2021年07月21日

第81回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」が7月6日(火)に開催されました。

+++
7月6日(火)梅雨空の下、第81回の荏田南地区、認知症&予防「ほほえみカフェ」が開催された。
参加者 会場:シニア 21名 + スタッフ12名、
講師 1名
ZOOMオンライン参加 : シニア 1名 + スタッフ 1名
計36名

冒頭の話題はやはりコロナワクチン。
シニアの方への接種は相当進んでいるようで、参加者の皆さんの不安な気持ちも和らぎつつあると見受けますが、油断は禁物です。
重篤なコロナ患者数は減少しているとは言いながらも、他の疾患での救急患者への対応が遅れがちな事例の紹介もあり、熱中症の季節を迎え、健康管理にはより留意する必要がありそうです。

また、熱海での痛ましい土石流事故直後でもあり、一見、水に関わる災害とは無縁と思われる当地区でも、下水道や雨水管の能力をこえる「内水浸水」の危険性があることを、皆さんで認識しました。

さて、今回の講座は葛が谷の志田歯科医院、志田院長をお迎えし「口腔ケア」がテーマです。
頂いた、パンプレットを拝見しながら、全員、口をモゴモゴさせなら聞き入りました。

歯と口の健康づくりのカギは「噛む力をつける」
・唾液が良く出る⇒歯周病予防、消化促進、
・あごの力が強くなる⇒発音が良くなる、表情が豊かになる
・脳の活性化⇒認知症予防
・肥満防止⇒生活習慣病予防 など良いことが一杯です。

歯周病が全身に及ぼす影響はとても深刻なようで、 様々な疾患で手術・入院する前に口腔ケアを受けると入院日数が短縮されたという統計もあるそうです。
裏返すと、オーラルフレイルを放置すると、全身の様々な衰えの引き金になるということです。
・身体的なフレイルになるリスク:2.4倍、
・サルコペニア(筋肉の衰え):2.1倍
・要介護認定:2.4倍
・総死亡リスク:2.1倍
などと聞くと怖くなりますね。

でも、オーラルフレイルは努力次第で改善できるそうです。
県も推奨する「8020」(80歳で自分の歯が20本)を目指して、ご自宅でできる改善プログラム「ぐー・ぱー・ぐるぐる・ごっくん・べー」を紹介いただきました。
4週間ほどで、効果が出始めるとのことで、これなら続けられそうですね。
志田先生有難うございました。

講座のあとは、お喋りタイムです。 今回は司会者から「暖かい気持ちになる話を」披露しあおうとの発案で、スタート。
・同じマンションに住む小学校1年生との朝の挨拶が日課になった
・このカフェに来るのが本当に楽しみ、みんなとのお喋りが嬉しい
・カラオケの会に参加するようになった。今までは歌うことは殆ど無かったが、
これを機に、歌謡曲も覚えようと頑張っている
など、聞いている方もほのぼのとした気持ちに浸れます。 そんな中、「最近、知り合いに電話しても、繋がらないことが多く寂しい」と話される方も。
心配ですよね。 でもこの場でそんな気持ちを出してもらえれば、少しは楽になりませんか。 見渡せば、貴方のお話を暖かく聞くお友達が一杯ですよ。

次なるプログラムは「ヨガ体操」、 まずはリーダーから、両足に加えて、1本の腕を使う「三点確保」の重要性を教わりました。
転倒での大怪我防止には、両手を塞がないことが基本です。
ということで、いつもの体操も、不安な場合は、腕で椅子などを掴みながら自分の状態に合わせて身体をほぐしました。

そして恒例の「ふれあい丘の街」の合唱です。 皆さん、マスク越しではありますが、いつもより声が大きく響きました。 元気なことはいいのですが、
いまだコロナ禍真っ只中です。今一度気持ちを引き締めましょう。

最後に、スタッフのお一人から、「港北ニュータウン緑道マップ」を何十年かぶりに発行しようと活動中である旨、紹介がありました。
どんなものが出来上がるか、楽しみです。

あっという間の1時間半余り、帰り際には、カフェ代表ご家族が折ってくださった折り紙を、手にしてお開きとなりました。

次回は8月3日の開催です。
++
IMG_2285.jpg

IMG_2257.jpg
IMG_2250.jpg
IMG_2248.jpg
IMG_2237.jpg
posted by 都筑区社協 at 08:58 | 11 荏田南地区

2021年07月01日

荏田南地区「えだみなみの歌声」が開催されました(6月15日)

6月15日(火)昨日梅雨入りしたけど、今日はいい天気。

マスク着用・手指消毒・検温・連絡先の記入・窓の開放などの対策をしています。

スタッフを含め17名の参加。
初めての方もいらっしゃいました。


今月のプログラム

♪雨降り

ここで体操。
体をほぐした後は、お口の体操も。


♪オー・シャンゼリゼ

♪よこはまたそがれ
 先月リクエストをいただいたのですが、その方は欠席。残念。

♪瀬戸の花嫁

♪リンゴ村から

♪おお牧場はみどり
 初参加の方が、この歌を歌いながら肩をトントンする手遊びを
 教えてくださいました。


今月のお誕生日はスタッフの泰仁さん。
来年、4回目の成人式だそうです。
みなさんで「HAPPY BIRTHDAY」を歌ってお祝いしました。


♪雨の慕情

♪銀座の恋の物語
 男性と女性で分かれて歌いました。

まあちゃんの弾き語りで「ふれあい」
常連の弓子さんと初参加の男性で「銀座の恋の物語」
美代子さんが「枯葉」を独唱。


♪ふれあい丘の街


次回は7月20日(火)場所は荏田南1丁目自治会館。
新型コロナの感染の状況により、変更・中止になる可能性もあります。

20210615_100824.jpg
20210615_105115.jpg
20210615_110334.jpg
20210615_110729.jpg
posted by 都筑区社協 at 16:27 | 11 荏田南地区

2021年06月22日

『どんぐりカフェ』令和3年6月の実施報告

『どんぐりカフェ』令和3年6月の実施報告


【件 名】 『認知症(予防)どんぐりカフェ』第44回
【日 時】 令和3年6月15日(第三火曜日)13時半〜15時10分
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 15名(有料14名)
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


都筑区内で8番目に設置された区内最小の認知症(予防)カフェです。参加人数を当
初の半分の15名に絞って、窓・サーキュレーター・空気清浄機・エアコンを全開にし
て開催しています。アルコールによる手指消毒は開会時と閉会時の2回実施。
お茶・菓子なし。
ワクチン接種が広範囲に普及すれば、参加人数の制限が解除できるのではないかと
淡い期待を抱いています。


