2017年12月28日

第11回“えだみなみの歌声”が開催されました

12月19日(火)今月はクリスマスっぽく飾ってみました。参加者は13名です。
見学の方もいらっしゃいました。

今月のプログラム
♪みかんの花咲く丘
 みかんのおいしい季節になったので、みかんの歌を。

今月はここで体操です。
まずはお口の体操。
先月やった「赤アロエ飴・青アロエ飴・黄アロエ飴」…うまく言えるかな?
次に「アエイウエオア・カケキクケコカ…」を最後の「パペピプペポパ」まで。
その後はヨガ。伸びをすると気持ちがいいです(^^)

20171219_101945.jpg

♪ここに幸あり
 体操のおかげで、声がよく出ます。すばらしい!
♪君の名は
♪鉄道唱歌(第二弾)
 以前「横須賀」まで歌ったので、今日は14番まで。富士山に近づいてきました。
♪冬景色

♪諸人こぞりて
♪ジングルベル
♪きよしこの夜
 クリスマスの歌。
 「ジングルベル」の歌に合わせて、鈴を鳴らしたり踊ってみたりしました。

ここでお茶タイム。
クリスマスなので特別にケーキとアールグレイの紅茶を。
おいしいものをいただいて、みなさん笑顔です。

20171219_100521.jpg

♪赤鼻のトナカイ
♪雪の降る街を
♪カチューシャの唄
♪鈴懸の径
♪フニクリ・フニクラ
 「オニのパンツはいいパンツ」の曲です。
♪旅の夜風
♪悲しき酒
 まあちゃんだけの伴奏で。難しい曲ですね。
♪365歩のマーチ
 足踏みしながら歌ったら、2番の途中から息が切れました。
♪今日の日はさようなら

♪ふれあい丘の街

20171219_100710.jpg

今年の1月から始めた「えだみなみの歌声」も、みなさんのおかげで1年やってこられました。
これからも楽しく歌って元気に過ごしましょうね。

次回は1月16日(火)10時から荏田南1丁目自治会館で行います。参加費は200円。
みなさんのご参加をお待ちしています。
posted by 都筑区社協 at 17:44 | 11 荏田南地区

2017年12月28日

第11回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成29年12月の実施報告


【件 名】 『どんぐりカフェ』第11回
【日 時】 平成29年12月19日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 30名(狭小会館のため、会場がちょっと狭く感じた人数です)
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。
 今月は畑澤・都筑区長/星・高齢障害支援課長/谷合係長らの視察がありました。
【今月のプログラム】
1)ミニ講義/「ケアプラザの説明&認知症とは?」田端さん(葛が谷ケアプラザ)
2)「区長を囲んで写真を撮ろう」
3)「みんなでストレッチをしよう」荒堀さん
4)「お楽しみコーナー」クリスマスの歌など6曲。桐さん、小泉さん、城所さん
5)「お茶とおしゃべりのひと時」コカリナ吉川さん


【今月の進行】
 今月は畑澤・都筑区長/星・高齢障害支援課長/谷合係長らの視察がありました。
区長は設置後約1年を経過したカフェを順に回っています。区内でさまざまな行事・イベントでの挨拶もありますから、着任以来これまでに歩いた距離は相当なものになります。 畑澤区長はこれまで荏田南1丁目2丁目には来ていましたが、県道を越えて都筑区の西端の辺境である3丁目に来たのは初めてです。
冒頭で住民の根橋良子さんが歓迎の挨拶。
1)ミニ講義/「ケアプラザの説明&認知症とは?」田端さん(葛が谷ケアプラザ)
 スライドを使ってケアプラザの業務についてわかりやすい説明をしてくださいました。2)区長さんは2時半で退出とのことで、みんなで記念撮影をしました。
3)続いて、かつて葛が谷ケアプラザの『若返り体操教室』の受講生であった荒堀さんをリーダーに30分間「みんなでストレッチ」しました。狭い会場で、かつ椅子に座ったままでしたので窮屈でしたが、95歳85歳という参加者も頑張りました。
 荒堀さんには3月から毎月、ストレッチを教えていただくことになっています。体を動かすことは大切な認知症予防行為です。
4)終わって「お楽しみコーナー」。クリスマスの歌など6曲。葛が谷ケアプラザ所長の桐さん、ほほえみ交流カフェ代表の小泉さんお二人のギター。そして住民の城所さんのハーモニカがみごとに合いました。城所さんも90歳です(3月にはお楽しみコーナーへの出演をお願いしました)。
 途中で長髪の“かまやつ”さんが登場。小泉さんの扮装もだんだん上手になりました。5)最後に、みなさんで「お茶とおしゃべりのひと時」を楽しく過ごしました。シメは吉川さんのコカリナ「浜千鳥」でした。

 今回も当事者とそのご家族には気づきませんでした(申告なし)。溶け込んでいてくださるのでしょうか。
 今月は区役所、社協、ケアプラザ、グループホームスタッフの方々が揃いました。そしていつもの町内のスタッフの皆さん、ありがとうございました。
1月16日は時間変更となります。11時から社協あんしんセンターの説明、12時

演芸「南京玉簾」。終わって新年昼食会(自治会援助)。解散13時半〜14時ごろ。
                                   (佐藤)

20171219_2994.JPG

20171219_2997補.jpg

20171219_3005.JPG

20171219_3018.JPG

20171219_3022.JPG

20171219_3028.JPG

20171219_3029.JPG

20171219_3033.JPG

20171219_3035.JPG

20171219_3044ホ.jpg

20171219_3047.JPG

20171219_3053補.jpg

20171219_3059.JPG

20171219_3048.JPG

20171219_3058.JPG
posted by 都筑区社協 at 17:41 | 11 荏田南地区

2017年12月12日

第10回“えだみなみの歌声”が開催されました

11月21日(火)すっかり秋らしくなってきました。今月の参加者は11名です。

今月のプログラム
♪忘れな草をあなたに
♪蠍座の女
 参加者のなかで、二人だけ(古澤さんと三村さん)が「蠍座の女」でした。
♪お嫁においで
 加山雄三さんの母親は、幕末の岩倉具視のひ孫です。懐かしい五百円紙幣をまあちゃんの携帯で回し見!
♪君といつまでも
 まあちゃんのギター伴奏
♪あざみの歌
♪灯台守
♪故郷の空
♪トロイカ
♪ともしび
♪旅愁

ここでお茶タイム。
お茶のあとは歌川さんのヨガ体操。今回は、体操のほかにお口の体操も。
★その一
赤アロエあめ
青アロエあめ
黄アロエあめ
★その二
ジャズ歌手
シャンソン歌手
フォークソング歌手
だんだん速くやると口がもつれましたが、これからも続けていきたいですね。

