2017年05月31日

第5回“えだみなみの歌声”が開催されました

5月16日(火)、爽やかな空のもと「えだみなみの歌声」が始まりました。
今日の出席者は18名。いつもよりちょっと少なめ。
 先月までフルートの伴奏をしてくださった咲子さんが、お仕事のため来られなくなりました。
今月から伴奏はキーボードの響子さんとギターのまあちゃんの二人になります。

20170516_102323.jpg

5月のプログラムは
♪夏は来ぬ
♪茶摘み
 一度歌った後、隣の人と手遊びしながらもう一度。
♪エーデルワイス
♪青い山脈
♪憧れのハワイ航路
♪港が見える丘
 横浜の曲と思われがちですが、元々は神戸の丘をイメージして作られた曲だそうです。
♪蘇州夜曲
♪くちなしの花
♪山小舎の灯

ちょっと休憩。お菓子をつまみながらお茶を飲みます。
歌に戻る前に、ヨガで体すっきり。

20170516_110029.jpg

♪東京のバスガール
♪北国の春
♪カチューシャの唄
♪カチューシャ
♪三百六十五歩のマーチ
♪三百六十五歩のマーチ(替え歌)
♪あいうべ体操
♪わかば
♪ふれあい丘の街
♪若い広場
 時間が余ったので、まあちゃんが朝の連続ドラマ「ひよっこ」の主題歌を弾き語り。

20170516_114417.jpg

 今月は懐かしめな曲が多かったかな。
こんな曲を歌いたいというリクエストがあれば、ぜひお聞かせください。
また、途中でお茶をお出ししますが、これから暑くなりますので、飲み物をご持参ください。

来月は6月20日(火)10時から荏田南一丁目自治会館で行います。

20170516_112804.jpg





posted by 都筑区社協 at 17:05 | 11 荏田南地区

2017年05月19日

第4回”どんぐりカフェ”が開催されました

【どんぐりカフェ第4回定例会 報告】

 『どんぐりカフェ』第4回定例会は、5月16日13時半〜15時半、荏田南三丁目自治会館を会場として開催されました。参加は延べ24名。最高齢は中村さん95歳。

 この日のミニ講義は「グループホームについて学ぼう」です。講師は荏田高校隣接の施設「グループホーム夢観(ゆうみん)」の統括部長・小林明子さん。
 まず「グループホームってなに?」です。グループホームは横浜市内に500施設、都筑区内には25施設があります。
 グループホームとは、1980年代にスウェーデンで生まれました。認知症の症状をもち、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら1ユニット5〜9名で共同生活する介護福祉施設です。家庭的で、自分でできることは自分でしながら、もともとの自宅での生活に近い暮らしの場であることが特徴です。住み慣れた環境で、家庭的に生活することができる、いわば「自立支援」の場です。結果として、認知症の症状を軽減したり進行を遅らせたりすることに有効であるとされています。
 有料老人ホームは、寝たきりなど介護度が重く、医療的ケアやリハビリを必要としている方が対象ですが、グループホームは、医療的ケアを必要としておらず、ある程度自立した生活ができる方が対象となっています。共同生活を通じての生活リハビリが行われています。
 利用にはルールがあります。
 ・認知症の診断を受けた要介護者であること(要支援2、要介護1〜5)
 ・家庭環境により家庭での介護が困難であること
 ・おおむね身辺の自立ができていて、共同生活を送ることに支障のない方
 ・地域密着型のため、その地域に住民票の登録があり、その地域に住んでいること
 ・原則65歳以上だが、初老期認知症・若年性認知症と診断された方は65歳以下でも可能
 小林部長の勤務する「ゆうみん」は3ユニット27名が生活しています。“グループホームは各施設それぞれ特徴があるので、入居を考えるときは数カ所を見学してから決めることをお勧めします”、とのことでした。費用その他、多くの質問が出ました。

 おいしいお茶!とお菓子のひとときを挟んで、お楽しみコーナーは「東山田/ウクレレパラダイス(ハーモニーカフェ)の本庄さん(男性))」と「荏田みなみの歌声の吉川さん(女性)」です。・北原白秋の「五十音」、・四季の歌、・茶摘み、・みかんの花咲く丘、・北国の春、・幸せなら手をたたこう、・有楽町で逢いましょう、・あざみの歌、・今日の日はさようなら、をウクレレの伴奏でみんなで歌いました。本庄さんはウクレレ歴約10年。御歳は83歳。本当にお元気なのでびっくりしました。声を出して歌うこと、何事にも関心をもつことが元気の秘訣だそうです。
 吉川さんも本当に楽しくリードしてくださいました。
 都筑区役所/高齢・障害支援課、都筑区社会福祉協議会、葛が谷ケアプラザからもご担当者にご出席いただきました。

 次回は、6月20日(火)13時半〜15時半。荏田南三丁目自治会館。200円。
 ミニ講義は「小規模多機能型居宅介護施設を知ろう」講師は近隣の施設“かもいけ”のスタッフ。お楽しみコーナーは音楽療法士の中川さんです。当会館は初出演です。各地で大好評の「プロ歌手の歌声」をお楽しみください。
 あの歌が流行ったころあなたは何歳で、何をしていましたか? 思い出を語ることは重要です。多くの住民のご参加をお待ちしております。
 都筑区役所/高齢・障害支援課、都筑区社会福祉協議会、葛が谷ケアプラザからもご出席いただける予定ですので、ご相談がある方は和室でどうぞ。

◎この活動は都筑区社会福祉協議会「つづき あい基金」の助成を受けています。

posted by 都筑区社協 at 19:01 | 11 荏田南地区

2017年05月11日

◆第36回荏田南地区認知症&予防カフェ 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(5/2)

第36回荏田南地区認知症&予防
「ほほえみ交流カフェ」を開催しました{5/2(火)}

♬「夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る」♬
昨日は八十八夜、若葉の茂るこの頃、
連休の谷間で参加者もいつもより少な目でした。
ゆっくり出来ていいかも!!