【今月のプログラム】
1)「軽度認知障害(MCI)は元に戻れるのか」
               認知症キャラバンメイト 佐藤 寛。30分間
2)「椅子に座ったままできる体操」菊池 真喜さん。30分間
3)情報交換 30分間


【今月の進行】
 定刻開会。
●今月、当初の予定は都筑消防署員によるミニ講話でした。ところが6月1日に「まん防」が延長になったために、消防署員の派遣は取りやめとのこと。消防の方は職掌柄、急遽取り止めがあり得ることは依頼に当たっての前提条件ですので、今月の予定を変更して認知症キャラバンメイトによるミニ講座となりました。消防のお話は、9月に日延べしました(9月中旬にはコロナ感染の第5波?が収まってくれていることを願っています)。
●いつも関西弁で楽しい荒堀さんの体操も、前日に先生から体調不良との連絡があり、急遽、代理探しに。本家である『ほほえみ交流カフェ』の運営メンバーに悲鳴を発信し、代りの先生を探すことにしました。あり難いことに直ぐに葛が谷ケアプラザと、地域で人脈の豊富なS女史の両者から、救援の手が差し伸べられました。
                 〔講話抄録〕
●本日の資料「軽度認知障害(MCI)は元に戻れるのか」は、3年前に一度お配りした資料です。
 すでに皆さんがご承知のように、認知症は症状です。原因病は百種類以上あるとされており、治るものと治らないものがあります。また認知症の7割以上が、アルツハイマー病とされており、その原因はアミロイドベータ仮説が最有力視されていて、世界各国で研究が進んでいます。
●新聞各紙もここ2年ほどは、コロナ報道が中心で、認知症に関係する紙面は小さくなっていました。それが6月9日(水)の日経新聞にあるように、アメリカで18年ぶりにエーザイなどが開発した新薬が条件付き認可となり、いよいよ認知症も「介護から医療にシフトできる道」が見えはじめました。たいへんな朗報です。今回の新薬は、脳内に蓄積されたアミロイドベータを取り除くことができるとされている点が画期的です。MCIや軽症者の進行抑制に有効と期待されています。
 現在、日本で保険適用となっている数種類の薬剤は、根本治療ではなく数カ月間の進行食い止めがようやくとされています。フランスでは効果なしとされて一昨年、保険が効かなくされました。
●軽度認知障害(MCI)は、日常生活に支障はないが、同年代の方に比べて脳の機能はやや低下している状態です。約3割が健常な状態に戻れるとされる一方で、5年間で2〜4割の人が認知症に移行するという研究も発表されています。
●では「戻る」にはどうしたらいいのでしょうか。
 ・生活習慣を改善する
 ・食生活を改善する
 ・運動で予防する
 ・回想法で予防する
 ・ゲームで予防する
 などして、5年10年先送りすることを努力しよう、というのが主流です。
・では、・減塩する、・中島町研究にあるように緑茶を多飲する、・地中海食は観察研究に基づく推論にしか過ぎないことなど7項目を紹介しました。
 たとえ月1回のカフェでも、参加して刺激を受け取ることが大切です。住民にはさまざまな地域活動への参加をお勧めしています。
                〔今月の体操〕
●今月は荒堀先生に代わって、初めての菊池先生です。まずは参加者が高齢であることを考慮して、イスに座ったままできるストレッチ系に始まるウォーミングアップです。
 そして肩、体幹などへ移行していきました。先生は地域の近隣商店街の集会所でもヨガやダンスを指導している教え上手です。いくつかの複合動作を組み合わせての、軽い脳内混乱を巻き起こすなど、コグニサイズ的な動きも取り入れてくださいました。
あっと言う間の楽しい30分間でした。皆さん満足の表情でした。

 なお当カフェは、今年度から「つづき あい基金」に代わって「都筑区ふれあい助成金」の交付を受けることになりました。関係者のみなさまに感謝して報告いたします。


〔次回予告〕
◎7月20日(火)13時半〜15時。荏田南三丁目自治会館。参加費100円。
        内容/ビデオ『認知症の人とともに』
◎8月は休会(猛暑休み)





・マスク、汗拭き、上履き靴、飲み物をご持参ください(湯茶は出しません)。
   従来あったトイレの手拭きも撤去してあります。
・来場時に体温測定と手指消毒を行います。
・窓を開けて換気を図ります。会場は暑い(寒い)ことがあります。
・1週間以内に体調不良や発熱のあった方は来場しないでください。
・後方から記録写真の撮影を行います。写りたくない方はお申し出ください。
・使用する椅子は、使用の前後にアルコール拭きしています。
・参加人数を過去の約5割(15名)にするなどの人数制限を実施しています。

CIMG01191.jpg
CIMG01211.jpg
posted by 都筑区社協 at 12:57 | 11 荏田南地区

2021年06月16日

第80回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」が6月1日(火)に開催されました。

第80回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」が6月1日(火)に開催された。

コロナ対策で開催告知を限定的とする中ではあるが、梅雨入り前の爽やかな天候に誘われたかのように、いつも以上の会場参加人数となり盛り上がった。
普段は少ない男性の参加者も多く、嬉しいかぎり。
参加者 会場参加: 21名 スタッフ:9名 区社協1名、ケアプラザ1名
ZOOM参加: 2名 スタッフ:1名
計35名

翌日の横浜開港記念日の話題では、参加者からご身内の祖先が開港当時に来日した英国人であったとの話があり、歴史を感じながら会をスタートした。

ダイヤ今回の講座は趣向を変えて、北山田の認知症カフェ「コツコツ」さんからお借りしたドキュメンタリーフィルム「認知症とともに生きる」を鑑賞。
豪州のクリスティーン・ブライデンさんを始め、日本国内の認知症ご本人たちが、認知症に対する理解を世界に広める活動を通して、自分たち自身も生き甲斐を見つけ、普通に暮らしていく姿を落ち着いたタッチで描いています。
上映を終えて参加者からは、「自分が将来発症しても前向きに捉えたい。
勇気づけられた」「昔に比べると社会からの理解も進み、サポート体制も整いつつあり、良いことだ」との感想がある一方で、「現実は、映画のように美しく、穏やかなことばかりではない」、「社会との繋がりが重要なことは判るが、コロナ禍の中では難しい」などの意見も出て、認知症問題への取り組みは、そう簡単ではないと改めて感じる機会となった。