♪月の砂漠
♪虫の声
♪知床旅情
♪夢は夜ひらく
♪あなた
♪銀座の恋の物語

♪ふれあいの丘の街

次回は12月19日(火)10時から。クリスマスが近いので素敵なお菓子をご用意します♪
みなさんのご参加をお待ちしています。

utagoe_20171121.JPG
posted by 都筑区社協 at 10:47 | 11 荏田南地区

2017年12月12日

第43回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(12/5)

代表小泉雅二
12月としては比較的あたたかな1日でした。
お客様は、
葛が谷CPの今福さん・とんとんの鈴木さん・
元富士見茶屋の荒川さん・東海大学の加藤先生でした。、

◆ミニ講座は「かもいけ」の笠松さんによる「小規模多機能居宅介護施設」
についてのお話です。
都筑区には、要介護者が利用できる施設が7箇所・要支援者から利用できる施設が2箇所あります。その中で「かもいけ」は一番最初に出来た施設だそうです。
普通の介護施設は、ケアプラザのケアマネージャーが介護計画を立てますが、
小規模多機能施設は、施設内に専門のケアマネージャーがいて、デイサービス・
訪問看護・宿泊などのサービスが受けられるところが大きな特徴です。
利用できる人は、横浜市内に住んでいて、要介護認定を受け、要支援・要介護の認定結果を受けた方です。
月単位で要介護度による基本料金と利用したサービスの料金です。
「かもいけ」では月単位の基本料金と利用ごとの朝食400円・昼食600円・夕食600円・おやつ100円・宿泊2000円だけです。送迎やお風呂に入ったりしても費用はかかりません。
例えば、30日宿泊しても上記利用料金3700円×30日と基本料金だけで済みます。
12〜13万程度で利用できるとは・・・安いです。
また、昼食とおやつだけ、などと言う利用の仕方もできます。
「今日だけ宿泊」などもOKです。
などのお話を分かりやすく話してくださいました。
◆続いて、お茶とお菓子の時間です。
今日はクリスマスとしていつもより豪華な和菓子の詰め合わせ袋。
袋の中には小さいサンタさん。用意してくれたスタッフに感謝。
東海大学の加藤先生からも差し入れを頂き、盛沢山。
◆その加藤仁美教授(東海大学工学部建築学科都市計画研究室)による
「港北ニュータウンにおける高齢者の日常生活圏と居場所の実態」についての
アンケート調査に協力しました。今年の卒業論文の資料となるようです。
◆お楽しみコーナーは音楽療法士中川さんのクリスマスコンサート。
昨年12月の最後の富士見茶屋でのコンサート以来1年ぶりの出演です。
古賀メロディーのリクエストもあり次の曲を演奏。
影を慕いて・湯の町エレジー・男の純情・旅姿三人男・名月赤城山
赤城の子守唄・麦と兵隊・有楽町であいましょう・銀座の恋の物語
夢で逢いましょう・東京ドドンパ娘・上を向いて歩こう
悲しい酒・川の流れのように
クリスマスソングはありませんでしたが、イントロを聞いてこれ何の歌???と考えることが脳を活性化させます。
楽譜も見ないでこれだけの歌と演奏。さすがプロですね。
◆最後に「ふれあい丘の街」合唱
12月16日(土)荏田南幼稚園で子供のためのクリスマスコンサートの案内もしました。

IMG_1130.JPG

IMG_1136.JPG

IMG_1138.JPG

IMG_1139.JPG

IMG_1141.JPG

IMG_1144.JPG

IMG_1147.JPG

IMG_1148.JPG

IMG_1150.JPG

IMG_1151.JPG

IMG_1154.JPG

IMG_1157.JPG

IMG_1159.JPG
posted by 都筑区社協 at 10:41 | 11 荏田南地区

2017年12月04日

第10回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成29年11月の実施報告


【件 名】 『どんぐりカフェ』第10回
【日 時】 平成29年11月21日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 18名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。

【今月のプログラム】
1)健康体操「大声ツアーズ」嘉山 仁(朝日のあたる家)さん、村山インストラクター
2)お楽しみコーナー「オカリナ演奏」松田さんとその仲間たち


 昨日今日と連続して寒い日が続いているせいか、みなさんの出足が鈍りました。でも、ぶつからないように健康体操をするにはちょうどいい人数です。

1)今日の講師の嘉山さんは、都筑区内北山田にある『グループホーム朝日のあたる家』の理事長さんです。同じグループから、インストラクターの村山さんを帯同してくださいました。村山さんは今年高校を出たばかりの初々しいインストラクターです。でもそんなことは想像できないほど大きな声! みんなを巻き込んでいきます。
 最近、高齢者にとっては「低強度レジスタンス運動」の必要性が叫ばれています。要は「軽い筋トレ」です。今回は、声を出しながら、ナツメロに乗って運動しようというプログラム。お互いがぶつからないように少し広い場所が必要です。
まずは「体と喉のリラックス体操」頭から足先まで、声を出しながら部位ごとにほぐしていきます。手足ブラブラ〜〜〜など。
 続いて「呼吸筋の体操」。横隔膜を大きく動かして呼吸します。吐く息の最後は口を窄めてウーと大声。吸って吐いて吸って吐いてウーー。
 最後に曲をつけて体操です。ナツメロが数曲。七十歳代八十歳代には思い出の曲です。 軽く汗を書いたところで終わりました。日ごろ体を動かしていない人には、少しきつめの約40分間でした。

2)お茶を飲んで落ちついたところで、自治会館のご近所にお住まいの松田さんのオカリナです。今回はお友達とアンサンブルです。同じ町内に住んでいてもなかなか聞く機会がありません。曲は、汽車ポッポ/もみじ/学生時代/高校3年生/見上げてごらん夜の星を、の5曲でした。3曲はみんなで合唱です。
 途中で「フォークダンスやキャンプファイヤーを当時、実際にやったことのある人は?」などと質問が入り、参加者はみんなワイワイガヤガヤ、往年の高校生のころを思い出していました。こういうことがゆっくり出来るのは小規模カフェのいいところです。
 認知症を予防するために身体的な活動、認知的な活動、社会的な活動、いずれをするにしてもまず家から外に出ていただくことが欠かせません。とにかく当カフェに来ていただきたいものです。