★ミニ講座は、都筑区認知症サポート連絡会から、
「グループホームちとせ」のスタッフ徳永さんと入居者のYさんのお話しです。
グループホームは認知症の方が入居出来る施設で、都筑区には25か所あるそうです。
横浜市の中でも多いとの事。
徳永さんよりグループホームの説明と、Yさんの日常生活をお話しして頂きました。
とてももうすぐ90才とは思えません。自分の出来ることは自分でしたいとの事。
その生活ぶりは、はつらつ生き生きしており、ご自身も「グループホームちとせ」にご満足しておられました。
参加者からの質問にも笑顔で受け答えされていました。
そのあと、ワイワイガヤガヤタイム。お茶とお菓子を頂きました。
★その間、以下の荏田南地区の催し案内がありました。
5月13日には、「木もれび広場コンサート」の案内。ふれあい丘の街を合唱します。
6月24日のまちの音楽会Uの案内。参加費500円ですが、街の音楽家の本格コンサートです。
6月29日のシニアバスの案内。今年は横浜めぐりです。

★お楽しみコーナーは、
都筑区民の歌を作った広井顕真さんのギターと歌。
「歌の宅配便」として、いろんな施設等でコンサートされています。
http://hiroi-kenshin.com/
荏田南幼稚園歌も作られています。
今回は、唱歌に加え、昭和歌謡、グループサウンズ、アメリカンポップス等歌っていただき、
ました。
ちとせのYさんもリズムをとって微笑んでました。
参加者も歌えるうたも多く、ほとんど合唱です。
また、踊りだすメンバーもいて、楽しく盛り上がりました。
次回は6月6日(火曜日)4年目になります。
少しお菓子を奮発しますので、是非ご来場ください。
当日の様子です。

IMG_0720.JPG

IMG_0722.JPG

IMG_0726.JPG

IMG_0728.JPG

IMG_0739.JPG

IMG_0740.JPG

IMG_0742.JPG

IMG_0747.JPG

IMG_0748.JPG



posted by 都筑区社協 at 18:53 | 11 荏田南地区

2017年05月01日

第4回”えだみなみの歌声”が開催されました。

4月18日(火)10時から12時まで
荏田南一丁目自治会館で
第4回「えだみなみの歌声」が
開催されました。

朝方は雨と強風でどうなることかと
心配しましたが
開始時間には雨がやみ
21名の方が、元気に参加されました。


4月のプログラムは

♪めだかの学校

♪見わたせば(むすんでひらいて)

この「見わたせば」は
哲学者ジャンジャック・ルソーの作曲。

はじめは賛美歌として日本に入ってきましたが
この「見わたせば」の歌詞がついて唱歌となり
その後、軍国色が強くなってきた時代には軍歌となり
戦後、「むすんでひらいて」の歌詞がついて
今に歌い継がれているそうです。

伴奏のふたりは、伴奏だけではなく
こういう歌の裏側の話も調べてきてくださるので
大変、勉強になります。


♪よろこびの歌
♪惜別の歌(中央大学学生歌)、
♪琵琶湖就航の歌(京大ボート部の歌)
♪瀬戸の花嫁
♪ここに幸あり


歌川さんのヨガとお茶で
リフレッシュして後半へ。


♪夜来香(イエライシャン)
♪この広い野原いっぱい

この曲の伴奏はギターがいいだろうということで
まあちゃんひとりで弾きました。
会場に来てから急に決まったそうですが
まあちゃん、がんばりました。

♪ほたるの光

先月「仰げば尊し」を歌ったので
だったら「ほたるの光」も…というリクエストで。

♪君の名は
♪七里ガ浜哀歌(真白き富士の嶺)

♪ふれあい丘の街


これからもみなさんのリクエストに応えて
いろいろな歌を楽しく歌っていきたいと思います。
少しでも笑顔の輪が広がりますように。


次回は5月16日(火)です。


utagoe01.jpg

utagoe02.jpg

utagoe03.jpg

utagoe04.jpg





posted by 都筑区社協 at 15:15 | 11 荏田南地区

2017年04月21日

荏田南地区社協広報紙をアップしました

荏田南地区社協・広報紙

「ほほえみ〜今、悲しくて、淋しいあなたへ〜」を

アップしました!

ぜひ、ご覧ください!

2017年春号(vol.15)
 こちらをクリック
posted by 都筑区社協 at 18:18 | 11 荏田南地区

2017年04月06日

◆第35回荏田南地区認知症&予防カフェ 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(4/4)

第35回荏田南地区認知症&予防
「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(4/4)

hohoemi-chirasi.jpg
⇒チラシはここをクリック

新年度になりました。やっと暖かくなって花見には最高の日でしたが、
こちらは、花より団子ではなく、花よりカフェです。

◆今日のミニ講座はグループホーム「そまやまの里」の成田さんによる、
グループホームの説明。
グループホームの歴史や、グループホームの入居者の様子を説明頂きました。
認知症の方しか入居できないのですが、生き生きと生活されていられる事を教えて頂きました。
参加者からは、入居するには?費用は?と具体的な質問もありました。