映画のまとめにもあるように、認知症には二つの否定的な認識がある。
1.認知症本人ある:いろんなことが出来なくなる⇒失敗する⇒チャレンジしなくなる
2.周囲・社会にある:認知症患者は何も出来ない⇒偏見に繋がる
この二つが、「生きる力・希望」を自ら失い、そして社会もそれを奪うことに繋がる。
本人には「自分の生き方は自分が決める」、「できること見つけ社会に貢献する」意欲と活力、そして周囲は「医療・介護従事者のみならず、社会全体で一緒に暮らす」意識が、問題をより良い方向に導くことになるようだ。

ダイヤ映画を終えて、振舞われたペットボトルのお茶で喉を潤した後は、名司会者の進行によるお喋りタイム。
やはり映画を鑑賞した後でもあり、話題は自然と認知症、介護の話が多かったようだが、
締めくくりは、名司会者ご自身の最近の嬉しいお話、「戦時中疎開していた栃木の思い出を地元新聞に投稿したところ掲載された。
それを読んだ当時の友人が連絡をくれ、とても嬉しかった」と。 75年以上を超えた繋がりに感動。

ダイヤ最後はリーダー指導の下、ヨガ体操で身体をほぐした後、「ふれあい丘の街」を全員でマスク越しで静かに熱唱し、当日の出し物は全て終了。
参加者のお一人が手作りされた竹トンボや器などの竹細工が、参加者のお土産に振舞われ、皆さん笑顔で解散となった。 有難うございました。
20210601_150451 (1).jpg

20210601_140654 (1).jpg
posted by 都筑区社協 at 15:41 | 11 荏田南地区

2021年05月29日

荏田南地区「えだみなみの歌声」が開催されました(5月18日)

5月18日(火)曇り。蒸し蒸しした日。

マスク着用・手指消毒・検温・連絡先の記入・窓の開放などの対策をしています。

スタッフを含め20名の参加。
初めての方も、ひさしぶりの方も、遠くからいらっしゃった方も。


今月のプログラム

♪茶摘み

ここで体操。
体をほぐした後は、お口の体操も。


♪てんとう虫のサンバ

♪静かな湖畔
 最初は一緒に。次は輪唱で。

♪東京のバスガール
♪砂山

♪港町十三番地
 美空ひばりが所属した日本コロムビアの工場があった川崎市川崎区港町から
 「港町」というタイトルになったそうです。
 京急大師線の港町駅の接近メロディです。

♪バラが咲いた
♪夏は来ぬ


今月のお誕生日はまあちゃん。
みなさんで「HAPPY BIRTHDAY」を歌いました。


♪ふれあい丘の街


初めていらした方にリクエストもいただきました。
五木ひろし「よこはま・たそがれ」
石原裕次郎「銀座の恋の物語」
三橋美智也「リンゴ村から」
(時間の関係で次回に全部は無理かも知れません)
次回は6月15日(火)場所は荏田南1丁目自治会館。
新型コロナの感染の状況により、変更・中止になる可能性もあります。

20210518_100310.jpg
20210518_100831.jpg
20210518_104553.jpg
posted by 都筑区社協 at 09:59 | 11 荏田南地区

2021年05月29日

『どんぐりカフェ』令和3年5月の実施報告

『どんぐりカフェ』令和3年5月の実施報告


【件 名】 『認知症(予防)どんぐりカフェ』第43回
【日 時】 令和3年5月18日(第三火曜日)13時半〜14時50分
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 19名(有料14名)
【幹 事】 佐藤 寛(代表)






都筑区内で8番目に設置された区内最小の認知症(予防)カフェです。参加人数を当初の半分の15名に絞って、窓・サーキュレーター・空気清浄機・エアコンを全開にして開催しています。アルコールによる手指消毒は開会時と閉会時の2回実施。お茶・菓子なし。
 今月も葛が谷地域ケアプラザの看護師・池田さんにお越しいただきました。






【今月のプログラム】
1)「認知症初期集中支援チームともの忘れ外来の紹介」
               横浜新都市脳神経外科病院・地域医療連携室の皆さん
2)「転倒&寝たきり防止、認知症予防の体操」荒堀ひろ子さん
3)情報交換

【今月の進行】
 定刻開会。
●最近、新院長の方針のもと「救急車を断らない病院」として横浜新都市脳神経外科病院の利用が増えています。また都筑区の認知症初期集中支援チームも同病院に置かれています。そこで「もの忘れ外来」の利用法と「認知症初期集中支援チーム」の紹介をお願いしました。話し手は同病院医療福祉相談室・医療ソーシャルワーカーの谷口さん、地域医療連携室の小野塚さん、佐々木さんです。
●荒堀さんの体操は、いつもの穏やかな関西弁交じりの口調で、約30分間、結構キビシイ運動をこなしました。きついながらも、高齢の参加者もそれぞれ努力してくださいました。

〔講話抄録〕
●「もの忘れ外来(認知症診断センター)」は紹介状は不要ですが、予約が必要です。1カ月以上待ちになることもあります。担当医師はマナベ先生とフジシロ先生です。いずれも他病院で教授あるいは院長をなさっているベテランです。初回は診察です。問診や家族からの聞き取りなどを行います。症状の原因は何か、全身検査を行い、多方面から診断をしていきます(この際、日常の困ったことなどをメモしてくると役立ちます)。2回目はMRI、SPECT、CTなどの画像診断を実施し、原因病の鑑別診断を行い、結果を説明します。その後、治療開始となります。病院は画像診断装置が充実しているので、大きなメリットがあります。レビー小体型、アルツハイマー型などによって、その症状に合わせた最良の治療方針を選定していきます。早期に治療を始めることにより進行を遅らせることができます。
●「メモリードック」というものもあります。費用は数万円ですが、さまざまな認知機能の検査を行いますので、もの忘れが不安な方は予約の上、利用できます。
●「認知症初期集中支援チーム」は医療と介護の専門職が集まったチームです。医師・看護師・作業療法士・理学療法士・ケアプラザ・・・が集まってチームを構成しています。自宅で生活している40歳以上の方で、認知症が疑われる方が利用できます。医療サービス・介護サービスを受けている方でも認知症による症状が強く対応に困っている方も利用できます。チームを利用するにはまず、区役所の高齢・障害支援課またはケアプラザに連絡すること。
お話のあとで数多くの質問が出たり、かつてご家族が入院していた方からご挨拶があったりと、1カ月ぶりで笑い声が漏れました。近未来「高齢者の4人に一人が認知症」などとする報道もあり、「認知症備えカフェ」としての活動意義を強く感じた時間でした。