 嘉山 仁理事長は、東山田ケアプラザの堂前所長と喜多尾さんにご紹介いただきました。感謝します。ありがとうございました。毎月、「認知症カフェ連絡会」を開いているおかげの情報でした。
 今回も葛が谷ケアプラザから、田端さんと明間さんにお越しいただきました。ありがとうございます。

 次回は12月19日です。当日は葛が谷ケアプラザ・デーとなります。ケアプラザのお仕事の紹介、そして健康体操、桐所長のギターと盛り沢山です。お楽しみに!
 そして1月は区社協から「あんしんセンター」の説明が予定されています。自治会行事の新年昼食会と重なるため、時間を変更して11時からの変則開会となります。

20171121_2940補.jpg

20171121_2944.JPG

20171121_2945補.jpg

20171121_2946.JPG

20171121_2948.JPG

20171121_2950.JPG

20171121_2951.JPG

20171121_2953.JPG

20171121_2955.JPG

20171121_2956補.jpg

20171121_2957補.jpg

20171121_2961.JPG




posted by 都筑区社協 at 09:12 | 11 荏田南地区

2017年11月20日

第42回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(11/7)

第42回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」を開催いたしました(11/7)
                 
代表 小泉雅二
朝晩は少し寒くなってきましたが、本日は太陽がサンサンと照り付け、
暖かい一日でした。
スタッフ挨拶に続き、お客様の紹介です。
葛が谷CPからは、所長の桐さん・吉池さん・研修生の方が来ていただけました。トントンの鈴木さん。
初めての方は、認知症カフェ連絡会メンバーの中塚さんとケアマネージャーさんでした。

◆ミニ講座は葛が谷CP 桐所長による対話形式で、
「なにげない毎日にこころがけることについて」
まずは、1975年5月の中村雅俊の曲。「いつか街で会ったなら」
をギターで熱唱。
その後、本題「健康作りに大切なことって?」
「ある高齢者へ、長生きの秘訣は?へのインタビューから」
・「まあまあ幸せ。」と思える毎日を過ごす。
・ ゆっくりと暮らすこと
・ 子どもの成績を怒ったり、人の悪口を言わない。
・ ニュースや国会中継を見るほか、毎日新聞を欠かさずに読む。
 (世間への関心を失わない)
・ 元気に3食を食べ、笑顔で過ごす。
・ 痛いこと辛いことがあってもくよくよせず前を向く 等々。

これらから見えることは
・運動習慣 (自宅でも、外でも)
・バランスの良い食事 1日3食
・継続できる趣味
・何事にも興味をもって、目の前に楽しみをたくさん作る。等々。

最後に、「何事にも関心を向けて!!自分のペースでこれからも人生を楽しみましょう(^.^)」
「長寿は超自由」だけは覚えておいてください。とのことでした。

◆その後は、ワイワイガヤガヤお茶タイム。
中塚さんがお菓子をいっぱい持ってきてくださいました。
その後、しいの木台ハイツの泉さんによるストレッチ。

◆お楽しみコーナーも桐所長のギターで「歌をうたおう」(※私もギターでお手伝い)
@里の秋をギターと桐所長のハーモニカで合唱。
A若者たちB知床旅情を合唱
C喜多條忠作詞南こうせつ作曲の神田川
D故郷を桐所長のハーモニカとギターで合唱と続きました。
最後は本日のスペシャルゲスト かまやつひろしさんを天国からお迎えして
若良き友よを歌いました(^^)

◆いつもの「ふれあい丘の街」を合唱。
12月1日(金)の認知症フォーラムのご案内。「皆さんで都筑公会堂に来てね!!」
で締めました。
IMG_1073.JPG

IMG_1075.JPG

IMG_1079.JPG

IMG_1080.JPG

IMG_1082.JPG

IMG_1083.JPG

IMG_1084.JPG

IMG_1085.JPG

IMG_1086.JPG

IMG_1088.JPG

IMG_1092.JPG

IMG_1095.JPG

IMG_1096.JPG

IMG_1107.JPG

IMG_1111.JPG
posted by 都筑区社協 at 20:32 | 11 荏田南地区

2017年11月08日

第9回“えだみなみの歌声”が開催されました

10月17日(火)雨が降り、すっかり寒くなりました。今月の出席者は14名です。

今月のプログラム。秋の曲が多いです。

♪小さい秋見つけた
 よく知っている曲でも、自分で歌うと改めていい詞だなぁと実感。
♪もみじ
 普通に歌った後、追いかけながら歌ってみました。みなさん、お上手!
♪学生時代
♪里の秋
♪鎌倉
 いつかこの歌詞の順番通り、みんなで鎌倉の街を歩きたいね〜との声が。
♪十五夜お月さん
♪リンゴの唄

20171017_113656.jpg

ここで休憩。今月は温かいお茶とお菓子をいただきながらおしゃべり。

休憩後、ヨガを教えて下さる歌川さん。
昨日ボイストレーニングの講座を受講してきたそうで、その内容も交えながらのヨガ。
ヨガの後は、驚くほど声が出やすくなりました。

20171017_110444.jpg

♪切手のないおくりもの
♪証城寺のたぬき囃子
♪野ばら
♪秋桜(コスモス)
 山口百恵の歌。作詞作曲はさだまさし。いい曲だけど、歌うのはなかなか難しいです。

♪思い出の渚
 まあちゃんタイム。ギターだけの伴奏です。

20171017_113245.jpg

♪高原列車は行く
♪手のひらを太陽に
♪赤とんぼ

♪ふれあい丘の街


次回は11月21日(火)10時から荏田南一丁目自治会館で行います。
posted by 都筑区社協 at 08:52 | 11 荏田南地区

2017年11月02日

荏田南地区社協広報紙をアップしました

荏田南地区社協・広報紙

「ほほえみ〜今、悲しくて、淋しいあなたへ〜」を

アップしました!

ぜひ、ご覧ください!

