2010年11月05日

荏田南地区・楽しく防災を学ぶ会

地区社協・連合・区社協の共催事業として10/31(日)に大丸自治会館で開催しました。
荏田南地区は「荏田南・みんな知り合い・助け合い」と題して、災害時に向けた取り組みに力を入れています。
要援護者に登録を呼びかけて登録者に“緊急時あんしん情報キット”を配布したり、災害時に要援護者を支援する災害ボランティアの登録者を増やしたりもしています。
今回は、その登録している災害ボランティアを対象とした研修会でした。

災害時の要援護者への対応策として市内の地域防災拠点に配布されている「コミュニケーションボード」の使い方の説明を受けたり、消防署に協力してもらいAEDの使い方を学んだりした他、連合で災害時のために用意している防災無線携帯電話の使い方、最新非常食の試食レストランなど盛りだくさんの内容でした。
参加者からは「本当に身のある充実した研修だった」と大絶賛exclamation×2。あっという間の2時間でしたわーい(嬉しい顔)

h22bousai01.JPG
障害児訓練会の方々が講師となってコミュニケーションボードについて教えてくれました手(チョキ)


h22bousai02.JPG
心臓マッサージは結構力を入れないといけませんちっ(怒った顔)


h22bousai03.JPG
3カ所に分かれて体験。熱気ムンムンですいい気分(温泉)


h22bousai04.JPG
地域の無線担当の方が使い方を説明しました


h22bousai05.JPG
少しずつ無線機も増やしています


h22bousai06.JPG
非常食を試食しながら災害時グッズについてお話を聞きました


h22bousai07.JPG h22bousai08.JPG h22bousai09.JPG

h22bousai10.JPG h22bousai11.JPG h22bousai12.JPG

h22bousai13.JPG h22bousai14.JPG
色々な非常食や防災グッズを紹介しました

都筑区社協バナー

posted by 都筑区社協 at 19:10 | 11 荏田南地区