〔次回予告〕
◎6月15日(火)13時半〜15時。荏田南三丁目自治会館。参加費100円。
        内容/都筑消防署川和消防出張所「高齢者と熱中症予防」

◎7月はビデオ、8月は休会(猛暑休み)










・マスク、汗拭き、上履き靴、飲み物をご持参ください(湯茶は出しません)。
・従来あったトイレの手拭きも撤去してあります。
・来場時に体温測定と手指消毒を行います。
・窓を開けて換気を図ります。会場は寒い(暑い)ことがあります。
・1週間内に体調不良や発熱のあった方は来場しないでください。
・後方から記録写真の撮影を行います。写りたくない方はお申し出ください。
・使用する椅子は、使用の前後にアルコール拭きしています。
・参加人数を過去の約5割にするなどの定員制限を実施しています。

CIMG0099.JPG
CIMG0107.JPG
CIMG0110.JPG



posted by 都筑区社協 at 09:13 | 11 荏田南地区

2021年05月24日

荏田南地区「えだみなみの歌声」が開催されました(4月20日)

4月20日(火)暖かい日。

マスク着用・手指消毒・検温・連絡先の記入・窓の開放などの対策をして
4ヶ月ぶりの再開です。

スタッフを含め11名の参加。


今月のプログラム

♪こいのぼり

ここで体操。
体をほぐした後は、お口の体操も。


♪東京ブギウギ

♪カチューシャ
♪ピクニック
♪ホルディリディア
 60年前、NHK「みんなのうた」が始まった頃の歌です。

♪高原列車
♪この道
 山査子(さんざし)ってどんな花?で盛り上がりました。

♪ふるさと

♪憧れのハワイ航路
♪青い山脈
♪忘れな草をあなたに

♪ふれあい丘の街


今月のお誕生日は紀子さん。
みなさんで「HAPPY BIRTHDAY」を歌いました。


次回は5月18日(火)場所は荏田南1丁目自治会館。
新型コロナの感染の状況により、変更・中止になる可能性もあります。


20210420_101001 (2).jpg20210420_101849.jpg20210420_110710.jpg
posted by 都筑区社協 at 11:00 | 11 荏田南地区

2021年05月21日

第79回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」が5月11日(火)に開催されました。

第79回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」が5月11日(火)に開催された。

ゴールデンウィークを避け1週間遅れの日程となり、参加人数が心配されたが、いつも通りの盛況となった。
新型コロナウィルス変異株感染拡大が続く中、ZOOM併用での開催を継続しているが、今回からポータブルWEBカメラを導入し、ZOOM参加者にも会場の臨場感をより感じてもらえるよう工夫し、概ね好評であった。
参加者 会場参加: 20名 スタッフ:7名
ZOOM参加: 3名 スタッフ:3名の計33名
今回は区役所から地区担当保健師の参加を得て、また『タウンニュース』の取材も入り、コロナ禍の中での活動をアピールする機会となった。

ダイヤ️今回の講座は葛が谷ケアプラザの池田看護師を招き、「食べて元気にフレイル予防」
準備いただいた資料にあるセルフチェック表に一喜一憂しながら、興味津々で聞き入る姿に、皆さんの体力維持向上への強い関心が窺える。
・フレイル予防に運動が欠かせぬことは良く認識され、日々努めておられるであろうが、 加えて、適切な食生活がとても重要。
・3食しっかり、主食・主菜・副菜を組み合わせ、色々な食品を摂ることが大事。 特にたんぱく質が重要な栄養素。
日々の食事内容を小まめに確認することを心掛けるように。
・ フレイル予防には噛み応えのある食品を食べること、そして可能なら家族やう友人と食事を共にするのも食欲増進に効果的。
・たくさん食べて、たくさん出かけて、趣味やボランティアをとおした社会参加も大切。
・食べるために欠かせぬのが歯や口腔の健康ということで、歯磨きや舌のケア、そしてお口の体操や唾液腺マッサージなどを勉強し、講座を終えた。
池田さん、貴重なお話、有難うございました。

ダイヤ続いて参加者のお喋りタイム。 名司会者の「今日はぶっちゃけましょう」の一言を皮切りに、やはり話題はコロナワクチン。
運よく予約できた人もあったが、大半は電話が繋がらないと。 偶々参加いただいた区役所保健師に小言の一つも言いたくなってしまいます。
保健師さんゴメンナサイ。 決して貴方のせいではありません。 「ワクチン打つまでは絶対に死ねない」との決意表明で大盛り上がりでした。
また女性軍から何もしない夫への不平なのか、お惚気なのか、まさに「ぶっちゃけ」ちゃいました。 でも本当に本音で何でも言えるのは夫に対してのみなんですね。
ご馳走様です。

IMG_1112.jpg
posted by 都筑区社協 at 17:44 | 11 荏田南地区

2021年05月06日

『どんぐりカフェ』令和3年4月の実施報告

『認知症(予防)どんぐりカフェ』第42回
【日 時】 令和3年4月20日(第三火曜日)13時半〜15時10分
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 17名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


都筑区内で8番目に設置された区内最小の認知症(予防)カフェです。
参加人数を当初の半分の15名に絞って、窓・サーキュレーター・空気
清浄機を全開にして開催しています。
アルコールによる手指消毒は開会時と閉会時の2回実施。お茶・菓子なし。

【今月のプログラム】
1)「食べて元気にフレイル予防」葛が谷地域ケアプラザの看護師・池田さん
2)「転倒&寝たきり防止、認知症予防の体操」荒堀ひろ子さん
3)情報交換

【今月の進行】
 定刻開会。
●毎年12月に社協に講師をお願いして以来(内容:あんしんセンター)、1月
からはコロナ感染急拡大のために休会となりました。今年初めての開催です。
今回は1月に予定していた池田看護師のお話です。
●荒堀さんの体操は、いつもの穏やかな関西弁交じりの口調で、約30分間、
結構キビシイ運動をこなしました。
きついながらも、高齢の参加者もそれぞれ努力してくださいました。
●今月は区役所から保健師の神園さんが来てくださいました。住民の看護師坂本
さんも出席。坂本さんは大学病院を経て高齢者施設に永年勤務していました。
●久しぶりで再会した参加者の、ほっとした笑顔が印象的でした。けっこう足が
上がらなくなった方、MCIが進行気味の方、数ヵ月会わないだけでずいぶん
変化が起きていました。この会が少しでも、認知症予防と快い生活に役立つ
ことができれば主催者として幸いです。
患者本人と家族の参加は、今回はありませんでした。