2017年秋号(vol.17)
こちらをクリック 
posted by 都筑区社協 at 17:43 | 11 荏田南地区

2017年10月27日

第9回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成29年10月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第9回
【日 時】 平成29年10月17日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 23名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。

【今月のプログラム】
1)ミニ講義/「MCIは元に戻れるのか」佐藤 寛(認知症キャラバンメイト)
2)お楽しみコーナー「大正琴演奏」アンサンブルすみれの皆さん


 今月は、区役所から保健師さんと実習生がお見えです。
1)ミニ講義は、まずMCIの定義から入りました。日常生活に支障があるのかないのかという点では、困ったことに医師によっても定義は異なります。要するに「認知症者と健常者の間」ということ、で締めくくりました。
2)生活習慣を改善すれば効果はある、という前提で、
 A.生活習慣を改善する
 B.食生活を改善する
 C.運動で予防する
 D.回想法で予防する
 E.ゲームで予防する
 の5項目に分けて、コピーを配付しながら説明しました。
3)また日経新聞記事「英国ランセット誌」が聴力障害が最も大きな原因と書いたことを挙げて、注意を促しました。
4)お楽しみコーナーは「アンサンブルすみれ」の皆さんによる大正琴の演奏です。
 東京ラプソディ、丘を越えて、旅愁、里の秋、バラが咲いた、高原列車は行く、ラ・クンパルシータ、椰子の実、ローレライ、ダニューブ川の漣、花は咲く、の11曲でした。 このうち10曲は歌詞カードを配って、皆で楽しく歌いながらの演奏でした。
5)終わって机を並べてのワイガヤタイムです。お近くの方々と自由におしゃべりを楽しんでいただきました。お茶のポリフェノールは認知機能低下防止に役立つと「中島町研究」にもありました。
6)今月も、看護師・坂本さんとグループホーム夢観のスタッフに臨席いただきました。


次回は11月21日。ミニ講義は「老化を食い止め、認知症に遠ざかるために」。お楽しみコーナーは「オカリナ」演奏の予定です。

20171017_2902.JPG

20171017_2903.JPG

20171017_2904.JPG

20171017_2906.JPG

20171017_2907.JPG

20171017_2909.JPG

20171017_2910.JPG

20171017_2912.JPG

20171017_2913.JPG

20171017_2914.JPG
posted by 都筑区社協 at 10:10 | 11 荏田南地区

2017年10月20日

第8回“えだみなみの歌声”が開催されました

 9月19日(火)、先月お休みしたので、2ヶ月ぶりの「歌声」です。
今月の出席者は15名。若い方も来てくださいました。

9月のプログラム。今月は旅をイメージする曲が多いです。

♪赤い靴
♪汽車
♪汽車ぽっぽ
♪待ちぼうけ
♪サンタルチア
♪エーデルワイス
♪ブルーライトヨコハマ
♪遠くへ行きたい
  この曲を歌ったジェリー藤尾さん、以前、近くのお医者さんによく来ていたそうで、目撃者多数。
♪鉄道唱歌
  全部歌ったら66番まであるので、10番の横須賀まで。
♪椰子の実

ここで休憩。冷たいお茶とお菓子をいただきながらおしゃべり。

20170919_110310.jpg

20170919_111210.jpg

ストレッチの後「真っ赤な太陽」を歌いながら、前後左右に踊ってみました。楽しい(^^)

♪四季のうた
♪見上げてごらん夜の星を

♪若い広場
ここでまあちゃんの弾き語り。NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌です。

20170919_102544.jpg

♪いつでも夢を
♪365歩のマーチ

9月23日(土・祝)の荏田南文化祭で歌う曲の練習。
「四季のうた」「遠くへ行きたい」「見上げてごらん夜の星を」をもう一度。

20170919_102531.jpg

♪ふれあい丘の街


次回は10月17日(火)10時から荏田南一丁目自治会館で行います。
posted by 都筑区社協 at 09:17 | 11 荏田南地区

2017年10月20日

第41回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(10/3)

運営委員代表の小泉です。
気温は少し高めですが爽やかな秋晴れでした。
今日のお客様は、
葛が谷ケアプラザの中野さん・区役所高齢障害支援課の中澤さん・横浜創英大学看護学科の学生さん2名・とんとん鈴木さん、近くの認知症対応型通所介護「デイサービス絆縁(きずなえん)」の介護スタッフ南さんでした。
◆ミニ講座の講師は、長谷工シニアホールディングスの牧野さん・ヒュッテ荏田南の岡田さんで、
お二人のよる「高齢者向けの住まいと特徴」などお話しいただきました。
有料老人ホーム、グループホーム等の説明の後、
長谷工シニアホールディングスとヒュッテ荏田南の説明をしていただきました。
質問も多く、予定時間をオーバーしましたが、理解しやすい内容でした。
ワイガヤタイムは看護学科の学生さんもお手伝いいただき、お茶とお菓子をいただきました。
◆お楽しみコーナーは、東山田で認知症カフェ「さわやかハーモニー」を運営している本庄さんのウクレレと吉川さんの歌でみんなで合唱です。
初恋の朗読から始まり・リンゴの歌・知床旅情・あざみの歌・湖畔の宿・有楽町で逢いましょう・ふるさと・四季の歌を合唱しました。
本庄さんから、弦楽器の説明があり、最小弦楽器は二胡で最大弦楽器は47弦のハープだそうです。
◆最後に、いつもの「ふれあい丘の街」を合唱し、和やかな雰囲気の中、解散しました。
※「ふれあい丘の街」の歌で参加した荏田南文化祭の様子はこちらで見られます。
http://edaminami.webyoko.com/2017/10/post-645/

IMG_0996 (640x480).jpg

IMG_0997 (640x480).jpg

IMG_0998 (640x480).jpg

IMG_0999 (640x480).jpg

IMG_1001 (640x480).jpg

IMG_1002 (640x480).jpg

IMG_1004 (640x480).jpg

IMG_1012 (640x480).jpg

IMG_1015 (640x480).jpg

IMG_1017 (640x480).jpg

IMG_1020 (640x480).jpg

IMG_1022 (640x480).jpg

IMG_1023 (640x480).jpg





posted by 都筑区社協 at 09:09 | 11 荏田南地区

2017年09月30日

第8回“どんぐりカフェ”が開催されました

『どんぐりカフェ』平成29年9月の実施報告

【件 名】 『どんぐりカフェ』第8回
【日 時】 平成29年9月19日(第三火曜日)13時半〜15時半
【会 場】 荏田南三丁目自治会館
【出 席】 24名
【幹 事】 佐藤 寛(代表)


「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南地区の西側(荏田南二丁目、三丁目)をカバーする“都筑区内で8番目に設置された、区内最小のカフェ”です。

【今月のプログラム】
1)ミニ講義/「加齢による物忘れと認知症による物忘れの違い」「認知症とは?その見つけ方。どこで気がついたのか」佐藤 寛(認知症キャラバンメイト)
2)お楽しみコーナー「昭和20年代30年代のうた」広井顕真さん(歌の宅配便)
3)特別編「住民アンケート」東海大学工学部建築学科・加藤教授&李留学生