◆その後、ワイワイガヤガヤお茶タイム。
ほほえみカフェ参加者の有志で作った交流サロン「えだみなみみんなで歌おう」の様子を
代表の田辺さんからお話し頂きました。
お茶タイムでは、運営スタッフの小学4年生のお嬢さんが春休み中ということで手伝ってくれました。

◆お楽しみコーナーは今回、荏田南2丁目担当で、歌と踊り。
荏田南幼稚園のママたちで作ったミュジカルグループ「イクミンズ」の有志が、
ディズニーソング歌や、ABBAの替え歌「マンマミーア」を歌ってくださいました。
出席者も手足で踊りながら楽しみました。
7月22日(土)・23日(日)に都筑公会堂で「イクミンズ」の手づくりミュージカルがあるそうです。
総勢100人を超える人達が、踊って歌って楽しませてくれると言うことです。
みんなで見に行ければいいですね。

◆最期に、3月にあった「認知症カフェもっともっとU」の報告とビデオを見て、
「ふれあい丘の街」を合唱しました。

当日の様子です。
1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg
posted by 都筑区社協 at 11:27 | 11 荏田南地区

2017年03月31日

◆第3回“えだみなみの歌声”が 開催されました。


edaminamiーuta-chirasi.jpg

  ⇒ チラシはここをクリック

◆3月21日(火)10時から12時まで

荏田南1丁目自治会館で

第3回“えだみなみの歌声”が

開催されました。

前日の暖かさから一転して、肌寒い雨の中、

20名の参加がありました。

2人で始めたこの会も新しいメンバーが加わり、

田辺、歌川、吉川、小泉、三村、樋口、首藤、

そして社協の桑田さん、伴奏の古澤さんと伊東さんです。

3月のプログラムは、

 ♪荒城の月、故郷、夜来香、東京節、

 ♪港町十三番地、青い山脈・・・

1.jpg

2.jpg

3.jpg

初めて参加された方からは、生のフルートは初めてで、

とても感激しました!とのお声もいただきました。

4.jpg

5.jpg

途中、甘いおやつとお茶で休憩。

今日のお楽しみは、「おもしろ郷土玩具」です。

折り紙の包みを開けると・・・

6.jpg

私のは高知市の「鯨車と鯨舟」でした。

江戸時代、捕鯨が盛んな土佐で漁師が

子どもの土産にと仕事の合間に船上で

手づくりしたのがはじまりだそうです。

その他、平成11年用の年賀切手に採用された

「玉乗り兎」や頭に蛸をのせたまねき猫「猫に蛸」

など、おもしろいものがたくさんありました。

7.jpg

8.jpg

歌川さんのストレッチでリフレッシュして後半に

続きます。

 ♪高原列車は行く、旅の夜風、花(滝廉太郎)

 ♪鈴懸の径、仰げば尊し、世界に一つだけの花
 
 ♪花は咲く

古澤さんの歌唱指導でますます美しい歌声が響き渡り、

最後に“ふれあい丘の街”でしめくくりです。

これからもみなさんのリクエストに応えて、

いろいろな歌をたくさん歌っていこうと思っています。

でも、一緒に歌うだけでなく、

楽しくおしゃべりしたり・・・

この街にもっともっとステキな笑顔が

広がればいいなと思っています。

次回は4月18日(火)です。
posted by 都筑区社協 at 09:35 | 11 荏田南地区

2017年03月09日

◆第34回荏田南地区認知症&予防カフェ 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(3/7)

◆第34回荏田南地区認知症&予防カフェ

「ほほえみ交流カフェ」を開催しました(3/7)

hohoemi-chirasi.jpg

 ⇒ チラシはここをクリック

3月の声を聴き、まだ寒いながらも、

春の兆しが感じられるようになりました。

参加者は、48名でした。

本日初めて来られた方が10名ほど。

輪が広がっています。

見学者は、

・中川のシェアリーカフェの中さん
 
  http://shairly.com/

・長谷工シニアホールディングス牧野さん

・加賀原ケアプラザの職員の方と認知症気味の

家族を抱える方でした。

・最初に、佐藤寛前代表が「認知症カフェもっともっとU」で

発表するビデオ鑑賞をしました。

当カフェの紹介だけでなく、参加者から生まれた2つのグループ、

さまざまな介護をする方のりフレッシュサロン「結いの会」、

歌うことが大好きな人たちの集まり「えだみなみの歌声」

も映っていました。

・ミニ講座は、都筑区認知症サポート医の深澤りつクリニックの

深澤先生に「認知症四方山話」と題しお話し頂きました。
 
最初に都筑区認知症サポート医4人の似顔絵での紹介。

あまりにも似ているので、感心しました。

次に、認知症の発症の流れとして、久山町研究を

教えていただきました。

久山町研究とは・・・・

福岡県久山町(人口約8,400人)の地域住民を対象に、

50年間以上にわたり生活習慣病(脳卒中・虚血性心疾患、

悪性腫瘍・認知症など)の疫学調査(久山町研究)を

行っています。住民の方々のご協力により亡くなられた方の

多くを剖検するなど(通算剖検率75%)、精度の高い調査を実施。

町ぐるみの協力で、健診受診率・剖検率・追跡率は世界の

トップレベルとのことです。

http://www.hisayama.med.kyushu-u.ac.jp/ 

久山町研究認知症
 
http://www.hisayama.med.kyushu-u.ac.jp/research/disease02.html

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/suisin/suisin_dai4/siryou7.pdf