〔講話抄録〕
 フレイルとは、健康と要介護状態の中間のこと。要介護状態に到る前段階の
ことで、健康障害を招きやすいハイリスクな状態を意味します。
 自分の健康状態を確認してみましょう。さまざまな角度からの15の質問に
答えていただきました。
 従来から「身体活動」と「社会参加」が重要とされていますが、今日は
「栄養」の重要性に触れていきます。
 フレイル予防のための食事については蛋白質について特に説明します。
 蛋白質の摂取量が少なくなると筋肉量が減少し、加齢とともに筋蛋白の合成
が遅くなるために、高齢者はいっそう蛋白質をとることが大切になります。
 一つの食品だけでは採りきれないので、さまざまな食品を組み合わせること
が必要。肉、魚、牛乳・乳製品、豆腐、ちくわ、卵、小麦製品・・・・
 たくさん食べて、たくさん出掛けて、たくさん笑いましょう。お口の手入れ
も大切です。歯磨き、入れ歯の手入れ、舌のケア、うがい・・・
 オーラルフレイルも大切です。嚥下力が低下すると、誤嚥性肺炎になりやす
くなります。むせる、食べこぼす、食欲低下、軟食中心・・・口が乾く、自分
の歯が少なくなる・・・なども要注意です。口の体操もしましょう。
 急激な寒暖の変化に備えて、体調に気をつけましょう。

【次回予告】

◎5月18日(火)13時半〜15時。荏田南三丁目自治会館。
 参加費100円。
 内容/新都市脳神経外科病院「もの忘れ外来」の紹介(依頼中)

◎6月15日(火)13時半〜15時。荏田南三丁目自治会館。
 参加費100円。
 内容/都筑消防署川和消防出張所「高齢者と熱中症予防」

◎7月20日(火)2回上映。時刻未定。荏田南三丁目自治会館。
 参加費 無料。
 映画「ぼけますからよろしくお願いします」

◎8月は休会(猛暑休み)


・マスク、汗拭き、上履き靴、飲み物をご持参ください
 (湯茶は出しません)。
 従来あったトイレの手拭きも撤去してあります。
・来場時に体温測定と手指消毒を行います。
・窓を開けて換気を図ります。会場は寒い(暑い)ことがあります。
・1週間内に体調不良や発熱のあった方は来場しないでください。
・後方から記録写真の撮影を行います。写りたくない方はお申し出ください。
・使用する椅子は、使用の前後にアルコール拭きしています。
・参加人数を過去の約5割にするなどの定員制限を実施しています。

CIMG0082.JPGCIMG0085.JPGCIMG0088.JPGCIMG0086.JPGCIMG0087.JPGCIMG0089.JPGCIMG0090.JPGCIMG0091.JPGCIMG0092.JPGCIMG0093.JPGCIMG0094.JPGCIMG0085.JPGCIMG0084.JPGCIMG0083.JPGCIMG0087.JPG
posted by 都筑区社協 at 11:32 | 11 荏田南地区

2021年04月28日

第78回「ほほえみ交流カフェ((4月6日)」を開催しました。

ほほえみ交流カフェ・スタッフの三宅です。 今回から報告を担当します。 拙い文章ですが、宜しくお付き合いください。

第78回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」が4月6日(火)に開催された。

新型コロナ感染症流行の再拡大が懸念される中、先月に続きZOOMでのリモート参加を併用し、会場スタッフ数を制限しての開催となった。
参加者 会場参加: 17名 スタッフ:9名
ZOOM参加: 3名 スタッフ:3名の計34名
今回は春休み中の中学生や、新たにスタッフ参加いただく方もあり、地域活動の拡がりを感じる会となった。

ダイヤ会場アテンドのスタッフの挨拶を皮切りに、今回3名の参加をいただいた葛が谷薬局様の新型コロナウィルスの消毒・除菌とハンドケア講座がスタート。
・人間は無意識に顔、特に口や眼そして鼻を頻繁に触っている。 1時間で顔を触ること23回、口は4回、眼や鼻は夫々3回という調査もあると。 飛沫を直接浴びる他に手を介した接触感染の危険も大きい。
・感染予防には人との間隔、換気、マスクそして手洗い・消毒が重要
・手洗いをきちんとすればアルコールは不要ではあるが、水や石鹸がなければアルコール。使用するアルコールは濃度70〜95%のエタノールであるが、アルコール過敏症や火の気に注意。
・身の回りにある物では、食器は80度以上の熱水、ドアノブなど手に触れる箇所にはハイターなどの塩素系漂白剤が有効。 塩素系薬液の使用に当たっては希釈濃度に注意。またサンポールなど酸性消毒液とは絶対に混ぜぬこと。
・アルコールを手指に使うに当たって気になるのが肌の荒れ。 とういうことで、ここから参加者興味津々のハンドケア講座。 まず参加者の肌湿度を計測してみると、殆どの皆さんが36%以下で乾燥気味というショッキングな結果であったが・・・・
・葛が谷薬局さんに提供いただいたビタミン系のハンドケアクリームを塗った後、再計測してみると皆さんの数値が改善。 中には29%から41%に大幅改善した方もあり、 お友達と数値を比べあい、ニコニコ顔で講座終了。

ダイヤ次なるプログラムは参加者間のお喋りタイム、参加者代表者のいつもながらの名司会振りで大いに盛り上がる。
特に今回は、体調の関係で会場参加が叶わなかったシニアと ZOOMを介して久しぶりのご対面。
嬉しそうな表情がとても印象的。次回は是非会場参加するとの言葉もあり、ZOOM活用の効果を実感。
また、皆さん散歩に精を出しておられるようで、改装が進む緑道の道すがら、春の訪れを感じていると。
まだまだ喋り足りないご様子であったが、時間の関係で次のプログラム、ヨガ体操へ

ダイヤヨガ体操は何回か振りの実施となったが、 これまたリーダーの名指導の下でリフレッシュ。

ダイヤ最後は恒例の「ふれあい丘の街」を全員で心の中で静かに熱唱。 早く思い切り声を出して歌いたいとカラオケファンの声しきり。
こうして13時30分に始まった会は15時10分に終了した。

写真2.png

写真1.png
posted by 都筑区社協 at 17:20 | 11 荏田南地区

2021年03月22日

荏田南地区社協の広報紙をアップしました!

