2019年04月02日

第26回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成31年3月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第26回
【日 時】 平成31年3月19日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 18名。当事者と介護の方も含めています。
【幹 事】 佐藤 寛(代表)

 当カフェは「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。「ほほえみ」「どんぐり」で毎月約60名強のご参加をいただいています。

【今月のプログラム】
1)今月の勉強/映画『認知症と向き合う』
2)健康体操/ストレッチ 荒堀ひろ子さん
3)茶話コーナー

【今月の進行】
●今回は映画です。昨年秋から区内で広範かつ急速に展開している『認知症を向き合う』です。認知症になった母を引き取ったところ家庭が崩壊しはじめたという出だしです。
 なかなかリアルです。出演俳優ってすごいなぁと思います。リアルです。食事はといえばカレーばかり作る母、母親を子ども扱いしたり危険だからと包丁を取り上げる家族・・・両者は大きくすれ違います。どう展開するかは見てのお楽しみですが、30分の啓発映画としてはたいへんよくまとまっています。
 健常者やMCIの方、当事者家族にはたいへんいいのですが、当事者がどう受け取るかは疑問です。やはり寂しさを感じるのではないでしょうか。
 ストーリーの途中で「認知症カフェ」が登場します。参加することによって家族の考え方も変わり、後半はお互いが理解し合って家庭の雰囲気もガラリと変わったという「最後は救われる」というストーリーです。やはり知識を得るということは大切です。
●続いてのストレッチ体操は、毎回お馴染みとなった荒堀ひろ子さんです。
 椅子に座ったままでできる30分弱のストレッチ系の体操です。足が上がらなくなることは認知症にも近づくことになります。毎回、体操に少しずつ変化を付けてくださっているので飽きずに参加することができます。
●最後のコーナーは、ゆっくりとお茶の時間です。今月は近くに座ったいた方とたっぷりとおしゃべりしました。

 次回は4月16日(火)13時半からです。女流講談師による講談「東京オリンピック入場行進」(田辺一鶴・作)と朗読でお楽しみいただきます。
 ゆったりプログラムに一新しました。みなさんのお越しをお待ちしています。

20190319_3694.JPG

20190319_3695.JPG

20190319_3697.JPG

20190319_3698.JPG

20190319_3699.JPG

20190319_3703.JPG

20190319_3704.JPG

20190319_3705.JPG

20190319_3704.JPG

20190319_3704.JPG

都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 20:04 | 11 荏田南地区