2019年11月28日

第34回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』令和元年11月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第34回
【日 時】 令和元年11月19日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 20名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)

 当カフェは「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。

【今月のプログラム】
1)「DVD 都を筑くまちの物語」小泉雅二さん(ほほえみ交流カフェ代表)
2)「転倒&寝たきり防止、認知症予防の体操」荒堀ひろ子さん
3)「ゆったりおしゃべり会」キャラバンメイト

【今月の進行】
●秋もいよいよ深まってきました。地域の秋の行事も次々に進行していきます。そうそう町内の公園清掃を終えた日の夕刻には、パトカーが来てタヌキの捕獲作業をしていました。アレ、まだ町内にもタヌキがいるんだ、というのは軽い驚きでした。
 あとで聞いたら町内のグループホームの庭にも住み着いているようです。
●今月のミニ講義は予定講師急病のため、急遽変更です。都筑区は今年25周年ですが、5年前の20周年記念で作られたDVD「都を筑くまちの物語」を、小泉雅二さん(ほほえみ交流カフェ代表)に上映していただきました。
 都筑区は横浜18区では最も若い町ということになっていますが、高齢者の急増も一番だそうです。市内最大の蔬菜の供給基地でもあります。新しさと伝統とが共存する町として、自分たちが住んでいるところを見直すいい機会となりました。
 そして、DVD終了後は昭和29年の荏田南地区とNT造成後の地図を比べてみました。「あ、ここがコンビニの交差点」「へぇー、青葉区との区境道路は昭和29年にもはっきり記されている。そのまま残されたんだ」など、さまざまな感想が語られました。「もっと知りたい」という声もありましたが、来年2月には、港北NTが出来たころを振り返る講演会が荏田南幼稚園で開かれる予定です(『荏田南文化サロン』主催)。

●荒堀さんの体操は、今月も筋トレ、ストレッチ、脳トレの組み合わせです。なかなか難しい動作もあるのですが、今月も伸び伸びと手足を伸ばすことができました。
 やはり20名くらいがこの会場には相応しいようです。

●お楽しみコーナーは、認知症キャラバンメイトによる「冬の健康管理」です。「冬の脱水症状」「入浴の際のヒートショック」の2点に絞って注意を喚起しました。
 怠りがちですが、乾燥している居室内では冬も十分に水分補給をする必要があります。また温かい部屋から急に寒い脱衣所に行って、そして熱い浴槽に飛び込むのはたいへん危険です。脱衣所も温めておくとか、温かい日中に入浴するように生活を改めましょう。
 脳血管性の認知症を予防するには平素からの注意が必要です。出席していたグループホームの管理者からも、「ここに気をつけよう」の補完がありました。
 情報提供として出席していた民生委員から「そなえちゃんカード」の推奨や、県会議員さんからの近況報告もありました。そしてワイワイガヤガヤの楽しい一時を過ごしました。

【次回予告】
  12月17日13時半〜15時半。荏田南三丁目自治会館。参加費200円。
 ミニ講義「社会福祉協議会の紹介」地域担当の神山さんにお願いしてあります。
   災害時のボランティアセンター開設も社協の仕事です。
 「認知症予防体操」荒堀さん
 お楽しみ「健康維持のための食事作り」相田百合子さん(料理研究家)
           おいしい味噌汁の試飲があります。
 多くのお越しをお待ちしています。

20191119_4094補.jpg

20191119_4096.JPG

20191119_4097.JPG

20191119_4100.JPG

20191119_4102.JPG

20191119_4103.JPG

都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 12:03 | 11 荏田南地区