1)認知症は「周囲が気づくのが遅れる、気づいても本人が診察を受けたがらない」という特徴があります。気づいても受診するまでに9か月はかかってしまうようです。そしてこの遅れが、取り返しのつかない深刻な事態にまで進んでしまいます。本講ではA4判4頁の資料を駆使しながら七十数項目の「周囲が気づいた兆候」を列挙し、家族はじめ周囲の意識的な観察が発見につながっていることを説明し、注意を喚起しました。
2)広井顕真さんは、都筑区歌の作者として知られた地元プロ。各カフェの出演実績も多いギター弾き語りの歌手です。当カフェは初めての出演。昔懐かしい歌曲を約10曲熱唱し、音楽療法・回想療法の実践として参加者の感激を誘いました。
3)港北ニュータウン「センター南」周辺の住民の生活実態を調査している李留学生の卒業論文への調査協力です。A3両面にびっしりの質問項目に、読み上げ方式で記入しました。港北ニュータウンの小規模宅地最先行入居地域として高齢化が進む当町内の集計結果が期待されます。

次回は10月17日(火)。最近の研究では5割が可能という「軽度認知障害(MCI)はもとに戻れるのか」&大正琴の演奏、を予定しています。荏田南三丁目自治会館。

20170919_2887.JPG

20170919_2888.JPG

20170919_2889.JPG

20170919_2890.JPG

20170919_2890.JPG

20170919_2893.JPG

20170919_2894.JPG

20170919_2895.JPG

20170919_2898.JPG

20170919_2890.JPG

20170919_2890.JPG







posted by 都筑区社協 at 13:31 | 11 荏田南地区

2017年09月13日

第40回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(9/5)

ほほえみ交流カフェ」運営グループ代表小泉雅二です。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今年は天候不順が続きますね。
暑かったり、涼し過ぎたり・・・。こんな時こそ体調管理に気を付けましょうね。
そんな中、第40回目のほほえみ交流カフェを開催いたしました。
スタッフ挨拶の後、来賓紹介。
今日の来賓は、
区高齢・障害支援課の中澤さん・葛が谷CPの明間さん・木原市議・
長谷工シニアホールディングス牧野さん・とんとん鈴木さん。
そして、来年新たに認知症カフェを開催する予定の港北区日吉宮前から
自治会長さん・民生委員児童委員さん・日吉本町ケアプラザの方
をはじめ総勢7名の皆様が見学にいらっしゃいました。
◆今日のミニ講座は、都筑区高齢・障害支援課の中澤さんにより
「高齢・障害支援課って何するところ?」というテーマで、以下、お話し頂きました。
高齢・障害支援課には
@ 敬老パスや濱ともカードを発行したり、敬老月間事業を行う「事務係」
A 要介護認定審査業務を行う「介護保険担当」
B 障害者に対する相談や難病患者支援を行う「障害支援担当」
C 高齢者に対して、社会福祉職と保健師がいる「高齢支援担当」があります。
都筑区は横浜市の中でも一番高齢化率が低い区ですが、それでも今後高齢化率は増加していきます。
また、都筑区の特徴として、高齢者の呼び寄せ転入者が多い事が挙げられます。
都筑区の高齢者約34000人の内介護保険認定者が約5600人いらっしゃるとの事。
高齢支援担当では、高齢者の方の困っている事にどんな支援が必要か一緒に考えたり、
病気の予防や健康に関することの相談をしたり、地域の健康や介護予防の取組みに取り組んでいます。
そのため、高齢者の自宅や施設に訪問したり、地域活動に参加したりしています。
健康寿命を延ばすため、今日はロコモ運動も実演。みんなで片足立ちをいたしました。

◆講座の後、お茶とお菓子を頂き、ワイワイガヤガヤタイム。
各テーブルそれぞれ話の輪が広がっています。
◆お楽しみコーナーは、しいの木台担当。
しいの木台ハイツの大槻さんのバイオリンと歌、飯塚さんのギターのコラボ演奏です。
「見上げてごらん夜の星を・いちご白書をもう一度・22才の別れ・翼をください・
バラが咲いた」など、フォークソングを披露いただき、参加者も一緒も歌いました。
大槻さんは「しいの木台ハイツのさだまさし」!!、
◆ 最後に「ふれあい丘の街」を合唱。今日は9月23日に開催される「第3回荏田南文化祭」出演のため、
2回練習しました。
9月23日にスタッフ・参加者で歌います。
文化祭のチラシ等のHPです。
http://edaminami.webyoko.com/2017/09/post-577/

以下、当日のカフェの様子です。

IMG_0950.JPG

IMG_0953.JPG

IMG_0954.JPG

IMG_0955.JPG

IMG_0956.JPG

IMG_0964.JPG

IMG_0966.JPG

IMG_0967.JPG

IMG_0969.JPG

IMG_0974.JPG

IMG_0975.JPG

IMG_0979.JPG

IMG_0980.JPG

IMG_0984.JPG




posted by 都筑区社協 at 12:53 | 11 荏田南地区

2017年09月06日

第7回“どんぐりカフェ”が開催されました

◎『どんぐりカフェ』実施報告書

              『成年後見制度を学ぶ』

平成29年8月のカフェは、15日(第三火曜日)にいつもの通り「荏田南三丁目自治会館」で開かれました。当日はお盆しかも終戦の日。かつ開催時刻は大雨警報が発令される猛烈な驟雨真っ只中、と、高齢者が参集するには不利な条件が重なりました。

 今回のミニ講義のテーマは『成年後見制度を学ぶ』として、行政書士の横尾佳子さんをお招きしました。今回は大きなテーマだったため、お楽しみコーナーはお休み。2時間をフルに勉強に当てようという企画です。横尾さんは都筑区内の9カフェで結成した「都筑区認知症カフェ連絡会」の代表です。カフェ連絡会があるのは、横浜18区でも都筑区だけです。また、法定後見人としても現在十数件を担当していらっしゃるベテランです。
 実は身近なところでも、介護費用のため、子どもが認知症の親の郵便預金を解約しようとしたら「後見人でないとダメ」と郵便局で応じてもらえなかったなどという話を聞きます。けっこう切実な話でもあります。
 お話はまず「成年後見制度とはなにか?」から始まりました。