荏田南地区社協・広報紙

「ほほえみ〜今、悲しくて、淋しいあなたへ〜」を

アップしました!

ぜひ、ご覧ください!

2021年春号(vol.31)
こちらをクリック↓↓↓
ほほえみ(vol31-1).pdf
ほほえみ(vol31-2).pdf
posted by 都筑区社協 at 10:36 | 11 荏田南地区

2021年02月16日

第76回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」が開催されました!(2月2日)



第76回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」が開催されました

(2月2日)



代表の小泉雅二です。

今回は、緊急事態宣言が出されている中、ZOOMでの開催となりました。

会場には、私と2人。

その他13人がZOOMで参加しました。(合計16名)

今回初めて参加頂いたOさんは、IT関係のお仕事で、シニア向けのITの参考のために区社協のご紹介で参加頂きました。Oさん今後アドバイスお願いいたします。

◆本日のミニ講座は行政書士の横尾様の「改正相続税の話」です。

もちろん講師もZOOMでご自宅からお話頂きました。



相続法が段階的に改正されています。

平成31年1⽉13⽇〜
  ⾃筆証書遺⾔に関する⾒直し
令和元年7⽉1⽇〜
  遺産分割前の預貯⾦の払い戻し制度
  相続⼈以外の者の貢献を考慮するための⽅策
  遺留分制度の⾒直し
令和2年4⽉1⽇〜
  配偶者居住権の新設
令和2年7⽉10⽇〜
  遺⾔書を法務局で保管です。

(横浜地方法務局本局に持ち込めば、保管してくれます。 )



◎遺言書って作らなきゃいけないのか?

「遺⾔を作らないといけない⼈」
相続⼈に認知症(精神障害)・⾏⽅不明・⾳信不通の⼈がいる・相続⼈以外に残したい。または、相続⼈がいない人です。

「できれば作った⽅がいい人」
たとえば、2⼈の⼦供のうち、⼤部分を⻑男にしたい人や、⼿続の負担をできる限り減らしてあげたい人です。

「その他の人」は、作っても作らなくてもいいのですが・・・。

◎専⾨家の願いとして、⼈間の営みの中で必ず起こる「相続」が家族のトラブルに繋がるのは悲しい。遺言書は、ご先祖に感謝し、より⼀層その繋がりが強くなるようにするためのものであって欲しい。

そのための遺⾔を残して欲しいと思います。





◆その後、皆様のお話です。ZOOMでのお話ですので、いつもと勝手が違いますが、顔を見ながらお話で  きるのもいいですね。

「567」のおかげ??? でも「5678184」(コロナはイヤヨ)



◆話の中心は、このZOOMでの進め方です。

シニアの方は、このオンラインに対して相当抵抗があります。

どのように慣れていただけるかが課題です。

今回は会場に3人のため、ノートPCの画面を見ながらおしゃべりしましたが、

次回からは、これまで使っていたプロジェクターの画面をもっと大きくするため大型スクリーンを購入して、会場に来て頂いた方とZOOM参加者を繋げるようにします。また、次回のミニ講座は、スマホ講座なので、スマホの使い方やZOOMの使い方などを説明して行き、会場に来れない方も参加できるようにしたいと思います。



◆最後に「ふれあい丘の街」を画面と音声を共有して鑑賞。

ご自宅にいる方は、大声で歌って頂きました。



以下ZOOM参加者の写真です。

キャプチャ (1).jpg
posted by 都筑区社協 at 20:52 | 11 荏田南地区

2020年12月26日

荏田南地区「えだみなみの歌声」が開催されました!(12月15日(火))

12月15日(火)だんだん寒さが厳しくなってきました。

先月に引き続き
マスク着用・手指消毒・検温・連絡先の記入・窓の開放などの対策をしています。

スタッフを含め13名の参加。


今月のプログラム

♪灯台守

ここで体操。
体をほぐした後は、お口の体操も。


♪諸人こぞりて
♪ジングルベル
 クリスマスが近いのでクリスマスソングを。
 鈴やタンバリン、カスタネットなどを使ってにぎやかに。

♪きよしこの夜
 まあちゃんのギター伴奏で歌います。

♪きよしのズンドコ節
 「きよし」つながり。

ここで換気。
その間に紅茶でちょっと喉を潤します。

♪冬景色
♪冬の夜
♪母さんの歌

♪バラが咲いた
 これもまあちゃんのギターで。

まあちゃんの弾き語りで「純風」
「じゅん散歩」のテーマソングです。

♪津軽海峡冬景色

♪ふれあい丘の街


今月のお誕生日は清子さんと節子さん。
1月と2月のお誕生日の
天信さん、マチ子さん、悦子さん、美代子さん、寿美子さんも
一緒にお祝い。
みなさんで「HAPPY BIRTHDAY」を歌いました。


新型コロナウィルスの感染が拡大していることもあり
1月、2月はお休みします。
次回は3月16日(火)場所は荏田南1丁目自治会館。参加費は100円です。
感染の状況により、変更・中止になる可能性もあります。


20201215_100918.jpg

20201215_110820.jpg

20201215_111646.jpg

20201215_111842.jpg

20201215_111911.jpg
posted by 都筑区社協 at 15:15 | 11 荏田南地区

2020年12月22日

第75回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」が開催されました!(12月1日)


第75回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。(12月1日)

代表 小泉雅二



1丁目の中山様ご夫妻はZOOMで参加頂きました。

また葛が谷薬局さんもZOOMで参加頂きました。





★早くも12月。

毎年恒例 中川ともゆきさんのクリスマスコンサートです。

湯の街エレジー・紅葉・(12月1日は映画の日だそうで・・・映画の歌を何曲か)

禁じられた遊び・東京行進曲・大江戸出世小唄・舟渡河合や・高原列車は行く

・有楽町で逢いましょう・太陽がいっぱい・喜びも悲しみも幾歳月・嵐を呼ぶ男・錆びたナイフ・赤いハンカチ・銀座の恋の物語・夢で逢いましょう・シャボン玉ホリディー・上を向いて歩こう・スーダラ節・ケセラ・愛の讃歌

の20曲を歌って頂きました。



★コンサートの後、皆様に

お菓子とお茶とメッセージカードのクリスマスプレゼント!