その他、予防とサプリメントについても

笑いを誘いながら教えて頂きました。

また、4月に小規模多機能型居宅介護施設を

開設されるとのことでした。

・お楽しみコーナーは荏田南1丁目の担当

「トチリータ」(棚部洋子さん・内山るみさん親子)の

ハーモニカの演奏でした。

お母さんは、とても若く80才には見えません。

3オクターブ演奏可能な「クロマチックハーモニカ」と

長さ50cmもある「和音専用のハーモニカ」の演奏です。

おなじみ長渕剛さんの「乾杯」

「愛の挨拶」

「お祭りマンボ」3曲をご披露頂き、

最後に演奏に合わせ「四季の唄」をみんなで歌いました。

当日の様子です。

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG
posted by 都筑区社協 at 17:19 | 11 荏田南地区

2017年03月07日

◆第2回 “えだみなみ みんなで歌おう(仮称)” が 開催されました。


edaminamiーuta-chirasi.jpg


  ⇒ チラシはここをクリック

◆2月21日(火)10時から12時まで

荏田南1丁目自治会館で

第2回“えだみなみ みんなで歌おう(仮称)”が

開催されました。

代表の田辺さんからのごあいさつ。

2月のプログラムは、

 ♪里の秋、灯台守、四季の歌、赤い靴

 ♪湖畔の宿、ああそれなのに、バラが咲いた

 ♪瀬戸の花嫁、ブルーライトヨコハマ、故郷の廃家

 ♪きよしのズンドコ節、ここに幸あり、有楽町で逢いましょう

1.JPG

2.JPG


紅茶とお菓子で休憩。

お楽しみ抽選会。

各自、3種類の“びっくりくじ”を引いて…

3.JPG


今日のお昼のお弁当や素敵なプレゼントが当たりました。

例えば、

新千歳空港のカニ鮨(ズワイガニ押し鮨)1,047円

山安海苔店の上焼きやわらかのり2,700円

秋冬限定スイートポテト1個280円
 
…でも予算が大幅にオーバーしてしまって、

…目録だけとなりました。残念!

でも、みなさんこれからは、家族やお友達の集まりに

こんなプレゼント、いかがですか?

4.JPG


今まではじっくり見なかった新聞の折り込みチラシや

引出物の目録もこれからは楽しみになるかもしれません。

今日は吉川さんの指導で“瀬戸の花嫁”の曲に合わせて

軽いリズム体操もしました。

そして、リクエスト曲“世界に一つだけの花”

5.JPG

まーちゃんのギター、

6.JPG


響子ちゃんのキーボード、

咲子ちゃんのフルートの伴奏と歌唱指導で

SMAPの歌もみんなで歌うことができました。

みなさん、すごい!

今日はたくさん“脳トレ”をしちゃいましたね。

田辺さんからの提案で参加者それぞれの名前で

自己紹介をしました。

正式名称も決定です!

えだみなみの歌声

新スタッフ、歌川さん、首藤さんも加わりました。

力強い限りです。

まだまだスタッフ募集中です。

次回、3月21日(火)10時からです。
posted by 都筑区社協 at 18:25 | 11 荏田南地区

2017年03月07日

◆第1回 “えだみなみ みんなで歌おう(仮称)” が 開催されました。


chirasi.jpg


  ⇒ チラシはここをクリック

◆1月17日(火)10時から12時まで

荏田南1丁目自治会館で

第1回“えだみなみ みんなで歌おう(仮称)”が

開催されました。

発起人の田辺さんからごあいさつがあり、

続いて、伴奏のフルート伊東さん、

キーボードの古澤さんの紹介。

1.jpg

若いお二人には知らない曲もありましたが、

強引なリクエストに応えていただきました。

♪リンゴの唄、旅の夜風、冬景色、青い山脈、

♪早春賦、星影のワルツ、今日の日はさようなら

みなさん楽しく歌って、

途中、田辺さんからの差し入れの紅茶とお菓子で休憩。

そしてお楽しみコーナー。

今日は『こども菜根譚(さいこんたん)』から、

一言を抜き書きした折り紙をいただき、各自発表し、

話し合いました。

例えば、『人生はたった一度きり。しかもあっという間に

終わってしまいます。貴重な時間をたいせつに生きよう』

あっと言う間に手元のプログラムが終わり、
「えっ、もう歌は終わり?」という言葉が…。

いえいえ、大丈夫です。そんな事もあろうかと、

ここからは模造紙に書いた歌詞を見ながら、

みんなで伴奏なしで歌います。

 ♪銀色の道、黒い瞳の、君待てども、

 ♪若いお巡りさん、白い花の咲くころ

3.jpg

2.jpg

そして、最後に“ふれあい丘の街”を

歌って、会を終えました。

毎月第1火曜日開催の“ほほえみ交流カフェ”

から生まれた歌う会。

これから毎月第3火曜日に開催されます。

次回、2月21日(火)からは

“ほほえみ交流カフェ”代表の小泉さんの

ギターも加わりますので、お楽しみに♪♪

4.jpg
posted by 都筑区社協 at 18:14 | 11 荏田南地区

2017年03月01日

◆ 『どんぐりカフェ』いよいよ開始!


どんぐりカフェ.jpg

  ⇒ チラシはここをクリック

◆ 『どんぐりカフェ』いよいよ開始!