1)これは、認知症の人や知的障がいのある方、精神障がいのある方など、判断能力が不十分な方を支援する制度であること。
2)「法定後見制度」と「任意後見制度」に分けられること。
3)「法定後見制度」はすでに判断能力が低下している場合に、家庭裁判所が適切な援助者(後見人、補佐人、補助人のいずれか)を選び、選ばれた援助者が本人に代わって、契約などの法律行為や財産管理など必要な支援を行います。
4)「任意後見制度」は、まだ判断能力があるうちに、将来の代理人(任意後見受任者)を定めて、任意後見契約を公正証書にしておく制度です。
5)「法定後見制度」の流れは、まず家庭裁判所で手続き案内を受けたのち、必要な書類を用意して申し立てをする。ついで、調査・鑑定、審理・審判、登記、後見事務が行われ、本人が回復するか死亡すると後見終了となります。
6)“法定後見の場合、準備から後見開始までに約4カ月。費用は家族が自分で書類を書けば数万円で済みます。が鑑定(申請者のうち約1割で実施)が入ると多くて12万円前後”とのこと。任意後見の場合も初期費用は13〜20万円程度。なかなか大変なようです。
7)後見開始後も費用はかかります。裁判所は多くの場合、月額2万円程度以上で決めるとか。任意後見ですと、その後見人を監督する「任意後見監督人」が付くので、月々二人分の費用が発生する。例えば4万円以上とか。
 でもこれで後見人が儲かるとかはなさそうです。毎月訪問したり「財産目録」「年間収支報告」などの作成にかなり手間がかかるのです。プロとしては奉仕に近いシゴトです。8)現在、家庭裁判所が後見人に選任するのは親族より第三者の弁護士・司法書士・行政書士が多く、ほぼ2/3を占めるそうです。これは親族の遣い込みなどが目立ったことも影響しています。
9)また本人の財産は、本人のためのみに支出するので、後見が開始されると従来のような家族への支出は制限される。家族の生活費や家族旅行代はこれまでのように支出できなくなることがある。

 横尾さんは続けます。
1)「法定後見制度」はあくまでも判断能力の不十分な方への“ぎりぎりの法制度”であり、できれば平素から対策を講じて使わない方向を目指していただきたい。
2)高齢者は一夜にして判断能力や意思疎通能力を全喪失することもあるので、健康なうちにライフプランノートなどに整理して、いざという時、家族に「保険の加入状況」「預金通帳、印鑑の保管場所や暗証番号」がわかるような形を整えてほしい。夫婦間でも知らないとか、子どもはもっと知らないとかが日常的に起きている。特に生命保険は申請しないと貰えないので大問題。
3)また死後の家族間紛争を避けるためにも、遺言を公正証書にしておく。自分の死後、相続のために住宅を換金するなど伴侶を路頭に迷わせるような懸念は払拭しておく。特に子ども同士が不仲のときは必須。
など有益なお話でした。参加者は10名。


 次回は9月19日(第三火曜日)13時半〜15時半。
 荏田南三丁目自治会館。茶菓子代200円。
 ミニ講義は「認知症の発症はどこで察知するのか」。認知症キャラバンメイトが担当。 お楽しみコーナーは広井さんのギターです。懐かしのメロディで往年を回想していただきます。ぜひお越しください。

 まいど記しますが、当カフェは「荏田南ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして、もっぱら荏田南二丁目三丁目の住民に呼びかけています。徒歩圏内を重視しています。もちろん市内いずれもからのご参加を歓迎します。

20170815_2819.JPG

20170815_2821.JPG

20170815_2822.JPG

20170815_2823.JPG

20170815_2825.JPG

20170815_2824.JPG
posted by 都筑区社協 at 20:51 | 11 荏田南地区

2017年08月04日

第7回“えだみなみの歌声”が開催されました

 7月18日(火)、まだ梅雨が明けていないのが信じられないほどの暑さ。
今月の出席者は17名です。
区社協からふれあい助成金をいただいたので、今月から参加費が200円になりました。


7月のプログラムは

♪夏の思い出
♪海
  「松原遠く〜」の方の海です。大正2年の曲です。
♪おお牧場はみどり
♪きよしのズンドコ節
♪銀座カンカン娘
  歌詞に「カルピス飲んで」とあり、この頃からカルピスってあったんだ!と驚きの声が。
♪明日があるさ
  ご存知、坂本九の歌。作詞は青島幸男です。
♪世界の国からこんにちは
  1970年(昭和45年)の大阪万博のテーマソング。
♪憧れのハワイ航路
♪アロハオエ

ここで休憩。お茶とお菓子とおしゃべりを。

いつものストレッチだけでなく
「銀座カンカン娘」と「明日があるさ」に合わせて踊ってみたりしました。
その後歌ったら、声のよく出ること!びっくりです。

20170718_110216.jpg

20170718_111238.jpg

♪山のロザリア
♪四季の歌
♪見上げてごらん夜の星を
  本日2曲目の坂本九の歌。
♪ドレミの歌
♪手のひらを太陽に
♪ああ人生に涙あり
  タイトルだけ聞くと「?」となるかも知れませんが
  みなさんおなじみ「水戸黄門」の主題歌です。
♪銀色の道
  まあちゃんのギター伴奏のみで歌いました。
♪今日の日はさようなら
♪ふれあい丘の街

20170718_100809.jpg

来月はお盆のためお休みします。
次回は9月19日(火)です。お間違いのないように!
10時から荏田南一丁目自治会館で行います。

また、この「えだみなみの歌声」の参加者のみなさんとスタッフで
9月23日(土・祝)の荏田南文化祭に出演する予定です。
posted by 都筑区社協 at 16:43 | 11 荏田南地区

2017年08月04日

第39回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(8/1)

「ほほえみ交流カフェ」運営グループ代表小泉雅二です。
第39回荏田南地区認知症&予防「ほほえみ交流カフェ」を開催しました8/1(火)
オープン直後の激しい雷雨。神奈川県は大雨洪水警報が発令される中、
ほほえみ交流カフェが始まりました。
今日は頼もしい助っ人が(18才の高校生がボランティア体験)準備から手伝ってくださいました。
スタッフ紹介の後、来客の一言から始まりました。
本日の来客は、区社協の神山さんとボランティアの高校三年生Sさん、
ケアプラザ明間さん・中野さん、ヒュッテ荏田南岡田さん、長谷工シニアホールディングス牧野さん
とんとん鈴木さんです。
◆ミニ講座は葛が谷ケアプラザによる「地域ケアプラザの役割」と「介護保険クイズ」です。
最初に明間さんより「地域ケアプラザの役割」
【地域の身近な福祉活動拠点】 【地域の身近な相談窓口】について。
≪3つの機能≫
@地域活動交流機能 A相談調整機能 B福祉サービス機能
≪5つの部門≫
@地域活動交流A地域包括支援センター
B居宅介護支援(ケアマネジャー)C通所介護(デイサービス)
D生活支援体制整備事業
があり、「何かと地域をつなぐこと」ことを意識しながら、みなさんと一緒に地域福祉の推進をしていきます。
などを説明頂きました。
次に中野さんによる「介護保険クイズ」です。
介護保険の入り方や使い方、負担割合などをクイズ形式で質問。
判りやすく、楽しく教えて頂きました。
◆そのあとお茶タイムです。
体験ボランティアの高校生も各テーブルに加わり楽しくお話ししています。
おしゃべりの後は、参加者の方が講師になって簡単なストレッチ体操を行い、筋肉をほぐしました。
◆お楽しみコーナーは、荏田東の小幡さんとお仲間の斉藤さんにより、初めて手品をしていただきました。
ロープの手品や、千円札が1万円札に早変わりする手品、カップとボールの手品等盛りだくさん。
時々失敗することもあり、笑いを誘います。
月1回手品の練習をしているとの事。
◆最後に「ふれあい丘の街」を合唱
 当日の様子です。
IMG_0883.JPG