今年は、スタッフ全員でメッセージカードを作りました。



★ほほえみコーナー(進行::参加者代表 田辺)

参加の皆さんからのひと言です。

―コロナで化粧しなくなった。でも今日は薄化粧。

―初めて参加しました。コロナで出会いがなかったが、今日はほっとしました。

―歌が好きです。

―5月〜11月何か出来ないか考えていました。友人はウクレレをマスターしました。

―0120でお話をする。直接声を聴いて話すのは良い。

―声が聴けるのが良い。

―コロナ感染者数が減ると、自分の事のようにほっとする。

―今日は生演奏で歌が聞けて良かった。

―早めに旦那さんを寝かせています。

★当日の様子です。


IMG_2613 (1).jpg

IMG_2614.jpg

IMG_2619.jpg

IMG_2620.jpg

IMG_2626.jpg

IMG_2628.jpg

IMG_2630.jpg

IMG_2632.jpg

IMG_2634.jpg

IMG_2636.jpg

IMG_2638.jpg

IMG_2639.jpg

IMG_2642.jpg

IMG_2644.jpg

IMG_2645.jpg

IMG_2647.jpg

IMG_2648.jpg

IMG_2650.jpg

IMG_2654.jpg

IMG_2656.jpg

IMG_2658.jpg

IMG_2659.jpg   

IMG_2661.jpg

IMG_2665.jpg

IMG_2667.jpg

IMG_2669.jpg

IMG_2671.jpg

IMG_2676.jpg

IMG_2682.jpg

IMG_2681.jpg

IMG_2684.jpg

IMG_2677.jpg

IMG_2679.jpg

posted by 都筑区社協 at 19:36 | 11 荏田南地区

2020年12月22日

荏田南地区社協の広報誌をアップしました!

荏田南地区社協・広報紙

「ほほえみ〜今、悲しくて、淋しいあなたへ〜」を

アップしました!

ぜひ、ご覧ください!


ほほえみ(vol30).pdf

ほほえみ(vol30-2).pdf
posted by 都筑区社協 at 19:12 | 11 荏田南地区

2020年11月28日

第40回『どんぐりカフェ』が開催されました!(11月17日)

『どんぐりカフェ』令和2年11月の実施報告


【件 名】 『どんぐりカフェ』第40回
【日 時】 令和2年11月17日(第三火曜日)13時半〜15時
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 16名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


 当カフェは「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。半年間の休会を経て、さらにこぢんまりと再開しています。
 コロナ禍のもとでの開催のカギは「換気」です。三密防止への配慮は当然のことですが、換気が疎かに考えられがちです。参加者の検温や手指・机椅子・ドアノブのアルコール消毒を行うとともに、窓や出入口を開けて、サーキュレータとエアコンで気流を起こしつつの開催です。日射の暖かい日でしたが、暖房をつけました。
 飛沫感染防止のために今回もお茶・菓子とおしゃべりコーナーはなし、です。
 県内の感染者が増加傾向にありますので、三密防止のため再開告知もいまだ控えめにしています。

【今月のプログラム】
1)「高齢者と薬の関係」ハートフル薬局荏田南店/管理薬剤師 七條幸子さん
2)「転倒&寝たきり防止、認知症予防の体操」荒堀ひろ子さん
3)情報交換



【今月の進行】
●定刻開会。
●進行はすぐに本日の講師・七條さんに交代。スライドを見ながらのお話です。
 荏田南三丁目に2軒ある調剤薬局のうち南端のお店です。同町内では多くの住民がお世話になっています。
 テーマは〔高齢者と薬の関係、他〕。たいへん分かりやすいお話とスライドです。
 まず序章で「お薬の主作用と副作用」から始まり、「フレイル」に触れてくださいました。フレイルとは健康と介護が必要な状態の中間の状態を指します。心身ともに脆弱性が増しており、要介護や寝たきり、認知症になるリスクが高まっています。当カフェの目的の一つはプレフレイルの改善でもあります。横浜市老人クラブ連合会でも、今年はフレイル防止に力を入れ始めました。
 高齢者は体重の減少や加齢によって、薬を体外に排出しようとする身体機能が低下して、薬が強く効きすぎる現象が起きることがあります。
 さらに多くの薬を飲んでいるため、薬と薬の相互作用が起きる可能性もあります。転倒を起こしやすい薬を飲んでいる場合は特に要注意です。例えば、睡眠鎮静剤、抗うつ薬、鎮痛剤、てんかん治療剤、血圧降下剤、糖尿病薬など。
 高齢者の転倒は寝たきりにつながります。
 後半では、かかりつけ薬剤師やお薬手帳の効能などにも触れてくださいました。
たいへん充実したミニ講義の一時でした。

荒堀さんの体操は、いつもの穏やかな関西弁交じりの口調で、約30分間、結構キビシイ運動をこなしました。きついながらも、高齢の参加者もそれぞれ努力してくださいました。

事務連絡としては1点です。
 11月25日「日帰りバスツアー」。鎌倉・城ヶ島方面。gotoトラベルや県の助成をフル活用します。都田荏田地区老連。どんぐり会のお申し込みは41名。
 バスの換気と消毒は十分留意してあります。昼食でマスクを外したときにご注意ください。25日(都田荏田地区老連)と30日(中川地区老連)の両日で申込み者は400名となりました。


【次回予告】

 12月15日(火)13時半〜15時半。荏田南三丁目自治会館。参加費100円。

 ・マスク、手拭き、上履き靴、飲み物をご持参ください(湯茶は出しません)。
    従来あったトイレの手拭きも撤去してあります。
 ・来場時に体温測定と手指消毒を行います。
 ・窓を開けて換気を図ります。会場は寒いことがあります。
 ・1週間内に体調不良や発熱のあった方は来場しないでください。
 ・後方から記録写真の撮影を行います。写りたくない方はお申し出ください。
〔内容〕
・講義/都筑区社会福祉協議会ご担当者の講話(12月恒例)
・「認知症予防体操」荒堀さん
・「京都案内。バーチャルGOTO。行ったつもりの美画像」野本さん(民生委員)
・情報交換

CIMG0027.JPG

CIMG0032.JPG

CIMG0036.JPG

CIMG0042.JPG

CIMG0037.JPG

CIMG0046.JPG

CIMG0049.JPG
posted by 都筑区社協 at 16:45 | 11 荏田南地区

2020年11月28日

荏田南地区「えだみなみの歌声」が開催されました!(11月17日(火))