 都筑区内8番目の認知症(予防)カフェ

として、『荏田南どんぐりカフェ』が

2月21日スタートしました

(“どんぐり”は地域にある公園の名前)。

強風の日でした。

 位置づけは、区内初のカフェである

『荏田南ほほえみ交流カフェ』のサテライト

です。ほほえみ交流カフェは従来の会場が

エリアの最東端に位置していたため、

2キロ以上離れた西側の荏田南二丁目三丁目

からの参加者は1〜3名に止まっていたのが

実状でした。

これを解消しようというもので、会場には

最西端の荏田南三丁目自治会館が選ばれました。

やはり歩いていける距離は1キロ以内が適切です。

 区役所の河口さま、区社協の桑田さま、

先輩のとんとんカフェの鈴木代表、

母体となったほほえみ交流カフェの小泉代表はじめ

スタッフの皆様方、みのり会かがやきクラブの

志村会長その他のみなさまの応援参加もいただき、

総参加人数39名でした。

◆初回の講師は地元でさまざまな役員を重ねてきた

城所辰男さん(88歳)の認知症老老介護の実際に

ついての体験談です。

 初めて奥様の異変に気づいたのは、8年ほど前、

日課の散歩から帰ることができなくなりパトカーに

保護されたのがきっかけとのこと。

そして地域中核病院で診察を受けたところ

「認知症です」との診断。そこから老老介護の日々が

始まりました。

 現在は症状が進行して老健に入所なさっていますが

(ご主人は毎夕、流動食を食べさせに施設に通っているとか)、

在宅看護のときはデイ(入浴)サービスから帰宅した

あとの洗濯やトイレの介助がたいへんだったとのこと。

ご主人も80歳を超えていて腰を痛めていらっしゃいます

(要支援2)。特に奥様は配達の宅食を完食していたら

体重が10キロ以上も増えてしまい、紙パンツも特大に

なったとのエピソードも。

 私たちが避けて通れない老老介護の日々の苦労について

わかりやすく話してくださいました。

◆お楽しみコーナーではその城所さんがハーモニカを

吹いてくださいました。歌詞集もご準備くださって、

みんなで昔懐かしい数曲を合唱しました。

つづきジャズ協会の会長さんもなさっているとかで

トランペットも1曲ご披露くださいました。

 多彩な趣味と人との豊かな交わりが城所さんを

いつまでも元気にしているようです。

地域との交わりは認知症予防に極めて有効だと、

お話を結んでくださいました。

そして何事か目標を決めていること。

今年も「ゆうばえのみち修復完成記念コンサート」

実現に骨を折っていらっしゃます。

特に「3ない(驚かせない、急がせない、

自尊心を傷つけない)」と、

「カキクケコ」が大切とお話し下さいました

(感動、興味、工夫、健康、恋)。

当日の様子です。

t_IMG_0522.jpg

t_IMG_0524.jpg

t_IMG_0525.jpg

t_IMG_0526.jpg

t_IMG_0530.jpg

posted by 都筑区社協 at 14:12 | 11 荏田南地区

2017年02月17日

◆第33回荏田南地区認知症&予防カフェ(2/7) 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

◆第33回荏田南地区認知症&予防カフェ(2/7)

「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

page001.jpg

  ⇒ チラシはここをクリック

◆2月7日(火)荏田南地区認知症&予防カフェ

「ほほえみ交流カフェ」が開催されました。

立春を過ぎても、風が強く寒い一日でした。

参加者は48名。

見学のお客さまは、

「市民セクターよこはま」の樋山さん、山田さん、

コミュニティカフェ「大倉山ミエル」の鈴木さん

本日は、お楽しみコーナーを先に行いました。

グランノアの伊東さんによる、体操です。

30分近く体を動かすと、汗ばんできますね。結構キツイ!!

続いて、ワイワイガヤガヤタイム。

「えだみなみ ♪みんなで歌おう♪」の1回目の

報告を吉川さんから。

1月17日の火曜日荏田南1丁目自治会館で行い、

20名で歌を歌いましたとの事。

2月は21日の火曜日10:00から、

会費300円です。ぜひ皆で歌いましょう。

ミニ講座は、区社協山本様から「あんしんセンター」

の説明です。

高齢者や障害者などの方のために、財産管理や福祉

サービスの利用支援などを行っているとの事。

皆さんから、質問も多く出ました。

続いて、いつものテーマソング「ふれあい丘の街」

の合唱です。

プロジェクターでDVDを映してギターも加えました。

このプロジェクターも新たに購入したものです。

大和証券福祉財団から助成金を頂き、机とプロジェクターを

購入しました。

時間が少し余ったので、

「やっぱり、笑顔のサブちゃんがいい」を上映。

https://www.youtube.com/watch?v=pDRpKlfIdFM

好評だったので、次回は、

「やっぱりサブちゃんのチャーハンは最高!」を上映予定。

https://www.youtube.com/watch?v=5t3afmVv-x8

当日の様子です。

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG
posted by 都筑区社協 at 08:53 | 11 荏田南地区

2017年01月13日

◆第32回荏田南地区認知症&予防カフェ(1/10) 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

◆第32回荏田南地区認知症&予防カフェ(1/10)

「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。


page001.jpg


  ⇒ チラシはここをクリック

◆1月10日(火)荏田南地区認知症&予防カフェ

「ほほえみ交流カフェ」が開催されました。

あけましておめでとうございます。

ほほえみ交流カフェも新しい会場での再出発です。

足りない机を借りる為、いつもより30分早く

メゾン桜が丘の集会場から、自治会の防災用リヤカーを

使って、長机の移動から準備を始めました。

また、机の配置など、会場の使い方も初めてなので

戸惑いながらの準備でした。

それでも開催前には準備も完了。

参加者は42名。

お客様は、

・ 区社協から 桑田さん

・ ケアプラザ 中野さん・田端さん・今福さん

・ 区役所 岩井さん

   (横浜市の民生委員100周年記念誌の

都筑区版にほほえみ交流カフェが掲載予定)