IMG_0886.JPG

IMG_0889.JPG

IMG_0892.JPG

IMG_0890.JPG

IMG_0893.JPG

IMG_0897.JPG

IMG_0898.JPG

IMG_0900.JPG

IMG_0894.JPG

IMG_0888.JPG

IMG_0902.JPG

IMG_0903.JPG

IMG_0904.JPG

IMG_0905.JPG

IMG_0906.JPG

IMG_0908.JPG

IMG_0913.JPG

IMG_0914.JPG

IMG_0916.JPG

IMG_0919.JPG

IMG_0932.JPG







posted by 都筑区社協 at 16:38 | 11 荏田南地区

2017年07月25日

荏田南地区社協広報紙をアップしました

荏田南地区社協・広報紙

「ほほえみ〜今、悲しくて、淋しいあなたへ〜」を

アップしました!

ぜひ、ご覧ください!

2017年夏号(vol.16)
 こちらをクリック
posted by 都筑区社協 at 19:49 | 11 荏田南地区

2017年07月25日

第6回“どんぐりカフェ”が開催されました

●どんぐりカフェ第6回
 第6回『認知症とその周辺を学ぶ どんぐりカフェ』は予定通り7月18日13時半〜15時半、荏田南三丁目自治会館において開催されました。
 本来、「ほほえみ交流カフェ」のサテライトとして荏田南二、三丁目の住民を対象に設けられたもので、参加を呼びかける範囲も狭いのです。こじんまりが特徴のカフェです。参加者は18名。
 当事者の参加に備えて近隣のグループホームから介護職員も参加しました。
 当日は大気不安定とのことで豪雨の予報が出ており、ちょうど開会頃は降り始めであり散会時にはもう上がっていた時間帯でした。参加者は傘をささずに済みましたが、開会中の2時間は猛烈な雷と雨に見舞われました。
 今回は依頼していた講師がぎっくり腰との連絡。急遽、代理の講師を探すハプニングがありました。困って「都筑区認知症カフェ連絡会(カフェ連)」のメンバーに連絡したところ、中塚ひとみさんが、引き受けてくださいました。仕事の次の予約が15時からとのことで1時半〜2時半はOKとのこと。連絡会が機能した、ありがたい瞬間でした。

 中塚さんは、北山田ケアセンターの管理者です。題して『ベテランケアマネの見た認知症介護現場からの報告』。座談会方式で、中塚さんも着席して会場から質問をもらいながらの進行です。ご主人を老老介護中の主婦もいて、切実な質問も出ました。
・都筑区は最近、介護認定の審査スピードが改善されて早くなった。大病院だと「主治医の意見書」が遅れがち。急いでもらうこと。
・当事者は、身近に居る介護者を悪くいう傾向が強い。“物盗られ妄想”も傍に居る人ほど犠牲者になりやすい。
・介護認定に不満のある場合は、やり直し申請ができる。
・嘘を言ってもベテランの前ではすぐばれる。嘘はいけない。「歩けません」「徘徊で悩んでいます」 ン? 言うことが矛盾しているじゃないか。
・いかに介護者が困っているのか具体的にしっかり説明してほしい。遠慮しないこと。
・28年4月から指針が変わって、子育てしながら介護とか仕事しながら介護とかダブルケアの場合、ハイスコアになった。
・一口にケアマネと言っても、その経験や人柄、相性は一人一人違うので、十分な介護を受けられるよう、遠慮なく交代を申し出ていい。
 等々、盛り沢山のお話を、予定時間を延長して十分に伺うことができました。

20170718_2784.JPG

 中盤の茶話会の折りに、区社協の神山さんから「ボランティアセンター」の話がありました。送迎ボランティアを始めとして、各種ボランティアが求められているとのこと。地域の住民もこれから利用が増えることが予想されており、元気なうちは奉仕する側に回ることも考えなければいけないと自省の声も聞かれました。こうやって折りを見てお話していただくことが大切だと感じました。

 お楽しみコーナーは荏田南三丁目にお住まいの山田澄江さんと板橋哲夫さんの詩吟。お二人は流派が違います。経験5年目で地元で同好グループを指導している山田さんは、明るく楽しい解説を交えて「富士山、神州、静御前」など。経験40年のベテラン板橋さんは荘重な雰囲気で「母を背負いて・・・」と和歌1首。流儀による吟じ方の違いに、参加者は感心しきりの楽しい一時を過ごしました。

20170718_2803補.jpg

 次回は8月15日「成年後見人の話」。行政書士・横尾佳子さん。帰省中のお子さん同道でお出掛け下さい、との案内です。横尾さんは区カフェ連の会長です。たっぷりのお話のためお楽しみコーナーはなし。
 8月27日には、近隣のしいの木台ハイツの集会所で地区社協主催の「あんしんセンター」説明会も開かれる予定です。
 9月からはいよいよ認知症の勉強となります。

20170718_2780.JPG
posted by 都筑区社協 at 12:45 | 11 荏田南地区

2017年07月13日

第38回荏田南地区認知症&予防カフェ「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(7/4)

ほほえみ交流カフェ運営グループ代表小泉雅二です。
7月4日(火)
台風3号が午前中九州に上陸、夜には関東を駆け抜けると言う予報の元、
38回目のほほえみ交流カフェを開きました。
天気は曇りですが、湿気が多い日です。台風の為か、いつもより参加者は少な目。
スタッフでもある葛が谷薬局さんの手配により、初めての健康チェックを行いました。
神奈川県薬剤師協会からお借りした、血管年齢測定器が2台、
葛が谷薬局さんから6名のスタッフが健康チェックにあたります。
開始時間前に、受付した人から血管年齢の測定を行いました。
開始時間になり、一旦測定は中止し、挨拶・スタッフ紹介の後、
来客紹介です。
区社協・神山さん、葛が谷ケアプラザ・明間さん、市議会議員・木原さん、
とんとん・鈴木さん、長谷工シニアホールディングス・牧野さんが今日のお客様です。