11月17日(火)11月にしては暖かいですが、ずっと窓を開けていると寒くなります。

先月に引き続き
マスク着用・手指消毒・検温・連絡先の記入・窓の開放などの対策をしています。

スタッフを含め13名の参加。


今月のプログラム

♪野菊

ここで体操。
いつも体操をしてくれる寿美子さんがいないので、
急遽、響子さんの伴奏でラジオ体操を。


♪あざみの歌
♪二人でお酒を

♪鐘の鳴る丘
 朝の連ドラ「エール」の古関裕而さんの曲。
 参加者さんから戦災孤児の話も。

♪翼をください
♪四季の歌
 
♪時代
 中島みゆきに挑戦。ちょっと難しいですね。 


換気中、おしゃべりタイム。
新型コロナの感染者数が増えてきましたが
今後、この「えだみなみの歌声」を開催するかお休みするか
みなさんのご意見をうかがいました。


康正さんのギターで「里の秋」と「誰もいない海」を。


今月のお誕生日は弓子さんと伴奏の響子さん。
みなさんで「HAPPY BIRTHDAY」を歌いました。


♪北上夜曲
♪銀色の道
♪長崎の鐘
 これも古関裕而さんの曲。

♪ふれあい丘の街



次回は12月15日(火)場所は荏田南1丁目自治会館。参加費は100円です。
新型コロナウィルスの感染の状況により、変更・中止になる可能性もあります。


20201117_100423 (1).jpg

20201117_111400.jpg

20201117_112313.jpg

20201117_112317.jpg
posted by 都筑区社協 at 16:06 | 11 荏田南地区

2020年11月13日

荏田南地区社協 『ウォーキングシニアさろん』が開催されました!

11月3日(火)、荏田南地区社協にてコロナ禍で初の外歩き企画となる「ウォーキングシニアさろん」が開催されました!
以下当日の写真と報告です。


【報 告】
85名が参加
荏田南地区社協
初の『ウォーキングシニアさろん』開催
写真@.jpg

 令和2年11月3日(火)10時から雨上がりの薄日が射すなか、荏田南地区社協初めての『ウォーキングシニアさろん』が開催され、約85名の高齢者が参加しました。
 これは地区社協創設以来、毎年、荏田南中学校格技場を会場に実施してきた世代間交流『シニアサロン』が新型コロナウイルス蔓延のため開催できなくなったためで、代替案として実施されました。例年は荏田南中学校の生徒や荏田南小学校の児童らも参加して、地域の高齢者との交流を図る総勢120名を超える秋の一大イベントとなっていました。
 本年は多数の住民が密集して会食をするのは躊躇われるところから、企画部会を設置して数カ月にわたって代案を検討し企画をまとめました。実施に当たっては地元の民生委員やボランティアが主力となり、葛が谷地域ケアプラザの職員も参加しました。

 当日は、早朝まで雨が降っていたが、日の出とともに止み、晴れの特異日にふさわしい天気となりました。各町内をおしゃべりしながら出発した参加者グループは、まず遊歩道の「木もれ日広場」で検温・手指消毒を行い、三々五々「間違い探し」「隠れ文字探し」など5問の脳トレを楽しみました(写真参照)。
写真A.jpg

写真B.jpg

終わった人はペットボトルのお茶を受け取り、ゴールの「鴨池公園」へ向かいました。ゴールでは、折り畳み椅子が用意され、ヨガ指導暦40年以上の歌川さん(地元在住)の掛け声でストレッチ体操を行いました。「頭も口もほぐれたところで体もほぐしてください」という軽妙な語り口にどっと笑いも起こりました。終わって、健康体操パンフや地元の障害者施設で焼いたクッキーを受け取って、流れ解散しました。鴨池公園は木々の葉も軽く色づきはじめ、快適な気温の一日でした(写真参照)。
設営開始9時、撤収12時。

写真C.jpg

写真D.jpg

写真E.jpg

 藤巻孝司・地区社協会長は「過度の閉じ籠もりは認知症やフレイルのもとなので、1日1回は外に出てほしい」と趣旨を語っています。また参加者の一人は「久しぶりに近所の人とゆっくり会話できた」と喜びを語っていました。
 横浜市ではすでに4人に一人が65歳以上となり、港北ニュータウンの先行入居地域である当地区でも高齢化が急速に進展しています。

 スタッフの感想「私自身、社協イベントの企画は初めての経験で至らぬ点も多々ありましたが、先輩社協メンバー各位の活躍のお陰で、無事開催できました。 
コロナ禍の中、例年のような盛り沢山の企画とはなりませんでしたが、参加いただいたシニアの皆さんの笑顔がとても印象的でした。」





posted by 都筑区社協 at 12:39 | 11 荏田南地区

2020年10月30日

「えだみなみの歌声」が10月20日(火)に開催されました!



10月20日(火)ずっと窓を開けておくと少し寒いくらいです。

先月に引き続き
マスク着用・手指消毒・検温・連絡先の記入・窓の開放などの対策をしています。

スタッフを含め14名の参加。
ひさしぶりにお会いできた常連さんもいて、うれしかったです。


今月のプログラム

♪村祭り

ここで体操。
座ったままでも、立ってできる人は立って。

♪ブルーライトヨコハマ
 先日亡くなった筒美京平さんの曲。

♪旅愁
♪十五夜お月さん
♪証城寺の狸囃
 秋の名曲がたくさんありますね。

♪紅葉
 人数は少ないけど、ふたつに分けて輪唱しました。

♪あの町この町

換気中、ちょっとおしゃべりタイム。
まあちゃんの弾き語りで「夢で逢えたら」
京急蒲田駅の入線メロディです。
(京急の横浜駅は先ほどの「ブルーライトヨコハマ」)


♪小さい秋見つけた
♪里の秋
♪故郷の空
♪一杯のコーヒーから
♪学生時代

♪ふれあい丘の街

「もう少し新しい曲にも挑戦したいわ」という声もいただきました。
翼をください?オフコース?ユーミン?中島みゆき?
何に挑戦するか、乞うご期待!


次回は11月17日(火)場所は荏田南1丁目自治会館。参加費は100円です。
新型コロナウィルスの感染の状況により、変更・中止になる可能性もあります。

20201020_101210.jpg

20201020_101758.jpg

20201020_112244.jpg
posted by 都筑区社協 at 10:28 | 11 荏田南地区