・ とんとん 鈴木さん

・ 緑区中山ケアプラザで認知症カフェを開催

されているグループから3人の皆様

■本日のミニ講座は、「いのちの木」

https://www.inochi-no-ki.com/

岩永様による「いきいき生きる」でした。

チラシ案内の認知症サポート医の高山先生の

スケジュールが合わず、急遽岩永様に

お願いいたしました。

高齢者や障害者が社会への繋がりの歯車として、

高齢者・障害者が、いきいきと暮らしている

実例をお話しして頂きました。

■その後ワイガヤタイム。

今日のお茶菓子は、市が尾の丹波和菓子店の

福俵もなかです。

新年でもありちょっと奮発しました。

常連の田辺さんから「歌声喫茶」の案内がありました。

月1回第三火曜日に荏田南1丁目自治会館で開催です。

今月は、来週の17日。10:00〜12:00に

開催します。是非お越し下さいとの事。

区社協の桑田さんはじめ皆様のご協力で開催に

至ったと感謝の言葉がありました。

■お楽しみコーナーはメゾン桜が丘の皆様による

紙芝居とストレッチ運動です。

紙芝居は「としょかんどろぼう」。

どろぼうが訳も分からず図書館を丸ごと盗み、

翌日から地域の皆さんに感謝されるというお話し。

語り手江幡さんの仙台(東北)訛りに引き込まれました。

ストレッチ運動は同じくメゾン桜が丘の大門さん。

リズムに合わせて足と手を動かしました。

みずきが丘の福井さんにより、わらべ歌を披露

していただきました。孫や幼児と一緒にできると

好評でした。

■最後にテーマソング「ふれあい丘の街」を

全員で合唱してエンディング。

当日の様子です。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg





posted by 都筑区社協 at 19:49 | 11 荏田南地区

2016年12月12日

◆第31回荏田南地区認知症&予防カフェ(12/6) 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

◆第31回荏田南地区認知症&予防カフェ(12/6)

「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。


page001.jpg


  ⇒ チラシはここをクリック

◆12月6日(火)荏田南地区認知症&予防カフェ

「ほほえみ交流カフェ」が開催されました。

午前中はあったかな日差しでしたが、午後からは

北風寒太郎が吹き荒れる師走らしい日でした。

本日は42名の出席でした。

いつもの会場「富士見茶屋」も今回最後です。

ミニ講座は、志田歯科医院 志田耕一郎先生による

「認知症と口腔ケアー」についてです。

最近増えてきている肺炎、特に誤嚥性肺炎の防止のために、

口の中をきれいにすることが必要なことを教えて頂きました。

認知症になると口の中の清掃がおろそかになるため、

ほっぺと歯の間を定期的にケアーする必要があります。

最近は、医療機関から、手術後患者の体力・免疫力が

低下する時の誤嚥性肺炎を低減するため、手術前後の

口腔ケアーを依頼されることが増えているそうです。

歯ブラシや歯間ブラシだけでなく、指にガーゼを巻き、

少し濡らして、歯の周りを清掃する方法も教えて頂きました。

健康な人も、年2回以上のケアーがお勧めです。

喉に餅を詰まらせた時の救助方法の質問がありました。

出席者から、電気掃除機の先端につけるノズルが販売されて

いるので用意しておけばとのアドバイスがありました。

その後、ワイガヤタイム。

クリスマスらしい小さなお人形などがテーブルに

飾られています。皆のテーブルには広告紙などで作った

小さなクリスマスツリー。

クリスマスメッセージ入りのお菓子の入った袋を配られ、

手作りのお菓子を頂きました。

お楽しみコーナーは音楽療法士の中川ともゆきさんの

ギターによるコンサート。懐かしいメロディーが満載です。

・冬景色・お正月・人生の並木道・影をしたいて・男の純情

・東京ラプソティー・青春のパラダイス

・あこがれのハワイ航路・青い山脈・君の名は

・赤いランプの終列車・無法松の一生・カチューシャ

・からたちの花・柔・ケサラ・愛燦々

・アンコールとして川の流れのように

おしゃべりも楽しいコンサートでした。

最後にテーマソング「ふれあいの丘の街」合唱。

Youチューブにアップしました。

https://youtu.be/Sm6vtfnsPCs

今回は都筑区民まつりでの「都筑少年少女合唱団」の

演奏と歌をバックに。中川さんもギターで参加。

続いて、区民歌「夢のつづき」を聞きました。これも

区民まつりでの「都筑少年少女合唱団」の歌です。

新しいカフェ「とんとんセンター南」さんはこの歌を

テーマソングにするそうです。

閉会の挨拶に続き、2年半会場をお貸し頂いた

荒川オーナーに花束贈呈。

荒川さんの挨拶で締めました。

次回から会場が変わるため、新しいチラシとともに

案内をいたしました。

次回開催日は1月10日(火)です。

当日の様子です。

1 (1).JPG

2.JPG

1 (3).JPG

1 (4).JPG

1 (5).JPG

1 (6).JPG

1 (7).JPG

1 (8).JPG

1 (9).JPG

1 (10).JPG

1 (11).JPG

1 (12).JPG

1 (13).JPG

1 (14).JPG

1 (15).JPG

1 (16).JPG

1 (17).JPG

1 (18).JPG

1 (19).JPG

1 (20).JPG
posted by 都筑区社協 at 09:40 | 11 荏田南地区

2016年11月08日

◆第30回荏田南地区認知症&予防カフェ(11/1) 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

◆第30回荏田南地区認知症&予防カフェ(11/1)

