実現に取り組んでいます。
今回、提供を受けたのは川和地区連合町内会で、第三期川和地区福祉保健計画に沿った民生委員・児童委員の活動を補完する「川和連合ふれあいたい」の活動をついて評価を受けたもの考えております。

*「川和連合ふれあいたい」は平成26年に発足し、連合町内会や地区社協等と連携しながら、高齢者、障害者、子ども(子育て)など支援が必要な人を見守り声かけ・登録会員(約50名のボランティア)が見守り・声かけしています。


LED電球の配布先は6町内会・自治会の高齢者の人口按分で振り分けますが、「川和連合ふれあいたい」及び民生・児童委員が行っている要援護者には優先的に配布します。なお、民生・児童委員は、川和地区民生児童委員協議会の所属しており、ふれあいの丘地区も含まれております。
2月23日に川和連合集会所で畑澤都筑区長、小幡IKEA港北人事部長、久保川和地区連合町内会会長、立元川和連合ふれあいたい運営委員長、及び都筑区・IKEA港北・川和連合町内会関係者の臨席で横浜市・山形温暖化対策統括本部担当課長の司会で贈呈式が開催されました。

kawawa_LED1.jpg

小幡IKEA港北人事部長から久保川和地区連合町内会会長へLED電球500個が贈呈されました。

kawawa_LED2.jpg

久保川和地区連合町内会会長から「川和地区は都筑区内で2番目に高齢化比率が高く、LED電球の配布が「川和連合ふれあいたい」の各戸訪問に手助けに成り、見守り・声かけで発生した課題・問題点を討議する「つながり♡ねっと」にも寄与できることを期待しています。」との挨拶がありました。

畑澤都筑区長から「IKEA港北とはいろいろな事業で協力いただいております。また川和連合町内会では見守り声かけ活動で「川和連合ふれあいたい」が活発に活動されております。今回LED電球が省エネの見地のみならず、見守り・声かけの一助になる上に、交換頻度が少ないことから高齢者の安全に寄与し、非常に有用だと考えています。」との挨拶がありました。

kawawa_LED3.jpg

引き続き、小幡IKEA港北人事部長からは「持続可能な環境と社会の実現に向け、イケアグループはサステナビリティをビジネスの重要な戦略と捉えています。横浜市とのLED寄贈の取り組みはその一環であり、ぜひ地域の皆さまには寄贈のLED電球を有効に利用して頂きたいです。」との挨拶がありました。
贈呈式の参加者での記念撮影にて中締めとなりました。

kawawa_LED4.jpg

この後、対象家庭を訪問し、LED交換作業を行いました。

kawawa_LED5.jpg

kawawa_LED6.jpg

都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 20:55 | 10 川和地区