◆本日のミニ講座「健康チェック」の説明を葛が谷薬局の佐伯さんからお話し頂き、
再度、測定開始。ワイワイガヤガヤの中、測定結果に一喜一憂。
参加者代表スタッフ田辺さんの血管年齢はなんと「18才」???  
うそ・・・「81」じゃないのと思ったのですが、ほんとでした!
血管年齢を若くする秘訣は
「適度な運動・食生活・ストレスのない楽しい生活」との事。
私の場合、平均的な数字で一安心。
高血圧予防のための塩分摂取表や熱中症対策などの資料も配られました。
また、リンゴ味のゼリーの試食も。(なかなかおいしい)
◆続いて、ワイワイガヤガヤお茶タイム。
お隣の方が認知症の様だという「T」さん。ケアプラザの明間さんと相談頂きました。
初めて参加された、ライブタウンの男性「I」さん。参加理由を尋ねると、今日のお楽しみの詩吟とチラシを見て参加との事。2年前まで詩吟をやってたと・・・・。
男性の参加者が増えるのは嬉しいです。
◆今日のお楽しみコーナーは3丁目担当。
3丁目在住山田さんをリーダーとする詩吟グループ「あやめ会」の詩吟。
女性6人で「さくらの歌」「名鎗日本号」を。
都筑地区センターで月2回練習していると言うことです。
続いて、スタッフで3丁目在住板橋さんが「たらちね」「武田節」の2曲を披露。
最後に「あやめ会」で「静御前」「このごろ出雲崎にて」を。
詩吟は、健康とストレス解消に良いそうです。
◆最後に「ふれあい丘の街」を全員で合唱。
・6月24日(土)荏田南幼稚園で行った「まちの音楽会U」の報告。
1曲だけビデオで聞いていただきました。
・初めて出席の男性「I」さんに感想を尋ねたところ
何と詩吟を1曲披露して頂きました。
今日は3流派の詩吟が聞けて勉強になりました。
以下、当日の様子です。

IMG_0838 (640x480).jpg

IMG_0839 (640x480).jpg

IMG_0840 (640x480).jpg

IMG_0843 (640x480).jpg

IMG_0844 (640x480).jpg

IMG_0845 (640x480).jpg

IMG_0847 (640x480).jpg

IMG_0851 (640x480).jpg

IMG_0858 (640x480).jpg

IMG_0857 (640x480).jpg

IMG_0860 (640x480).jpg

IMG_0851 (640x480).jpg

IMG_0862 (640x480).jpg

IMG_0863 (640x480).jpg

IMG_0865 (640x480).jpg

IMG_0866 (640x480).jpg

IMG_0870 (640x480).jpg

IMG_0872 (640x480).jpg

IMG_0873 (640x480).jpg

IMG_0875 (640x480).jpg

IMG_0876 (640x480).jpg

IMG_0879 (640x480).jpg





posted by 都筑区社協 at 09:41 | 11 荏田南地区

2017年07月03日

荏田南地区シニアバスツアーが開催されました

荏田南地区社協会長
藤巻孝司

シニアバスツアー報告
恒例の地区社協主催のシニアバスツアーが6月29日(木)、
総勢85名(一般73名、スタッフ12名)、2台のバスで実施されました。

今回のバスツアーは、「意外と知らない横浜の街」と題して
@ 市民防災センターでの地震・火事の体験学習 
A歴史的建造物の中にある日本郵船歴史博物館見学
B中華街ではゆっくりオーダーバイキング昼食と買い物を楽しみ、
そのあとは
C横浜港マリンクルーズで港気分を満喫1時間というコースでした。

心配された空模様も皆さんの願いがかない、晴れの良い天気となり絶好のツアー日和となりました。
皆さんの協力を頂きながら事故なく、楽しい一日を過ごすことができました。

当日の様子です。

1号車.jpg

2号車.jpg

NYK.jpg

中華街.jpg

防災センター.jpg


シニアバスツアーに参加して
メゾン桜が丘 矢野健爾


▽横浜市民防災センターでは、昨年4月リニューアルオープンした地震シミュレーター、火災シミュレーター、減災トレーニングルーム、災害シアター等で指導員の解説付で体験学習しました。M7クラスの首都直下地震が、今後30年以内に約70%の確率で発生が予想されており、同施設での体験学習は、地震発生時の「身を守るための行動や、自助・共助の行動」の修得に役立つと実感しました。

▽日本郵船歴史博物館では、常設展「近代日本海運の黎明期から今日に至るまでを、日本郵船の社史を通して紹介」や、企画展「日本が運んだニッポンー客船時代のメニューデザイン」を見学。展示資料により、常設展では「明治維新以降の日本の海運史」について、また、企画展では「メニューデザインによる日本文化の海外発信」について、知見を広めました。

▽昼食は、善隣門近くの中華街大飯店3階の宴会席。「出来立てアツアツをお席で注文、ゆっくり食べ放題」とのこと。一行の中には、「130品食べ放題メニュー」に、悪戦苦闘する人もいたようです。

▽山下公園乗り場で、マリーンシャトル(総トン数764トン)に乗船。船から見上げる迫力満点の横浜ベイブリッジを航過し、横浜港への出入船舶の管制と市民の憩いの場を兼ねた横浜港シンボルタワーを右舷に見て、横浜航路から鶴見航路へ。次いで、鶴見つばさ橋や大黒大橋の下を航過し、山下公園乗り場に帰着。約60分の船旅でした。国際物流拠点・横浜港の活気溢れる景観を満喫しながら、束の間のクルーズ気分に浸りました。

▽「シニアバスツアーのお知らせ」に「今年のシニアバスツアーは、意外と知らない横浜の街」とありましたが、ツアー終了後の感想は、「意外と知らなかった横浜の街」でした。横浜市民防災センターでは「直下地震発生時の身を守るための行動や、自助・共助の重要性」を体験学習し、日本郵船歴史博物館では常設展や企画展を見学し、横浜港ではクルーズを体験するなど、「見て・学んで・体験した今年のバスツアー」に充実感を覚えました。このような充実感は、荏田南社協スタッフの皆様の熱意と好企画によるものと考えます。改めて感謝申し上げます。









posted by 都筑区社協 at 17:32 | 11 荏田南地区