「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

認知症カフェ10月〜12月.JPG


  ⇒ チラシはここをクリック

◆11月1日(火)荏田南地区認知症&予防カフェ

「ほほえみ交流カフェ」が開催されました。

冷たい雨の朝でした。

しかし、カフェが始まる頃は、雨も上がり、日差しが出てきて、

準備をしていると暑くなってきました。

ミニ講座は、認知症サポート連絡会のお話を、区役所高齢障害支援課

・高齢担当保健師 佐藤ますみさんにお話しいただきました。

「平成20年5月に都筑区福祉保健センターの声掛けで発足した

認知症サポート連絡会。構成メンバーは、認知症キャラバンメイト

(認知症サポーター養成講座の講師役)・民生委員・グループホーム・

区社協・地域ケアプラザ・区福祉保健センターなどです。

月1回の会合で、恒例の認知症フォーラムの企画、出前講座の調整

などを行っています。認知症の出前講座は、お声をかけていただければ、

どこにでも出かけます。これまで、小中学校や大学、商店会、

企業・銀行などで開催しました。講座を受けて認知症サポーターに

なった人は、約19,000人で、横浜市18区中、ナンバーワンです。

また、認知症の事をわかってもらえるツールも、連絡会メンバーが

作成し普及に努めています。それらの成果の発表の場として、今年は、

9月11日に歴史博物館で認知症フォーラムを開催しました。

今年のテーマは「みんなで支える認知症」でした。

1部は、都筑区内の認知&予防カフェが内容を報告。

都筑区では、既に6件オープンしています。

2部は、認知症サポート医4名によるディスカッションを行いました。

サポート連絡会は、「認知症の人やその家族も安心してこの町で

暮らしていけるように皆で支えあう町作りを目指して行きましょう」

の掛け声のもと頑張っています。」

以上の佐藤さんによるお話しに続き、サポート連絡会のメンバーでもある

都筑区認知症カフェ連絡会の横尾代表が、カフェ連絡会の説明。

横尾代表は認知症とのかかわりとカフェ連絡会の話を

熱く述べてくださいました。 その後ワイガヤタイムで、

おしゃべりしながらお茶とお菓子を頂きました。

お楽しみコーナーは大丸の岡村さん。

「介護予防 認知症予防のために! 今から出来ること

のお話しと脳トレをゲーム感覚で!」をテーマに、

「音楽を聴いたり、PLAYしたりすることがよいのか

泣いたり、笑ったりの感情がなぜよいのか

普段の生活で使わなくなった脳の働き、

なぜ、使わないといけないのか、

適度な運動は、なぜ必要なのか」

等の説明の後、みんなで体と、脳を動かしながら、

楽しく脳トレを行いました。

最後にテーマソング「ふれあい丘の街」をみんなで

合唱いたしました。

本日の出席者は、48名。

当日の様子です。

 1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG

20.JPG

21.JPG

22.JPG



posted by 都筑区社協 at 18:31 | 11 荏田南地区

2016年10月20日

荏田南地区社協広報紙をアップしました

荏田南地区社協・広報紙

「ほほえみ〜今、悲しくて、淋しいあなたへ〜」を

アップしました!

ぜひ、ご覧ください!

2016年秋号(vol.13)
 こちらをクリック
posted by 都筑区社協 at 18:08 | 11 荏田南地区

2016年10月06日

◆第29回荏田南地区認知症&予防カフェ(10/4) 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

◆第29回荏田南地区認知症&予防カフェ(10/4)

「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

認知症カフェ10月〜12月.JPG

  ⇒ チラシはここをクリック

◆10月4日(火)荏田南地区認知症&予防カフェ

「ほほえみ交流カフェ」が開催されました。

10月にしては暑い一日でした。

2016年のノーベル生理学・医学賞に、東京工業

大学の大隅良典栄誉教授の受賞が決まりました。

大隅先生の拠点は、東工大長津田キャンパス(緑区・

田園都市線すずかけ台駅近く)で身近に感じます。

大隅氏の研究対象である「オートファジー(自食作用)」

は細胞の中で役目を終えたたんぱく質を「リサイクル」

する仕組みで、がんなどの病気に関する創薬が期待されます。

ミニ講座の小林先生によると、アルツハイマー型認知症の

治療法の開発にも大きな期待が持てるとのこと。

スタッフ挨拶のあと、荏田南文化祭で合唱していただいた方への

お礼と、認知症フォーラムの報告を行いました。

また来年1月からの開催場所が決まり、代表の交代の説明を

前代表 佐藤さんが行いました。

ミニ講座は、認知症サポート医の小林クリニック 小林雅子先生に

よる「認知症は予防できるか」です。

専門的な話もありましたが、食生活・運動・仲間作りなどの

生活習慣によって予防は可能とのこと。

お楽しみコーナーは2丁目担当で、「アプローズ」のSHUKOさん

YUKIさんの2人による童謡メドレーやミュージカルソング等で、

一緒に楽しめました。

当日の様子です。

1.JPG

2.JPG

  3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG






posted by 都筑区社協 at 19:59 | 11 荏田南地区

2016年10月06日

◆第28回荏田南地区認知症&予防カフェ(9/6) 「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。

◆第28回荏田南地区認知症&予防カフェ(9/6)

「ほほえみ交流カフェ」を開催しました。


認知症カフェ10月〜12月.JPG


  ⇒ チラシはここをクリック

◆9月6日(火)荏田南地区認知症&予防カフェ

「ほほえみ交流カフェ」が開催されました。

先週の天気予報では今週はずっとぐずついた天気に

なるはずでしたが、昨日も今日も良く晴れて、

まだまだ暑い日でした。

スタッフ以外の来場者は、区役所高齢障害支援課

赤澤さん、横浜市立大学の2名、瀬谷区二ツ橋

第二地域ケアプラザ 村上・山上・山根さん、

都筑区社協 桑田さん、荏田南地区社会福祉協議会

佐野会長、富士見茶屋 荒川オーナー、認知症予防カフェ

認知症&予防カフェ「とんとんセンター南」代表鈴木さん

今日のミニ講演は葛が谷地域ケアプラザの今福さんと

實野さんによる講演です。ケアプラザ内にある地域包括

支援センターで何を行っているか、なにを相談したらいいのか

などを教えて頂きました。

お楽しみコーナーはかしの木担当で、かしの木台ハイツに

お住まいの佐藤さん母子による、三味線で民謡でした。

民謡も聞く機会も少ないですが、なんだか昔に帰ったような

懐かしい気持ちで一緒に歌いました。

第一・第二・第三金曜日の15:00頃から民謡教室を

行っていますので、かしの木にお越しくださいとのこと

でした。

ワイガヤ交流の後、『認知症フォーラム』用のDVD鑑賞。

荏田南文化祭の練習を兼ねて「ふれあい丘の街」の歌の練習。

15時30分に閉会しました。

終了後、新会場申請に伴い

ほほえみ交流カフェ運営グループの臨時総会を開催。

代表が佐藤から小泉に代わりました。

当日の様子です。

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.jpg

7.JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg
posted by 都筑区社協 at 19:46 | 11 荏田南地区

2016年09月05日

◆認知症予防のパネル展示が始まりました!

◆認知症予防のパネル展示が始まりました!

9月1日から7日までの予定で、『認知症予防のパネル

展示』が都筑区役所1階ホールで始まりました。合計

34枚のパネルが展示されています。

このパネル展示を見れば、都筑区内の認知症への対応の

ほとんどの部分がわかります。もちろん私たち『ほほえみ

交流カフェ』も展示作業に協力して、他の5つのカフェ

ともども、それぞれ1枚ずつのパネルを作成しました。

作業は高齢・障害支援課の職員のリードの元に午前9時

開始。約1時間半の作業となりました。「建てる位置は

これでいの?」「パネルを吊るす高さをちょっと見て

ください」などと十数人の、助け合っての共同作業は

一糸乱れることなくテキパキと進みます。

最後に机の上に、さまざまなチラシを置いて完了です。

今年から、会期中は午前午後の2直体制で、区内の

さまざまな組織で結成した「認知症サポート連絡会」

から相談員が2名ずつ配置されています。

1日の午前中さっそく訪れた男性が複数いました。

ある方は「軽度認知症って診断されているんだけど、

まだ一人で出掛けられるから保土ヶ谷から図書館に

来たんだ」というお話です。

「都筑図書館は気持ちがいいからね。バスに乗って

電車に乗って図書館巡りをしているんだ」とのこと。

相談員は雑談に応じながら、巧みに区内の認知症に

ついてのサービス情報を提供します。区が違っても

市内でしたら、だいたい同様です。
 
区民一人一人が認知症についての知識を深めていただける

こと、そして発症している本人や家族にとっての憩いの場を

利用していただけることを祈って、本日の当直を終えました。

一人でも多くの区民の来訪を願っています。

ほほえみ交流カフェ代表 佐藤 寛

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg
posted by 都筑区社協 at 10:29 | 11 荏田南地区

2016年08月25日

◆荏田南地区社会福祉協議会主催 防災対策に関する研修会を開催しました。

◆荏田南地区社会福祉協議会主催

防災対策に関する研修会を開催しました。

荏田南地区社会福祉協議会主催の

防災対策に関する研修会を

8月13日(金)13時30分から約2時間、

荏田南3丁目自治会館で開催しました。

当日は、地区社協役員とサポーター、

区社協、葛が谷ケアプラザから、計15名

が参加し、以下の内容で研修いたしました。

1.講演(メゾン桜ヶ丘 本橋孝司氏)

(1)「わが家の地震対策」(横浜市総務局 

平成25年5月発行)をもとに説明された。

 ・横浜市と都筑区の被害想定
   
・家庭での日頃の備え

 ・大地震が起きてからの対応

・都筑区震度・液状化マップ 

・家庭防災員研修      等

〇全戸配布されている資料だが、あまり読まれていないのが残念。

〇特にポイントになる箇所、都筑区の情報を中心に説明された。

(2)「都筑区 防災・生活マップ」(都筑区役所

  平成28年3月発行)をもとに説明された。

〇地域防災拠点、防火水槽、緊急給水栓、特別避難場所 等を

改めて確認した。

(3)「メゾン桜ヶ丘団地の地震災害への対策と備え」について説明された。

〇年1回の連合と自治会の合同防災訓練では時間不足であり、

メゾン単独でも訓練を行っている。

2.質疑応答と意見交換

〇防災対策は戸建て/マンションにより違いがある。

また自治会によって住民の事情が違っている。

それぞれにあった体制・備えを自治会毎に作る必要がある。

〇荏田南地区防災チーム(若い人たちの参加も重要)の組織化が課題である。

〇要援護者のマップを自治会(さらにブロック別などに細分化)毎に

作ることが急務である。

当日の様子と資料です。

fuukei.jpg

mezon1.jpg

mezon2.jpg

jisinntaisaku.jpg

bousaimap.jpg
posted by 都筑区社協 at 08:49 | 11 荏田南地区